DSC00778-1024x683

パンはパンバッグでお買い物【親子ではじめるエシカル暮らし・34】 Learn 2021.10.01

前回、この連載でもお知らせさせていただいた家族と一年商店も、オープンから一ヶ月ちょっと経ちました。

ちいさく始めた家族と一年商店ですが、いろいろな方に商品を手に取っていただき(なれない業務に時に失敗したりしつつも…)嬉しかったり励みになったり、そんな日々です。

お店に並べるものを考えた時、手に取った人が前向きな気持ちになれるもの、世界にとっても使う人にとっても、ほんのちょっぴりだけ「今より善い」何かが生まれるようなものを並べたいなと思いました。

そんなひとつとして、オリジナル製品として作ったのが「パンバッグ」。その名の通り、パンを入れるバッグです。

我が家は大のパン好きなので、毎週もれなくパンを購入しているのですが、ここ数年はパン屋さんに「さらし」を持参していました。

パンを入れてくれるビニール袋もらうのもったいないな、と思ったことがきっかけだったのですが、始めてみたら袋なくてもぜんぜんイケルな、と改めて思っていました。

ですが、形によっては包みにくかったり、パン屋さんを「…おや?どう包めばいいかな?」と迷わせてしまうこともあり、いっそパン専用のバッグを作ったらどうかな!? とずっと思っていたので、形にしてみたのです。

サイズはふたつ。食パン一斤きっちりぴったり入る大サイズと、小さめの角食半斤がきっちりぴったり入る小サイズ。食パン以外にもカンパーニュやクロワッサンやベーグルなどなど、入れることができます。

直接パンをいれて購入して、そのまま保存。汚れたら洗濯して、また使う。そんなパンのある日常に寄り添うようなバッグ。

そしてパンが布バッグに入っている姿って、かわいい。

DSC00783-1024x683

もし、パンをさらしに包んでもらってるんだ、と伝えても「ふうん…? さらし使ったことないしなあ」と思われてしまう場面があるかもしれません。「パンバッグに入れてもらうんだ」と伝えたら「へえ! パンのバッグがあるの?」ってならないかな? なったらいいな、そんな風にも思いました。

なるほどね〜、パンを専用バッグでね、やってみてもいいかな、やってみようかな。そう思えたり、気づいたりするきっかけのひとつになれたらいいな、と思っています。

はりきってバッグを持って行ったのに、パン屋さんに並んだパン自体にすでにビニール包装されていた…という事態も、多々経験があるのですが、勇気をだして「個包装されていないパン、まだあったりしますか?」と聞いてみると「ありますよ〜」とか「とてもいいですね、このバッグ」とか、会話が生まれたりして、そしてちゃんとノープラスチックの買い物ができたりして。嬉しくなったり、勇気出してよかった…!と思えたりしました。

DSC00861-1024x683

「あ、この袋なくてもいいって思うお客さんがいるんだな」と思ってもらえる、そんな小さなきっかけを作っていくことも、今のわたしたちにはとても大切なことだと思うのです。

小さな一歩を踏み出す前に、「できない」「わからない」とあきらめてしまう前に、誰かにむけて何かにむけて、ほんとうにちいさな一歩を踏み出してみる。そこで生まれるほんとうにちいさなちいさな変化が、「あ、わたし、きっともっと変われるな」と思える力になる。

そんなふうにわたしは変わっていきたいし、家族と一年商店が、そんなちいさな変化の後押しになれたなら。

とてもしあわせだなあと思うのです。

DSC00771-1024x683

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR