『家族カレンダー』(アノニマ・スタジオ刊)

エシカルB面。書籍「家族カレンダー」ができました【親子ではじめるエシカル暮らし・番外編】 Learn 2021.12.10

気づけば12月。少し久々の更新になってしまったのですが、実はこの期間にわたしのはじめての著書「家族カレンダー」という本が刊行されていたのです〜。

『家族カレンダー』(アノニマ・スタジオ刊)
『家族カレンダー』(アノニマ・スタジオ刊)
この本は、サイト『家族と一年誌』で2016年から毎日、毎日毎日! 365日5年以上、書いている日記をまとめて作った本です。

Hanakoママではエシカルをテーマに家族の暮らしを綴っているのですが、(連載ではあえては書かないけれど)親子でエシカルを心がけた物つくりやら選択やらをする間には娘とのクダラナイ攻防があったり、息子が材料をスベテ落としたり、前日の夫婦けんかを引きずっていたり、当然次から次へといろんなことが忙しなく起きています。

本に書かれているのはいわば、そんなB面というか、前後というか背景というか……、赤裸々とか洗いざらい感とかそんな感想をもらうような、包み隠してない、家族の日々です。

FH010001-2-1024x686

その昔、(「家族」という雑誌を作る前だから、10~8年前のこと)娘が3歳になる頃まで、わたしは包み隠したいアラユルことを抱えて生きていました。(そしてなかなかウマク包み隠していたとも思う)

こうありたい、こうあるべきだ、と思うことがたくさんあって、なのに意に反して実は夫婦がすれ違っていること、子どもには食べさせまい! としているようなものを夜中食べちゃう自分、些細なことで娘を怒鳴ってしまう自分……。

誰にもどこにも見せたくない、わたし自身が認めたくない、たくさんのことがありました。
そしてそんなすべてが当時、とてもつらかった。

09480035-1024x679

もっと大変な状況の人は世界にたくさんいる。大地震の被害にあっていない。紛争地域に住んでいない。命の危機に晒されるような差別や暴力にあっていない。家があって健康でこれで辛いってどうかしてる、とかなんとか自分に言い聞かせてみていたけれど、夫婦関係も親子関係も、自分自身のことも、抱えきれないように感じてすごく、つらかったのです。

葛藤、試行錯誤、覚悟を決めての夫と互い向き合う。いろんなことを経て、本にさせてもらった日記を書き始めた頃、やっと、もう包み隠さないでいい、と思えるようになったのだと思います。

IMG_4577-1024x722

家族のかたちにしても、自分自身のあり方にしても、「理想」や「夢」のような形は、今もおおいにあるのです。けれど、理想と真逆のことをするような家族も、自分も、時にいたっていい。

そして、そんな未熟! あまりにも未熟!! なわたしたちが、それでも「理想」も「夢」も抱え続けていいじゃない。と、思えたのが、ミソな気がします。

自分の中にあるたくさんの弱さや醜さを受け止めようと思えたら、逆にわたしにだって強さや美しさが、あるのだとも思えるようになりました。

そう思えたことは、社会への向き合い方にも、繋がっていったと思います。

FH000028-25-1024x686

完璧な人なんて(きっと滅多には)いなくて、人も社会も、ある一面だけで成り立たたせるのは難しい。強い部分があって弱い部分がある。美しい部分があって醜い部分がある。

完璧ではないわたしたちみんなが、でもそれぞれ自分の強さ美しさを寄せ合って、時に弱さや醜さも理解しあって、そして今日よりは明日、明日よりは明後日、「こうありたい」「こうなったら」と思うものに向かっていけたらいいのにな、と心から思っています。

「家族カレンダー」って、そんなことを思いながら作った本です。

ぜひ、エシカルB面! として、読んでいただけたら嬉しいです。

【写真】すべて中村俵太(「家族カレンダー」より)

2021年12月11日(土)に出版記念イベントがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

『家族カレンダー』『サステイナブルに暮らしたい』刊行記念トークイベント

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR