66e091bc2d19932de79e174ad215915d

お米作りで出会った「田んぼの神様」【親子ではじめるエシカル暮らし・32】 Learn 2021.06.25

なんと! 今年の春から、ご近所で何組かの家族が組んでいる田んぼのチームに入れてもらって、お米作りをしています。

「お米を作る」のは庭で野菜を作ってみよう、というのとは全然違う、高い高いハードルを感じていました。

ですが田んぼチームのみなさんに引っ張ってもらい、新米(まさに新米という言葉がぴったり!)は手取り足取り教えてもらい、やっています。

66e091bc2d19932de79e174ad215915d

そして先々週、自然栽培で育てた苗をついに田植えしたところ。田植えをした田んぼ、なんともきれい。

忘れられない出来事があります。子どもの通うシュタイナー学校では、3年生の学びとして「米作り」に取り組みます。5年生の娘も2年前、地域で長くお米を作っているご夫妻の田んぼに半年通ってお米作りをしました。

田起こしして、畦塗りして、水を入れて、苗を育てて、代掻きして、やっと田植えをして……と、わたしは数回手伝いに行っただけですが、ぱくぱく食べているお米ができるまでって、こんなにも手間暇かかるんだなあ、とほんの一端を見ただけでもしみじみ。「お米作りを体験するっていいことだな」なんて、思っていたのです。

0ae624ade2f7290fd001e9857d71993f-1024x1024

なのですが。その年の秋、ものすごい大型の台風が来て、住んでいた地域には甚大な被害がでてしまいました。稲刈りして干していた子どもたちのお米も土砂に埋まりました。台風が去って、道路が通行止めになっている中、クラスのお父さんたちが田んぼを見に行くと、お米作りを教えてくれていたご夫妻が自分たちのお米も埋まってしまったのに、先に子どもたちのお米を救出してくれていました。土砂の中から稲を掘り出して、洗って、干し直して……クラスのお父さんたちや、何年か前に同じく米作りをした高校生の子達が集まり連日作業してくれ、助けられたお米たち。

脱穀して、精米して、ついにお米ができた時、子どもたちが保護者にむけて「お米屋さん」をひらいてくれ、招待の手紙にこう書いてありました。

8169add18e93b0f7c94cd8e7fbe321c5

お米を食べた時、田んぼを去る時「田んぼの神様、ありがとう〜!」と手を振っていた子どもたち、教えてくださったご夫妻にお礼を伝えていた先生の涙、土砂崩れしたままの道……いろんなものが浮かんで胸が詰まりました。うれしくて、ありがたくて、言葉にできないような気持ちになったのです。

昔の言葉で「一粒のお米には7人の神様がいる」という言葉がありますが、7人の神様って七福神? くらいに思っていました。だけど水、土、風、虫、雲、太陽、そして作る人を「神様」と呼ぶと知って、わたしが感じたこともこの言葉に通じてる気がしました。自然と一緒に生き感じる敬意や畏怖を、昔の人は神様と呼んだんだなって。

Processed with VSCO with f2 preset
Processed with VSCO with f2 preset

自然という大きなものをコントロールできる気になって暮らしてきたしっぺ返しがきているのかな……と感じるような災害が続く一方、今もまだ、その自然の力を借りて、手を動かして、実りという大きなものをもらうことができている。神様みたいな、奇跡みたいな、そんなすごいものと、わたしたちは繋がっているんだな、とも思えます。だからこそ、今ちょっと立ち止まって、そんな神様みたいな、奇跡みたいな自然という大きなものの中でわたしたちが一緒に生きているということを、改めて考えていけたら……と思うのです。コントロールしようとふんぞり返ってる場合ではないと思うのです。一緒に生きていきたいのです。

そんなことを思いながら、今年の田んぼ。泥にまみれて太陽あびて汗をかきかき、秋の収穫を願っています。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR