Processed with VSCO with f2 preset

ほうき生活の心地よさ【親子ではじめるエシカル暮らし・23】 Learn 2022.01.15

新しい年が始まりました。

さて去年の秋に、床材を天然素材のリノリウム「マーモリウム」に替えて我が家の暮らしに起きた変化がひとつ。それは、掃除機を使う必要がなくなったこと!

わたしはもともと掃除機使わない派で、藤野に越してくるまでの東京生活は、ほうきとちりとりで掃除をしていました。
なのですが、藤野で暮らすことになった築36年の元・別荘宅のリビングはカーペット敷の床で(そしてその床を活かして自力リノベーションして暮らすこと数年……という話の顛末は前回参照)不本意にも掃除機とコロコロクリーナーが必須の生活となり約3年半。
この度、床のカーペットを剥がしたことはふたたび掃除機とコロコロクリーナーを手放せる(まだ家にはあるけれど)きっかけにもなりました。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

ほうきとちりとりのいいところは、手軽なこと。(掃除機の重さ、コード問題、充電問題といったちょっとした悩みから解放される)そして電力を使わないところ。

もともとわたしがほうきで掃除をしようと思ったのは、東日本大震災のあと、暮らしの電力消費を抑えていきたいと思ったことがきっかけでした。生活のいろいろを見直したり、我慢したりして、いつの間にか生活の中に根付いたこともあれば(鍋だきご飯やおひつなど)、正直手放すのキツいな…と辞められなかったこと(電子レンジの使用など)もありましたが、その中でもほうきとちりとりを使うことは、自分の中で無理なくむしろ心地よかったことだったので、再びその生活に戻れたことはとっても嬉しい。

どんなほうきとちりとりを選ぶかは、好みや部屋の作りによって変わってくると思いますが、我が家が今メインでつかっているほうきはテラモトの自在ホーキ木柄60センチ。ホームセンターなどで1900円ほどで買える、業務用ほうきです。おしゃれの「お」の字もありませんが、これとっても使いやすいのです……。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

メイン掃除にはテラモトを使いつつ、部分掃除などにはポーランド製のほうきちりとりセットを使っています。こちらは部屋の片隅にぽんと置いておけば気になった時にささっと支えて便利です。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

年末の大掃除を重曹とセスキ炭酸ソーダ、クエン酸だけで乗り切れた、ささやかな自信(?)を胸に、環境不可の少ないナチュラルクリーニングをいっそう心がけたい2021年。(一年放置したガス台換気扇の油汚れもきれいになりました!)

現在、みかんの皮をお酢につけて自作のオレンジクリーナーも製作中(というほど大袈裟なことはなく、食べたみかんの皮をお酢につけるだけで、万能クリーナーに)。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

暮らすこと。それはあらゆる汚れとのタタカイでもありますね。自分の生活空間はきれいに、心地よく整えたいけど、自分のまわりをきれいにするため地球全体を汚してしまっていたら身も蓋もないよな……と思い、また気持ち新たに一年を過ごしていきたいと思います。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR