現在はノートや名刺、封筒、紙バッグなどノベルティーグッズを中心に製作。

廃棄されるお米を活用した、紙の新素材が誕生! フードロスペーパー「kome-kami」で目指す、未来のための新しい取り組み。 Learn 2021.06.01

奈良の紙卸問屋として明治23年の創業以来、近畿エリアを中心に展開している株式会社ペーパル。紙文化を支えて130年の歴史を持つこちらでは「ロスチェンジプロジェクト」を社内で立ち上げ、フードロス問題の解決を目指すための企画を始めています。今回はその第一弾となる商品「kome-kami」の誕生秘話、そして今後の取り組みについて追いかけました。

「kome-kami」から見えた、フードロス問題の現状。

4K7A7079

規格外野菜の廃棄や家庭食品からのロスなど、様々な場面で引き起こされているフードロス問題。近年では自然災害に備えた災害用食品も増えており、その多くは利用されず賞味期限が切れて廃棄されているのが現状です。〈ペーパル〉ではこのような廃棄食材のなかで多くの割合を占める、お米に着目。「ロスチェンジプロジェクト」として、これまで廃棄されてきた賞味期限切れのお米から「kome-kami」を作ることで、食品ロスについて多くの人に伝える切り口を開きました。

「kome-kami」の加工・印刷を担う機械。
「kome-kami」の加工・印刷を担う機械。
f2
f3
f4

お米を使って紙にするという初めての試みへの開発秘話を語ったのは、このプロジェクトの中心でもある矢田和也さん。「まずは米をうまく粉砕してくれる会社を探すところから始めました。実際の製造工程では硬い米で機械を傷つけてしまい、粉砕した米の粒子サイズも大きければ混ざりにくく、さらに粒子が紙の表面にシミのようになってしまうなど色々な懸念があったからです。それなら米を炊いて混ぜてみようとも思いましたが、今度は粘度が高くなって機械にくっついてしまうなど様々な課題に直面しました。合わせて加工・印刷をできる製造機械を探して全国の工場を見て回り、ようやく関西の製紙メーカーさんの既設機で製造をお願いすることになりました。」

ラフなのにしっとりとした質感の紙素材!

4K7A7136
現在はノートや名刺、封筒、紙バッグなどノベルティーグッズを中心に製作。
現在はノートや名刺、封筒、紙バッグなどノベルティーグッズを中心に製作。

こうして2020年4月から約1年の開発期間を経て完成した「Kome-kami」。しっかりとした厚さでありながらも、ずっと表面を触っていたくなるような質感に。「パルプに米を配合することで表面が独特な風合いで、しっとりとしています。紙の色も米が白いのでそれほど影響はありませんが、クリーム色っぽい仕上がりで色を付けることもできますよ」(矢田さん)。
採れたての艷やかなお米を思わせる自然で温かみのある白さの紙は、強い筆圧で書いても滲みにくく裏移りもなし。ボールペンや万年筆での書き心地は抜群で、普段使いにも重宝したくなる仕上がりになっています。

廃棄されるものを、価値あるものに。「ロスチェンジプロジェクト」のこれから。

4K7A7001
「kome-kami」を使った後は古紙として循環されるため、再生紙として再び生まれ変わるシステムに。
「kome-kami」を使った後は古紙として循環されるため、再生紙として再び生まれ変わるシステムに。
株式会社kitafukuとともに開発した「クラフトビールペーパー」。
株式会社kitafukuとともに開発した「クラフトビールペーパー」。
S__42196996_0
S__42197024

〈ペーパル〉では更に「kome-kami」の売上げ1%をフードバンクに寄付することで支援を行い、フードロス問題解決のため積極的に活動を行なっています。企業とも協力し、5月にはビールの製造工程で廃棄されるモルト粕を使用した「クラフトビールペーパー」を開発しました。「お米以外でもアップサイクルを一緒に行えるところが増えたらとても嬉しいです。まずはもっと多くの人に『Kome-kami』を知ってもらい、一緒になって輪を広げていきたいですね」と語った矢田さん。フードロスペーパーの今後の活動にも注目です。

■今回紹介した取り組みや「kome-kami」についての詳細は公式サイトをチェック。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR