SDGs 品田さん

ハナコラボSDGsレポート 〈東京ディズニーリゾート〉のはじめの一歩。地球にやさしい「LET’S START WHERE WE CAN!」 Learn 2021.09.14

ハナコラボ パートナーの中から、SDGsについて知りたい、学びたいと意欲をもった4人が「ハナコラボSDGsレポーターズ」を発足!毎週さまざまなコンテンツをレポートします。第42回は、ナチュラルビューティーハンターとして活躍するシナダユイさんが〈東京ディズニーリゾート〉の商品を作る〈株式会社オリエンタルランド〉へ。第一弾として7月に発売された新製品の様子をお届けします。

テーマパークでの楽しみ方の一つとして、グッズでハピネスを届けている〈オリエンタルランド〉さん。今回、大変貴重な機会をいただき、舞浜へ行ってきました。“地球にやさしく、人にやさしい”グッズ「LET'S START WHERE WE CAN!(できることからはじめよう)」。誰もが知り、心ときめく〈東京ディズニーリゾート〉だからこそ、始めたことには社会的にインパクトがあると強く感じたのです。

SDGs 品田さん

ーーまずは、商品の開発を担当された経緯を、〈オリエンタルランド〉商品本部 開発担当の清水千里(ゆきさと)さんに伺います。“地球にやさしく、人にやさしい”グッズを作ろうと思ったきっかけを教えてください。

「私たちは商品開発をする際に、部のメンバーで『次の期はどんな商品にしようか』という会議が行われます。SDGsという言葉はすでに世に出ていましたが、当時そこまで意識はしていなくて、純粋に“地球環境にいいものができたらいいな”と思い作りました」(清水さん)。

ーー純粋に、というのはいいですね。商品を決める際はどういった形で話し合われたのでしょうか?

「やはり〈TDR(東京ディズニーリゾート)〉には色々なお客様がいらっしゃるので、こういうことに興味や関心がある方はもちろん、ファミリーやお子様のいる方にも使ってもらえるようなものがいいなと。生活の中で“こういうのって環境にいいんだよね”みたいなことが伝わるような形をイメージして作っています」(清水さん)。

ーー生活で使えるものの中からバリエーションが決まっていったんですね。

「そうですね。まずは、本当に“身近な”ものから。難しいものをいきなり作るのではなく、という点で商品は決まっていきました」(清水さん)。

〈オリエンタルランド〉商品本部 販促担当の田中麻衣さん。
〈オリエンタルランド〉商品本部 販促担当の田中麻衣さん。
田中さんイチオシは文房具を置くのに便利なデスクトレー。デスクはもちろん、玄関先にも◎。
田中さんイチオシは文房具を置くのに便利なデスクトレー。デスクはもちろん、玄関先にも◎。

ーー次は商品に関して、商品本部 販促担当の田中麻衣さんに伺います。全体的にシンプルで、いままでにない配色が印象的ですね。デザインのこだわりなどありますか。

「『LET'S START WHERE WE CAN!』という点で、私たちの伝えたいメッセージや想いをデザインに落とし込みました。ミッキーのデザインは、吹き出しが『!(ビックリマーク)』なんです」(田中さん)。

ーーなぜ「!」なのでしょうか。

「ポジティブな気づきのきっかけという意味を表現しています。ミッキーの指をさしているポーズも、“これからもずっとたくさんのハピネスを届けられる未来”が指の先にあるというイメージなんです」(田中さん)。

ーーなるほど。壮大なテーマですと「?」が浮かびそうですが、「!」であることで、決意表明のようにはっきりして、とても前向きな印象を受けますよね。

「新しい未来に向かってゲストのみなさまと一緒に『行くぞー!』と一歩踏み出した姿をデザインに込めています」(田中さん)。

SDGs 品田さん
大容量で使いやすそう!さりげないデザインも日常になじみますね。
大容量で使いやすそう!さりげないデザインも日常になじみますね。

ーー「ゲストのみなさま」というと、かなりダイバーシティかと想像してしまいます。今回の商品はユニセックス仕様ですか?

「はい。TシャツもS、M、Lで展開しています。年齢も特に指定はなく、お子様から年配の方まで幅広い年齢層に使っていただけるようなアイテムを選んでます」(田中さん)。

ーーTシャツ、トートバック、タオルについてはオーガニックコットンだそうですが、原産国は教えていただけますか?

「原産国はインドやトルコになります。Tシャツとトートバックはお客様からもシンプルで普段使いしやすいとご好評いただいています。タオルは巾着に入っているので、ギフトとしてもおすすめですよ」(田中さん)。

SDGs 品田さん

ーー飽きがこないデザインで長く愛用できそうですね。メッセージ性もある商品なので、売り場でどのように配置されて、メッセージを届けていくのかも気になるところです。

「飾り立てるというよりは、ウッディでシンプルな説明サインを飾っています。そこに表記されているQRコードから特設サイトにとべ、コンセプトやグッズの詳細情報、コラムを見ることができます」(田中さん)。

ーー特設サイトから取扱店舗や色々な情報が得られるんですね。

「はい。それにいまは気軽にパークに来られるという環境ではないため、東京ディズニーリゾート・アプリからも時間限定(AM7時〜開園前まで)でご入園いただかなくてもお買い求めいただけるようになっております。ぜひそういった形でも商品を手に入れていただき、身近に感じていただけたらうれしいです」(田中さん)。

ーーこんなご時世だからという気遣いも感じますね。”地球にやさしく、人にやさしい”グッズをぜひみなさまにも見ていただきたいです。第二、三弾も楽しみにしています!本日はありがとうございました。

〈東京ディズニーリゾート〉

https://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/start/goods/index.html

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR