89233a267df81ff4001c604225afcf02-1024x683

春の花の砂糖漬け【親子ではじめるエシカル暮らし・29】 Learn 2021.04.16

春の山が好きです。新緑がぽこぽこし、河津桜や枝垂桜や桃の花がつぎつぎ開いていく。淡く優しい色に包まれていく様子を見ていると、なんとも幸せな気分になってきます。

小道や土手には菜の花、ムスカリ、スイセン、山吹...たくさんの花が咲き、歩いているだけで楽しい季節。

89233a267df81ff4001c604225afcf02-1024x683

なのですが、今年は去年ほど散歩できてないなあ...…と思って、はっと気付きました。去年の今頃は緊急事態宣言下の休校中で、毎日のように子どもたちと散歩する時間があったのでした。あの時間はとても貴重で、素晴らしいものでもあったんだなあ。なんて思いながら、なんやかんやと日々に追われているうちに、大好きな春が過ぎさってしまったら、もったいない。

あっという間に過ぎちゃう春。ちょっとした形に残せるような遊びが何かしたいと考えて、思いついたのは「お花の砂糖漬け」でした。

お菓子作り大好きな娘と、食べるの大好きな息子に、なんともぴったりな花遊び。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

使うのは、去年の秋、庭にパラパラパラーと種を蒔いたら芽が出てどんどん咲いてくれている菜の花。そのまま食べても美味しくて、毎日サラダで食べているのです。

306666fd782646a12fa55e2f8608513c-1024x683

我が家の崖部分に咲いている山吹の花。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

そしてこの季節、わたしの住んでいる藤野では、いたる所に咲いている、この紫の花。まるでスミレのように可愛らしいのですが「花大根」という渋い名前で、食べられる花でもあるのです。

春先の花はかわいいけれど、摘んで飾ると花びらや花弁がすぐにパラパラしてしまう。でも可愛い。可愛いさをぎゅっと固めちゃう砂糖漬け、おあつらえむきなのでは? ということでレッツトライ。

子どもにも簡単! お花の砂糖漬けの作り方

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

作り方はいたって簡単です。

卵白に潜らせた花に砂糖を振りかける、まぶす。乾かす。以上。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

砂糖は粒子が細かく、色が薄いもの(茶色のお砂糖だと花の色がつぶれてしまいそうなので)、今回はビート糖(てんさい糖なのですが、とても細かくて色も薄い種類のもの)を使いました。2日ほど置いておくと、パリパリっと固まりました。

さっそく、娘はお菓子の飾りに使ったり、(そして弟があっという間に食べたり)わたしはハーブティーに浮かべたり。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

冷蔵庫に保存したら数週間はもつようなので、花が散ってしまった後も、まだ少し春の花を楽しめそうです。

季節の喜びを感じ、季節の恵みを貰い、季節のものを作る。
とてもシンプルなことなのに、意識しないとつい、後回しにしたり、素通りしてしまうようなこと。
そんなことを子どもと一緒に、たくさんたくさんしていきたいな、と改めて思います。

個人的には、もう少し暖かくなると虫さんたちが一気に活気づいてきて、砂糖漬けを乾かすなんておちおちできなくなってしまうので(山暮らしは虫とのたたかいです)、砂糖漬け作りは花が開き出す3月終わりから4月のお楽しみ、な気がしています。

それにしても思った以上に簡単で、思った以上に可愛らしい、花の砂糖漬け作り。我が家の春の恒例になりそうです。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR