DSCF4621-1024x683

湖のクリーンアップと62%【親子ではじめるエシカル暮らし・30】 Learn 2021.05.14

今年のG.W、湖のクリーンアップをしました。わたしが住んでいる藤野は山と湖に囲まれていて、我が家の窓からも湖が見えます。

いつもたくさんの人がボートに乗ったり釣りをしたりと楽しんでいる場所。なのですが……水際やほとりには、たくさんのゴミが落ちていることがずっと気にはなっていました。ちょっと前から4歳の息子に「ねー、みずうみのゴミひろいしようよ〜」と言われるようになりました。プラスチックの仕組みやゴミ問題について書かれた「プラスチックプラネット」という絵本に、海や川のクリーンアップをしてみようということも書かれていて、絵本を読んでいるうちに、書かれていることと自分の目の前にある湖のことが息子の中で繋がったのだと思います。

「そうだね、しよう」と答えつつ、その機会を作れないまま迎えたG.W。近所に同じくゴミ拾いをしたいと言っている子どもたちがいて、一緒にクリーンアップ作戦を決行することにしました。

DSCF4621-1024x683

といっても大層なことはなく、手袋とゴミ袋を持って、湖のほとりに降りていくだけ。目についたものを拾っていくだけであっという間にパンパンになっていくゴミ袋。ペットボトルや発泡スチロールやお菓子の袋があるのは想像通りでしたが、なぜか大量にあったのは靴やサンダル。服や鞄、ガビガビになった空財布も。「なんでこんなの落ちてるんだろ〜?」「どうして捨てるんだろ?」と話しながらゴミを拾いました。

DSCF4618-1024x683
DSCF4616-1024x683

お友達が持ってきたトングが大人気で「貸して〜」「ママ、今度はトング持ってきたい!」と、友達とやれば子どもたちにはゴミ拾いも遊びの一環です。1時間ほどで大袋5袋分がパンパンになり、でもまだまだ「きれいになったね」というには程遠く……。定期的に来よう、と言い合いました。

DSCF4624-1024x683

このままじゃいけない。じゃあ、どうしたら?

わたしが小さい頃から環境問題は「このままじゃいけない」と言われていたし、不安になったわたしが大人にそのことを話すと「そう、このままじゃいけないんだよ」という答えが返ってきました。でも、具体的には何ができるのか考える機会やきっかけはないまま、時が過ぎてしまったんだなと思います。

この春「2030年までに温室効果ガスを46%削減する(2013年度比)」という目標が日本で出された時、声をあげていた若い人たち。中学生や高校生の子たちが「62%」と書かれた紙を掲げて国会の前に立ち、声明文も出していました。気候変動を食い止めるためには気温上昇を1.5度に抑えるのが不可欠だと言われていて、そのために日本は最低でも62%の削減が求められる、という意見があります。

子どもが「わたしたちの未来を奪わないで」と声をあげる姿に、大人として申し訳なさでいっぱいにもなりつつも、同時にすごいなあという思いが湧きました。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

「このままじゃいけない」ことに対して自分ができることを探して行動していている、そんな力を持った子どもたちの姿に励まされました。わたしたち1人1人の力は小さいけど、できることはあるのだから(生活の中にもCO2削減に繋がる行動はたくさんあるので、ぜひ調べてみてくださいね)自分にできることを考えて、探して、やってみる。そこで気づいたことや感じたことは、また次の変化に繋がっていく。身近な世界を守りたいと思うことと、気候変動という大きなことに対して行動することは繋がっている。子どもに誘われてやったクリーンアップを通しても、改めてそんなことを感じました。

子どもたちって、ほんとうにすごい……! この子たちをがっかりさせたくないし、苦しませたくない。そんな未来を作っていけますように。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR