サステナブルなレザーの魅力とは?ネックストラップ作りをハナコラボが体験

レザーブランド〈EPONAS〉プレゼンツ! サステナブルなレザーの魅力とは?ネックストラップ作りをハナコラボが体験 Learn 2022.09.30

ハナコラボ パートナーのためのイベント「ハナコラボミーティング」。今回は、高品質レザーブランド〈EPONAS(エポナス)〉の方々を講師にお迎えし、サステナブルレザーについての勉強と、ネックストラップ作りの体験会を開催。当日の模様をお届けします。

今回、講師を務めるのは…

内藤正徳さん。
内藤正徳さん。

〈EPONAS〉を運営する、〈イノベックス〉の内藤正徳さん。「今回は、レザーについて勉強したあとに、ネックストラップを作ってもらいます。むずかしくならないよう準備してきたので、みなさんで楽しく進められたらと思います」(内藤さん)。

〈EPONAS〉とは?

内藤さんの話を真剣に聞くハナコラボ パートナー。
内藤さんの話を真剣に聞くハナコラボ パートナー。
Apple Watch用のレザーバンドをはじめ、スマートフォンケース、モバイルレザーバッグ、名刺入れなど、豊富なラインナップ。
Apple Watch用のレザーバンドをはじめ、スマートフォンケース、モバイルレザーバッグ、名刺入れなど、豊富なラインナップ。
モバイルレザーバッグに興味津々。
モバイルレザーバッグに興味津々。
レザーバンドは、ワンタッチで留められる「Dバックル」を採用。
レザーバンドは、ワンタッチで留められる「Dバックル」を採用。

2020年にデビューしたレザーブランド。環境と人権に配慮しつつ、世界中の伝統的な工房とパートナーシップを組み、フェアで思いやりのある誠実なプロダクトを創出しています。商品はApple Watch用のレザーバンドやスマートフォンケースなど実用的なものばかり。ヨーロッパ育ちの内藤さんは現地の伝統的な工房との付き合いが長く、こだわりの上質素材と伝統技術で、現代の生活に不可欠な道具のためのアクセサリーを製造することにこだわっています。「ブランドのミッションは、尊敬し信頼する工房と職人の伝統の継承。そして、“フェアで誠実な工程”を経て製造したプロダクトを提案することで、本当の心地よさを提供したいと考えています」(内藤さん)。
〈EPONAS〉で採用するレザーは、環境に配慮して製造された、最高品質のドイツ・〈ベリンガー社〉の「シュリンクレザー」。希少なカーフ(牛)を通常のプロセスの7倍も時間をかけて丁寧になめす(※)ことで、独特のもっちりとした風合いに。弾力性も高く傷に強いため、長く使用しても美しい発色をキープできます。

※なめし…化学的な処理で腐らなくさせる工程のこと。

サステナブルなレザーについて学びます

傷のついた荒々しいデザインが特徴的な雄牛や、高級感のあるワニなどの動物性、コルクなどの植物性など、様々なレザーのサンプル。
傷のついた荒々しいデザインが特徴的な雄牛や、高級感のあるワニなどの動物性、コルクなどの植物性など、様々なレザーのサンプル。
実際に手に取り、レザーの質感を確認。
実際に手に取り、レザーの質感を確認。

レザーを使用する際、問題になっているのは環境負荷。そこで近年では様々な取り組みをしています。現在、〈EPONAS〉が利用している〈ペリンガー社〉では、自社で排出される汚水を完全にろ過するシステムを自社で構築するなど、地域環境への配慮を徹底。なめし工程では大量の水が必要な上に、排水には石灰、油脂や薬品が含まれるため、水質汚染が問題になるためです。
その他にも、環境負荷を減らすための様々な取り組みが各地で行われています。温室効果ガスの排出の観点からは、革製品を生み出す動物を育てるのにCO2換算では7.1ギガトンも排出されると言われていますが、レザー製品に使われる革は畜産用の副産物。また、レザーの寿命を延ばすために、メンテナンスプログラムや、リサイクルレザーを使用するブランドも増えています。
植物由来のヴィーガンレザーは、見た目は合皮レザーのようですが、パイナップルやココナッツ、マッシュルームを使用したものがあり、多くのハイブランドが注目しています。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR