安原さん連載 36回
2021.10.25 — Page 2/2

第36回 Hanakoスイーツ調査隊 今年の秋は芋で決まり!和スイーツ研究家が厳選する「芋スイーツ」3選

2.天ぷら専門店が手がける絶品芋スイーツ〈Tempura Motoyoshi いも〉@代官山

「塩そふと丸十」
「塩そふと丸十」
「名残り丸十」
「名残り丸十」
「塩そふと丸十」
「名残り丸十」

南青山の天ぷら専門店〈天ぷら元吉〉がテイクアウト店として代官山にオープンさせた芋スイーツ専門〈Tempura Motoyoshi いも〉。本店と同じ油を使って1時間以上じっくりと火入れしたさつま芋に塩ソフトクリームを合わせた「塩そふと丸十」は、揚げたてのお芋の天ぷらと冷たいソフトクリームの相性が抜群!少量のお塩が味を引き締めてくれるので、お芋の天ぷらの旨味がより増してとっても美味なのです。
また、とにかくお芋のおいしさを存分に楽しみたい方は、シンプルな「名残り丸十」がおすすめ。私は天ぷらの中でも断然さつまいもの天ぷらが1番好きなのですが、これは予想を超えるおいしさでした!お芋の天ぷらがお好きなかたはぜひチェックしてくださいね。

〈Tempura Motoyoshi いも〉
■東京都渋谷区代官山町20-6
■03-6455-2240

3.作りたて芋モンブランの専門店〈いもこ〉@自由が丘

「おいものモンブラン」
「おいものモンブラン」
安原さん連載 36回
安原さん連載 36回
安原さん連載 36回
「おいものモンブラン」
安原さん連載 36回
安原さん連載 36回
安原さん連載 36回

2020年11月に東京・自由が丘にオープンした〈いもこ〉は、“年中食べられるさつまいも”をコンセプトに、全国から厳選したさつまいもを使ったスイーツを提供するさつまいもスイーツの専門店。看板メニューは、口の中でとろける極細のつまいもペーストと、濃厚なカスタードクリームブリュレを合わせた「おいものモンブラン」。季節に応じてさつまいもの品種が変わるのが特徴で、現在は石川県産「五郎島金時」、鹿児島県産「安納芋」「綾紫芋」の3種類。上品な甘さでほくほく食感が楽しめる五郎島金時、糖度が高くねっとりとした食感の安納芋、鮮やかな濃紫色で軽い口当たりの綾紫芋。お芋の種類によって風味が全く異なるので、食べくらべするのもおすすめです。個人的には甘みの強い「安納芋」が好みですが、あっさりとした味わいがお好みの方は「五郎島金時」「綾紫芋」がおすすめ。

〈いもこ〉
■東京都目黒区自由が丘2丁目13-7
■03-6421-3377

次回もお楽しみに〜!

安原 伶香
安原 伶香 / 和スイーツ研究家

「江戸中期創業の和菓子店〈大三萬年堂〉十三代目で和スイーツプロデューサーとしても活動中。和スイーツを中心に美味しいスイーツをご紹介します!」

安原 伶香さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る