1

手間ひまかけて作る料理が最強とはかぎらない! 子どもウケするごはんとは|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2021.04.27

子育てサイト「child at heart!」の立ち上げにともない、夫婦でインスタライブをしたり、お友だち主宰のライブにゲスト出演をしたり、みなさんと「育児」をテーマにおはなしする機会がグッと増えた今日この頃。その中でパパママさんから質問やご相談などをいただくことも多いのですが、数をこなすうちにだんだんとお悩みの傾向が分かってきまして(笑)、今日はそのうちのひとつ「子どもの食」について、わたし的アドバイスをご紹介できたらと思います。

「子どもの毎日の食事づくりが大変」

「凝ったものを作っても食べてくれない」

「じっくり時間をかけてごはんを作りたいけれど、なかなか難しい」

朝から晩まで授乳する生活を終え、慣れない離乳食づくりに四苦八苦して、やっとのことで通常食だぁ~! と意気込んだのも束の間、それはそれで悩みが尽きない方も多いはず。わたしもトライアル&エラーを繰り返し、今に至ります。そして4人の子どもたちそれぞれと食に向き合った結果、上記のような悩みに対して思うようになったことがありました。それは「必ずしも手間ひまかけて作ったお料理が良いわけではない」ということ。
もちろん、子どもたちが喜んで食べてくれる顔を思い浮かべながら、栄養面だって考えながら、日々ちょっとでもおいしいものを作ろうと励むわけですが、その頑張りもむなしく期待どおりに食べてくれなかったりすると、大人だって人間です……、思いっきりドヨーンと落ち込んだりしますよね。

2

とはいえ、逆にこんな経験もないでしょうか。今日めっちゃ手抜きしちゃったなぁ~っていう日に限って、子どもたちがよく食べる! たとえば、ただ白いご飯に焼いたソーセージを添えただけ、ただ枝豆を茹でただけ、なんなら切っただけのトマトなんかをバカ喰いされた日には「なんだ、これでよかったんじゃん」と、なんとも複雑なきもちになるものです。

でもね、ある時そこにヒントを得たのでした。子どもたちは、決して毎日凝ったお料理を欲しているわけではない。たとえそれが、茹でただけ、焼いただけ、切っただけであっても、彼らにとっては立派な一品なんだと気づけたとき、今まで自分が思い込んでいた手抜きの概念がくつがえされたのです。

それからは「手抜きじゃなくて、ただ簡単なだけ」と割り切って、お手軽料理はどんどんわが家の食卓にのぼるように。夏は、先述した枝豆やとうもろこしなんかを常備して、”茹でるだけ”の一品がよく登場します。それから、わが子たちは"ただ切っただけ"のきゅうりに味噌をつけて食べるのもだいすき! 冬はストーブの上に"ただのっけるだけ"で完成する焼き芋が定番メニューです。

3

ちなみに、先日こんなこともありました。わが家の朝ごはんはホカホカの白飯に具だくさんお味噌汁が基本。シンプルだけどきちんと出汁をとって具のバランスも考えて、一応自分なりにこだわりを持って提供しているつもりなのですが

「ママー、すいちゃんおねがいがあるんだけど」

神妙な面持ちで近寄ってきた娘(小2)に「なに?」とたずねると、

「あしたの朝、お茶漬けが食べたいの」

4

えー、つまり、市販の「永○園のお茶漬けの素」をご所望されたということです。結局そんなもんですよ(笑)。翌朝、希望どおりにお茶漬けを用意して「でもさすがにこれ一品はなぁ、、、」と気を利かせて小鉢を添えたら、お茶漬けが完食された瞬間、小鉢にはまったく箸がつけられていなかったという……。
もうわたしは"ただの一品"ということに罪悪感をおぼえるのをやめました。いいんです、自信持って一品攻めで! 大切なのはきっと、思いっきり手の込んだお料理の日も、シンプル勝負な日も、食べる人を想って心をこめて用意するってことですね。子どもたちのきもちの良い「ごちそうさま」が聞けたなら、わたしはそれだけで大満足です。

5

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR