0347

Hanako2022年8月号「自分に優しく、人に優しく。SDGsのニュールール」特集 必要な分だけ作る、 大切に着る、直す。受注生産ブランド〈ノール・ケアド 〉でイラストレーターよしいちひろさんがオーダー体験。 Learn 2022.06.30PR

ファッションの新しい在り方を提示した〈ノール・ケアド〉。ディレクターの竹内昌子さんにその想いを聞きに、イラストレーターのよしいちひろさんがショールームを訪ねました。(PR/ノール・ケアド)

待つ時間さえ、愛おしい、サステナブルな服作りの真髄。

よしいちひろ(以下、よしい):受注生産の服を買うのは初めてなのですが、アイデアはどのように生まれたのですか?
竹内昌子(以下、竹内):以前から服作りに携わっていましたが、NYに数年住んだ時、様々なサステナブルな取り組みに出合い、日本ではあまり見かけなかった受注生産への挑戦を思いつきました。

よしい:受注生産の良い点とは?
竹内:自分たちの目の届く範囲で生産できることが一番大きいですね。アパレル産業は、サプライヤー部分での環境負荷が6割に上ります。仕組みを変えることは服の素材を変えること以上にインパクトを与えられます。そこに注力することは、モノづくりを続けてきた私だからこそやるべきだと思いました。

よしい:環境負荷というと、人間が生きているだけで地球に相当迷惑をかけていると感じてしまいます…。
竹内:大量消費から受注生産型のスローファッションに変わることで、光明が見えてくると思うんです。
よしい:必要な分だけ作って売るのは無駄がないですね。受注からどのぐらいで届きますか?
竹内:最短で40日です。翌日届くのが当たり前の日常なので「賛同ありがとうございます」というメールもお送りしています。共感してくれる方を少しでも増やしていきたいです。

よしい:待つ時間もワクワクしますし、まさに新しい買い物の形。サプライチェーンの環境負荷軽減のためにどんな取り組みをしていますか?
竹内:一番は在庫過多にならないようにすることです。受注生産なので、糸や生地量をコントロールできていますし、国内外からの物流タイミングを揃えて輸送回数を減らし、コストもCO2排出も抑え、環境負荷軽減にダイレクトに繋げることができたんです。越えるべき壁はほかにもありますが、1社が100%やるよりも、100社が1%ずつ取り組む方が広がりも速いと思うんです。

よしい:その考え方、すごく素敵です。買い物はある意味投票だから、誠実さが伝わるモノづくりによる一着を買うことでサステナブルな活動に参加できますね。そしてノール・ケアドは手の届きやすい価格帯と感じました。
竹内:自社工場で受注生産し余剰在庫を抱えず、ECに特化して価格を抑えています。新しい選択肢を提供する立場として、手に取っていただきやすいブランドでありたいです。

よしい:ショールームでゆっくり試着してからウェブ購入できるのも嬉しい。今後の目標も教えてください。
竹内:受注生産が当たり前になり、待つ楽しみという選択肢が普通になること。私たちのようなブランドが増え、サステナブルなファッションの世界がさらに広がると嬉しいです。

1•2.原宿にあるショールーム。生分解性のある床材などエコな素材を用 いた内装と、大きな窓から光が差し込む明るい空間。定番から間もなく 受注開始のアイテムまでずらり。
3•4.綺麗な色のニットジャケットやト ップス。
5.巾着バッグはブラウンのほかオレンジや黒も。
6.ディレクショ ンを手掛ける竹内昌子さん。
7.ノール・ケアドが得意とするニットは色も ゲージも豊富。
8.ボンディング加工のオールインワンは柔らかな肌触り。
1•2.原宿にあるショールーム。生分解性のある床材などエコな素材を用 いた内装と、大きな窓から光が差し込む明るい空間。定番から間もなく 受注開始のアイテムまでずらり。
3•4.綺麗な色のニットジャケットやト ップス。
5.巾着バッグはブラウンのほかオレンジや黒も。
6.ディレクショ ンを手掛ける竹内昌子さん。
7.ノール・ケアドが得意とするニットは色も ゲージも豊富。
8.ボンディング加工のオールインワンは柔らかな肌触り。
体験してみて…
「ソフトな着心地やケアのしやすさなど、竹内さんの人と地球への心配りがノール・ケアドを作っていました。「1人で全てを行うよりも、100人が数%ずつ頑張る方がインパクトを与えられる」というお話は特に印象的で、皆で手を取り合い歩めば未来への希望を感じられると思えました。」(よしいさん)
体験してみて…
「ソフトな着心地やケアのしやすさなど、竹内さんの人と地球への心配りがノール・ケアドを作っていました。「1人で全てを行うよりも、100人が数%ずつ頑張る方がインパクトを与えられる」というお話は特に印象的で、皆で手を取り合い歩めば未来への希望を感じられると思えました。」(よしいさん)

よしいちひろ/イラストレーター
ガーリーな中にエッジを感じる可憐なイラストが支持を集め、雑誌や広告、テキスタイルなど幅広く活躍中。ファッションへの造詣も深く、ライフスタイルにも注目が集まる。

ニットウェアのリペア&メンテナンス。

ノール・ケアドでは、ニットケアクリニックも開設。自社工場に常駐するニット修理のスペシャリストが、ほつれや穴あきを修繕してくれる。ノール・ケアドのニットは購入時期を問わず、いつでもどのコレクションも無料。有料だが他ブランドのものも持ち込みOK。お気に入りの一枚を長く大切に着るためにも嬉しいサービス。

〈ノール・ケアド〉
■ 受注期間 2022年7月1日~18日
■ ショールームOPEN 2022年7月8日~10日
商品は受注期間内にHPからオーダー。最短40日でお届け。
実際に試着したい場合は、ショールームへ。
※7月18日以降のスケジュール、ショールームについてはHPでチェックを。

オフィシャルHP
オーダーはすべてウェブサイトから。

illustration : Chihiro Yoshii photo : Yutaro Yamane hair & make : Shiho Kato (PEACE MONKEY) text: Aya Sasaki

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR