バラ
2017.12.09

第4回 前田有紀の『週末・気分転〈花〉』~第4回~ 華やかなお花の定番「バラ」を長持ちさせる為の3ポイント!

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。第4回は、お花の定番「バラ」のメンテナンス3つのポイントをご紹介。

送別会でバラをもらったら!

前田有紀

今年も残すところあとわずかですね。12月になって忘年会や送別会で、お花をもらう機会も送る機会も増えますよね。「せっかくもらった花を長くもたせたい!けど、すぐ枯れてしまう。」そんな風に思ってる方、意外と多いと思います。今回は、みんなが知っているお花の定番「バラ」について、メンテナンス3つのポイントをお話しいたします。

バラを長持ちさせる為の3ポイント!

【ポイント1】朝晩、新鮮な水に替えて!

バラ

まず、バラは新鮮なお水が大好きです。バラの農家さんに「飲めるくらい新鮮な水だったらとてもよく持ちますよ〜。理想で言えば、朝と夜に水を変えてあげてください。」と教えてもらったことがあります。お水が濁ってくると、バクテリアが発生して、バラの水を吸う力が弱まってしまうそうです。朝起きたら、水を替えて。夜自宅に戻ったら、水を替えて。器をすすいで水をかえるのは、やってしまえば一瞬のこと。日常のサイクルに組み込んで、こまめに意識して取り替えてあげてください。

バラ

また、この時に市販の栄養剤を使ってあげると、より新鮮で長持ちでいられます。色んな花に適応できるので、お花を飾る際には、合わせて手にしてみてください。

【ポイント2】こまめに切り戻しを!

バラ

茎の切り口を2、3センチ短く切り戻すと、バラの水を吸う力を保つことができます。勤めていた花屋では、毎日水換えをしてその度に茎を切り、その長さに合った器に活け直していました。その際に茶色くなった部分もはがしてあげると、バラも装いも新たにちょっと嬉しそうです。

【ポイント3】置く場所は玄関がベスト!

バラ

寒い冬は、バラが長持ちする季節とよく言われますが、盲点なのは冬の暖房です。リビングルームは過ごす時間が長くて、その分部屋も暖まっていることが多いので、比較的涼しい玄関近くに飾るがオススメです。疲れて帰宅した際に、みずみずしいバラが出迎えてくれるのも、なんだか嬉しいものです。

1年頑張った自分へのご褒美にもバラを飾ってみては?

バラ

バラはあまり日持ちしないと思われがちですが、ちょっとした工夫で意外と長く飾って楽しめるものです。1年頑張ったご褒美にもぴったりのお花ですので、ぜひこの季節にお気に入りの色のバラを見つけてみてください。私がプロデュースを手がける〈世界の花屋〉でも、ケニアのソジャンミ農園からきたとても美しくユニークなバラをご紹介しています。農家さんの笑顔にも癒されますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

☆前回の記事はコチラから
☆連載

前田 有紀
前田 有紀 / フラワーアーティスト

「10年間のアナウンサー生活のあとイギリス留学を経てフラワーアーティストとして独立。パーティーやウェディングなどの空間装飾のほか、移動花屋のオリジナルブランド〈gui〉」を立ち上げる。」

前田 有紀さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る