20211124-IMG_9048-700x490

第27回 写真家・田尾沙織の『Step and a Step』500gで生まれた赤ちゃん 【田尾沙織のStep and a Step・27】大好きジンベエザメと海遊館 Learn 2021.12.10

写真家・田尾沙織さんに、500gで生まれて、軽度の知的障害とADHDだと言われている息子、奏ちゃんの子育てと日常について綴っていただくこの連載。
2人の日常を、田尾さんによる色鮮やかな写真と共にお届けします。

奏ちゃんが初めてジンベエザメを見たのは、1歳半の時に沖縄の美ら海水族館で。食い入る様に大きな水槽のガラスいっぱいに泳ぐジンベエザメを見つめて、何度も巨大なジンベエザメを指差していました。まだ話せなかった奏ちゃんに「ジンベエザメ大きかったね」と言うと、必ず大きく両手を天に仰ぐ様に広げて「大きかった」というベビーサインをしてくれていました。

そんな出会いから、奏ちゃんの好きな動物ナンバー1はジンベエザメになりました。

1歳半の記憶なのに、話せる様になる前は「ジンベエザメ大きい」のサインをよくしていました。

大好きなトミカでは、海遊館という水族館のトラックがジンベエザメを運んでいるトミカを買い、そのトラックが出てくる「ジンベエザメのはこびかた」という写真絵本、ジンベエザメのフィギュア、図鑑、海の生き物のDVDを見てもジンベエザメに夢中。

ジンベエザメはやさしい生き物。そんなところが好きなんだそう。

20211124-DSC09080

先日6歳の誕生日迎えて、就学前に誕生日のお祝いにディズニーランドに一度くらい連れて行ってあげようかと思って奏ちゃんに相談したところ、

「ミッキーよりジンベエザメに会いたい!」と即答。

そして、毎年保育園の先生がお誕生日に作ってくれるカードには、大きくなったらなりたいものが書いてあるのですが、昨年までは奏ちゃんの語彙力と性格の問題で、周り子が言ったことを復唱してしまっていました。

(周りの子「アンパンマンになりたい」と言ったのでつられて同じことを答えてしまっていました)

それが、今年は「水族館の飼育員さんになりたい」と先生に伝えられたのです。

これは、ジンベエザメを見に大阪海遊館に行かないわけにはいかない! そんなこんなで海遊館行きが決定しました。

私は18年くらい前に仕事で大阪に行った帰りに、大阪出身のスタッフに勧められて、ひとりで海遊館に行ってみたことがありました。その時に、水族館の構造、魚の見せ方に感動した記憶があったのですが、18年ぶりの海遊館は少し年季が入ったものの、川から水が海に流れ、海面からだんだんと海底へ下がっていく展示は今も素晴らしかったです。

そして大水槽にたどり着くと、奏ちゃんはジンベエザメのフィギアを握りしめて、ジンベエザメに見せていました。ジンベエザメが近づいてくると、「ぼくのことすきなのかな」と、うれしそうに呟いていました。

そして今回のハイライトは、ジンベエザメバックヤードツアー!

別売チケットを購入して、水族館のバックヤードに入れてもらい、飼育員さんがジンベエザメに餌やりをしているのを水槽の上から見学できるのです。

短時間なのですが、ツアーガイドさんみたいなお姉さんがジンベエザメについて、大きさや歯があるのかないのかとか、どこから連れてきたのかとか、説明をしてくれました。この日は特別に、ウエットスーツを着た飼育員さんが水の中に入って、大きな口を開けて泳ぐジンベエザメの口元に餌を運んであげていました。奏ちゃんは何度も何度も「すごいね!」と大きなジンベエザメに感動し、

最後にお姉さんが「今日はどうでしたか?」と感想を聞いている中、

いつも恥ずかしがる奏ちゃんが、「はい!」と手を上げて、気持ちが焦っていつもより吃音がひどく出ながら、「ジンベエザメがごはんたべてた!」とうれしすぎて感想ではなく状況を一生懸命説明して、このツアーは終わりました。

1歳半の時見た記憶はもう消えてしまったらしいけれど、これでまたジンベエサメとの楽しい思い出ができました。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR