恵比寿 ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション

マロンやカシスを使ったお菓子や、キノコとかぼちゃを使ったパンも季節限定。 一流フレンチの哲学を踏襲したお菓子とパン!〈ジョエル・ロブション〉の秋限定商品4種類。 Learn 2022.09.07

世界的に有名なフランス料理店〈ジョエル・ロブション〉。その料理哲学を踏襲したパティスリー&ブランジュリー〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション〉〈ル パン ドゥ ジョエル・ロブション〉から4種類の秋限定商品が販売されます。試食会にお邪魔してひと足早く秋の味覚をいただいてきました。

かわいくてとろけるプチガトー「マロンカシス」。

「マロンカシス」880円。
「マロンカシス」880円。

きのこの形をしたプチガトーは「マロンカシス」と名付けられています。まるで絵本に登場するようなかわいらしいビジュアルのなかに繊細な食感と味わいが詰まった秋らしいケーキです。

柔らかくて繊細な内部。いくつもの要素が重なっています。
柔らかくて繊細な内部。いくつもの要素が重なっています。

キャラメルでコーティングしている傘の内部は、カシスのクリームとコクのあるマロンムースがメイン。軸の部分はチョコレートクリームとマロンシャンティー。

チョコレートの味わいやマロンのコク、カシスの甘酸っぱさなどが口に入れた次の瞬間にとろけて一体になっていきます。

台座として使われているのはチョコレートのクランブルとサクサクしたフィアンティーヌをプラリネチョコレートで固めたもの。なめらかな舌触りのきのこの部分とは対照的な、ザクザクした食感が加わるように計算されています。

栗の存在感をカシス風味の生地で包む秋のシュトーレン。

「オートンヌ ~カシス&マロンのお菓子~」大(箱なし)3,800円 、大(箱入り) 4,130円、小(箱なし)2,500円、オンライン販売価格(送料込み)大 4,800円。※オンライン販売は大サイズのみ。
「オートンヌ ~カシス&マロンのお菓子~」大(箱なし)3,800円 、大(箱入り) 4,130円、小(箱なし)2,500円、オンライン販売価格(送料込み)大 4,800円。※オンライン販売は大サイズのみ。

中央に大きな和栗が入った「オートンヌ ~カシス&マロンのお菓子~」。オートンヌとはフランス語で秋を意味する言葉です。こちらはクリスマスのお菓子として人気のシュトーレンの技法を用いています。

恵比寿 ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション

生地はほんのり赤みを帯びているのは、カシスが練り込まれているから。カシスの甘酸っぱさが茨城原産の和栗の味を引き立てています。ホワイトチョコレートがふんだんにちりばめていて、上品な甘さに仕上げられています。

しっとりしていてほどけるような舌触りの生地と、ほっくりした栗の食感のコンビネーションがさすがです。高級感のあるこのお菓子は、箱入りも用意されているのでギフトにもぴったりです。

カレーパンとフィユテ。人気のパンも秋らしい味わいに変化。

「茸のフィユテ ~パイ仕立て~」540円。ワインとの相性もよさそう。
「茸のフィユテ ~パイ仕立て~」540円。ワインとの相性もよさそう。

フィユテとは生地を何回も折り込んだパイのような生地のこと。〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション〉〈ル パン ドゥ ジョエル・ロブション〉ではクロワッサンの生地を使って、ジャガイモなどを重ねて焼いたものが定番として人気です。

今回、登場したのは秋のフィユテ「茸のフィユテ ~パイ仕立て~」です。キノコは茨城県産のシイタケ、マッシュルーム、シメジと宮崎県産のエリンギの4種類。玉ねぎ、チーズ、ガーリックオイルも加わった香り高い一品に仕上がっています。

クロワッサン生地のパリパリした食感に肉厚のキノコ類のジューシーさも味わえて食べ応えもあります。

「カレーパン 〜かぼちゃ&チーズ〜」350円。オンライン販売価格(送料別) 5個入り2,250円、10個入り3,900円。
「カレーパン 〜かぼちゃ&チーズ〜」350円。オンライン販売価格(送料別) 5個入り2,250円、10個入り3,900円。

カレーパンは〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション〉〈ル パン ドゥ ジョエル・ロブション〉の人気商品のひとつで、オンラインショップでも販売しています。

揚げていない、焼きカレーパンなので、重すぎず食べやすいのも特徴のひとつ。バゲットから作ったパン粉をまんべんなく散りばめていて、焼きカレーパンとしては珍しいほどザクザクした食感も楽しめます。

カレーはレストランシェフとパンを担当するブーランジェシェフが共同開発。ひき肉たっぷりで、13種類のスパイスを使った本格的なカレーです。

そのカレーに加える具は季節ごとに冬はレンコン、春はひよこ豆、夏はコーン、そして秋はかぼちゃが入っています。スパイシーなカレーとかぼちゃの甘さとチーズのまろやかさがマッチ。食感の楽しさも合わさって、ぺろりと食べてしまいます。

恵比寿 ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション

秋の味覚を取り入れた〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション〉〈ル パン ドゥ ジョエル・ロブション〉の限定商品。気軽に食べられるパンや繊細なケーキで楽しんでみては?

ロブション パン・ケーキ・焼菓子 公式インスタグラム

※各商品販売店舗、販売期間が異なります。
「マロンカシス」
■ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション全店(恵比寿ガーデンプレイス店・六本木ヒルズ店・丸の内ブリックスクエア店)
■2022年9月15日(木)〜2022年10月17日(月)

「オートンヌ ~カシス&マロンのお菓子~」
■ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション全店(恵比寿ガーデンプレイス店・六本木ヒルズ店・丸の内ブリックスクエア店)、ル パン ドゥ ジョエル・ロブション全店(渋谷ヒカリエSinQs東横のれん街店・ニュウマン新宿店)、ルカフェラブティック ジョエル・ロブション虎ノ門ヒルズ店、ジョエル・ロブション公式オンラインショップ
■〜2022年11月6日(日)オンラインショップは〜2022年10月31日(月)

「茸のフィユテ ~パイ仕立て~」
■ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション全店(恵比寿ガーデンプレイス店・六本木ヒルズ店・丸の内ブリックスクエア店)、ル パン ドゥ ジョエル・ロブション全店(渋谷ヒカリエSinQs東横のれん街店・ニュウマン新宿店)、ルカフェラブティック ジョエル・ロブション虎ノ門ヒルズ店
■〜2022年11月28日(月)

「カレーパン 〜かぼちゃ&チーズ〜」
■ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション3店舗(恵比寿ガーデンプレイス店・六本木ヒルズ店・丸の内ブリックスクエア店)、ル パン ドゥ ジョエル・ロブション全店(渋谷ヒカリエSinQs東横のれん街店・ニュウマン新宿店)、ルカフェ ラブティック ジョエル・ロブション 虎ノ門ヒルズ店、ジョエル・ロブション公式オンラインショップ
■〜2022年12月31日(土)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR