UR

多くの人の手によって、変わらない個性と新たな魅力を備えた東北で生き生きと働く、街を愛する人たちにフォーカスしました。 in TOHOKU〈UR都市機構〉が関わった10年。東北で活躍する人たち Learn 2021.10.30PR

UR都市機構は、まちづくりの経験を活かし、東北の復興支援に全力で取り組み続けている組織のひとつだ。
多くの人の手によって、変わらない個性と新たな魅力を備えた東北で生き生きと働く、街を愛する人たちにフォーカスしました。(PR/UR都市機構)

UR

人口は減っても、暮らしを 楽しむ人であふれる街に。

石巻で一見価値のなさそうな空き家を買い取り、再生させる事業を展開するクリエイティブチーム〈巻組〉の代表・渡邊享子さん。東日本大震災発生当時、東京で大学院生として都市計画を学んでいた渡邊さんは、復興支援で石巻に通うように。「壊れた街を完全に元通りにするのではなく、面白い形にしたいという商店街の若い方たちに出会ったりして、課題が多いからこそできることがあるかもしれないと感じました」
支援活動の長期化とともに、渡邊さんのように石巻に通っていた人が移住したり、起業して街を盛り上げる動きが出てきた。しかし被災者でさえ住宅が不足しているなか、移住希望者の物件探しは困難を極めた。
「石巻を好きな人が残れないのは、もったいないと思ったんです。それで地図を塗りつぶしながら被災した空き家を歩いて探し、シェアハウスにしたのが2012年末でした」この行動が〈巻組〉設立の種となるのだが、震災後の10年で石巻市の人口は減って空き家が増え、街そのものや移住者の目的も変わってきた。
「震災から間もない頃は、被災地の役に立ちたいという方が多かったのですが、最近は石巻の環境が好きで地方の自由なライフスタイルを求めて移住する方が多くなっています」
たとえば朽ちかけた物置をギャラリーに改装するアーティストや、作家活動の傍らで、季節ごとに漁業・農業に参加する女性ユニットなど。
暮らしだけでなく、仕事や働き方もカスタマイズする流れはコロナ禍で加速しているようで、〈巻組〉では昨年、活躍の場を失ったクリエイターに空き家を活用して生活と制作の場を提供する「Creative Hub」という新事業をスタート。震災当時は子どもだった世代が、今は〈巻組〉の事業を支え街の活力になっていることも、渡邊さんの大きな励みになっている。「街を持続化させるには、個々人の暮らしのなかで幸せが積み重なっていくことが大事だと思います。都会から来たら人通りが少なくて寂しい街に見えるかもしれないけれど、実は楽しく暮らしている人たちが結構いる。そういう状況が、次世代の幸せのあり方かなと思うんです」

廃屋を再生して実現させる
自由なライフスタイルと働き方。

幸せな暮らしを自ら 創造する人を増やすために。

市街地にある〈巻組〉のオフィス。銀行だった建物を活用していて、立派な金庫もある。
市街地にある〈巻組〉のオフィス。銀行だった建物を活用していて、立派な金庫もある。
入り口にある、〈巻組〉のロゴ。
入り口にある、〈巻組〉のロゴ。
これまで手がけた物件など幅広い事業をまとめた冊子。「私たちがやっているのは古民家再生というより廃屋再生」と笑うが、壊される運命だったとは思えない素敵な空間で、夢を実現させている人の姿が印象的だ。
これまで手がけた物件など幅広い事業をまとめた冊子。「私たちがやっているのは古民家再生というより廃屋再生」と笑うが、壊される運命だったとは思えない素敵な空間で、夢を実現させている人の姿が印象的だ。

地域のクリエイティビティを刺激する空間。

倉庫をリノベーションした「Creative Hub」。能動的に創作する人すべてをクリエイターと呼び、1階をアトリエとして開放。2階のコワーキングスペースの会員には、絵を描く場として利用する人や、事業家たちとつながりを求める人も。
倉庫をリノベーションした「Creative Hub」。能動的に創作する人すべてをクリエイターと呼び、1階をアトリエとして開放。2階のコワーキングスペースの会員には、絵を描く場として利用する人や、事業家たちとつながりを求める人も。
UR都市機構は、石巻市内で壊滅的な被害を受けた新門脇地区の復興を支援。その一角にできた、かどのわき西公園の整備には、地元中学生が計画段階から参加してアイデアを提案。海をイメージした
公園で、新しい街に暮らす人をつなぐ拠点となっている。
UR都市機構は、石巻市内で壊滅的な被害を受けた新門脇地区の復興を支援。その一角にできた、かどのわき西公園の整備には、地元中学生が計画段階から参加してアイデアを提案。海をイメージした
公園で、新しい街に暮らす人をつなぐ拠点となっている。
UR

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR