日本製紙

定番のお菓子もよりおいしく変身!? 「セレンピア」|ふわふわ、もっちり。注目素材で生まれたお菓子。 Learn 2022.01.28PR

あの人気店の商品も、実はよりおいしく生まれ変わっている!?
しかも、環境に配慮していてサステナブル。そんな植物由来の新素材、日本製紙のセルロースナノファイバー
「セレンピア」を使ったスイーツを紹介します。(PR/日本製紙)

それぞれの食感の違いを味わうのも楽しい!

日本製紙

ふわふわ、サクッ、もっちり……。
おいしさを決める上で、味と同じくらい重要だといわれる〝食感〞。そんな食感にこだわったスイーツの数々を、「ほぼ毎日おやつを食べている」と話すハナコラボの石井小百合さんに試食してもらった。
「バウムクーヘンやカステラ、どら焼きは、フワッと柔らかいのに弾力性が。焼菓子は口の中がパサパサしてしまうことも多いですが、このくらいしっとりしていると食べやすいですね。チーズケーキもクリーミーでおいしい 」と石井さん。
今回登場したスイーツに使われているのが、日本製紙の研究によって誕生したセルロースナノファイバー「セレンピア」
植物由来のセルロースを解きほぐした極微細の素材で、その特性を活かし、さまざまな食品や日用品に使われている。例えば、ココアなどの粉末 料の粒子が沈澱してしまうのを抑えたり、冷凍食品が加熱によって崩れてしまうのを防いだり。生クリームやカスタードクリームに取り入れれば、よりなめらかで濃厚な食感となり、ツヤや光沢を与えてくれるのだとか。食品の保形性が増すことによって、形崩れによる廃棄を減らすことができ、フードロスの削減にも繋がる。原料となる木材セルロースは自然由来なので食べても害がなく、生産のために定期的に木の伐採・植樹を行うことによって、森林の循環を手助けできるというメリットも。自然環境にも配慮した素材として、幅広く注目を集めている。

例えば、蒸しケーキの粉原料にセレンピアを0.25%ミックスすると、生地の中にきめ細かい気泡ができてボリュームが向上するそう。
加熱による生地の凹みや縮みを防いで、形状を安定させてくれる。見栄えが良くなるだけでなく、 常よりもフワッと軽い食感に! 
例えば、蒸しケーキの粉原料にセレンピアを0.25%ミックスすると、生地の中にきめ細かい気泡ができてボリュームが向上するそう。
加熱による生地の凹みや縮みを防いで、形状を安定させてくれる。見栄えが良くなるだけでなく、 常よりもフワッと軽い食感に! 

「子どもが生まれてから毎日の食事に気を使うようになり、生産地がわかる旬の食材を選ぶことが増えました。セレンピアは初めて知りましたが、植物からできていて、しかも地球にも優しいとわかって安心。私はおうちでクッキーやホットケーキを作ることが多いので、セレンピア入りのミックス粉をぜひ販売してほ
しいです 」(石井さん) 
豊かな食感をプラスし、食品をさらにおいしく仕上げてくれるだけでなく、サステナブルな一面も持つセレンピア。これから、この素材を活用したどんなスイーツが誕生するのか、ますます目が離せない。

日本製紙

〈田子の月〉のどら焼き
静岡県の老舗和洋菓子店で愛され続ける一品。北海道十勝産の小豆を使い、優しい甘さと豊かな風味が口いっぱいに広がる。餡と同様にこだわっているという皮は、生地にセレンピアを練りこむことで、より柔らかくしっとりとした口当たりに生まれ変わった。1個160円。
■0545-52-0001|静岡
https://www.tagonotsuki.co.jp/

〈十勝トテッポ工房〉のナチュラルチーズケーキ北海道フロマージュ
チーズ、バター、卵、小 粉や砂糖まで、すべて北海道産の素材を使用。クリームチーズとフレッシュチーズ、マスカルポーネを独 にブレンドしたチーズケーキは、手に取りやすい小さなサイズも嬉しい。 凍後も型崩れしにくいよう、2月にリニューアル。8個1,296円。
■0155-21-0101|北海道
http://www.toteppo-factory.com/

〈わかつき〉の五三焼きカステラ
“五三”とは、卵の黄身と白身の割合のこと。通常よりも黄身を多く使用するカステラは、焼き上げるのが難しく、製造できる菓子職人も限られる。卵のコクや旨味に加えて、しっとりとした食感にもこだわりが。口の中でパサつかず、生地の味わいを存分に楽しめる。
1本1,500円

■0545-61-4863|静岡
http://www.katei-wakatuki.jp/

〈ドトールコーヒーショップ 〉のしっとりバウムクーヘン
飼育環境や飼料にこだわった親鶏から生まれた卵の濃厚な味わいを活かしたバウムクーヘン。一層一層火加減を調整しながら焼き上げ、しっとりとした仕上がりに。上品な甘さでコーヒーとの相性も抜群。手を汚さずに食べられるスティック型で、仕事中のおやつにも。
1個240円。
■03-5459-9036
https://www.doutor.co.jp/dcs/

日本製紙

ギフトボックスのご購入はこちらから

日本製紙

Point1|地域と共生して名産品づくりを盛り上げる。

大小を問わずさまざまな地域の食品メーカーに採用されているセレンピア。商品の開発や改良に参加し、新たな価値を生み出すことで、地域の持続可能な発展に協力している。商品の質が安定することで、生産過程をスムーズにすることにも繋がっている。

Point2|自社で植樹を行い持続可能な森林活用を。

セレンピアを作る日本製紙は、再生可能な木材資源を育てるために多くの森林を所有し、持続可能な森林経営を行っている。例えば、伐採の際に不要となる木材を活用したり、伐採後に再び植樹することで、森林の循環を手助けしている。

Point3|ストップ地球温暖化!CO2の吸収に貢献する。

二酸化炭素の排出量と吸収量をプラスマイナスゼロにする「カーボンニュートラル」を叶えるために、森林は重要な役割を担っている。セレンピアは大気中の二酸化炭素を吸収する木材を原料とし、積極的に植樹を行うことで、地球温暖化の抑制を目指している。

Point4| 料の循環を邪魔しないバイオマス原料を使用。

自然由来の食品添加物には、海藻やトウモロコシなど、人間や動物の食料から作られているものもある。一方、セレンピア は木材を原料としているため、食料と競合することなく、持続的に活用することが可能になっているのが特筆すべきポイント。

日本製紙

セレンピアは、食品だけでなく日用品や化粧品、塗料・製紙など、さまざまな分野で活用されている。昨年秋には〈ファンケルラボ〉との協同によってスキンケアブランド「BIOFEAT.」が誕生。肌に優しい処方を追求し、パラベンや石油系界面活性剤、鉱物油などを使用せず、ボタニカル成分を中心に配合。セレンピアの特性を活かし、高い保湿性がありながらもベタつかず、肌なじみの良いテクスチャーを叶えている。

日本製紙
photo : Miyu Yasuda styling : Ami Kannoillustration : Maori Sakai text : Momoka Oba

Hanako SPECIAL SWEETS FES 2022

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR