福本さん連載 第92回
2022.07.22 — Page 1/2

第92回 Hanako週末美容 夏のベタベタをさっぱり&香りの力でリラックス!優秀ナチュラル系ボディソープ3選

こんにちは。毎日、暑い日が続いていますね。1日に何度かシャワーを浴びたくなるくらい、首元や背中などの汗が気になる季節です。ベタベタするのは嫌だけど、これを機にボディソープにとことんこだわってみませんか?

オーガニックやナチュラル系のコスメは、植物から生まれる精油を使い、さっぱりするケアが得意。肌をしっとりと保湿しながら洗うのに加えて、香りの力で清涼感やリラックスを味わえます。バスルームには3〜5本ほどのソープを常備(ありすぎ笑)している私ですが、この時期のスタメンはこちらの3本。

左から〈ママバター〉の「ボディソープ ミント&カモミールの香り」、〈DAMDAM〉の「ボディウォッシュ 紫蘇」、〈THE PUBLIC ORGANIC〉の「スーパーバウンシーボディソープ」
左から〈ママバター〉の「ボディソープ ミント&カモミールの香り」、〈DAMDAM〉の「ボディウォッシュ 紫蘇」、〈THE PUBLIC ORGANIC〉の「スーパーバウンシーボディソープ」

まずは、〈ママバター〉の「ボディソープ ミント&カモミールの香り」。夏といえば清涼感のあるミント!ス〜ッとひんやり感を与えてくれるので体のほてりが気になる日にぴったり。保湿効果も高い植物・シアバターが主成分としてたくさん入っているので、家族で使うのにもおすすめです。400mlで1,210円というコスパの良さも魅力。泡立ちも満足感があります。
〈DAMDAM〉の「ボディウォッシュ 紫蘇」は、ありそうでなかった紫蘇の香りのボディソープ!食事ではよく使われる紫蘇ですが、コスメでは見落としがちな和の植物だったよなぁと思い直しました。夏のだるさやエアコン疲れで重くなりがちな時にも紫蘇の香りがハッと目を覚まさせます。なんといってもパッケージにセンスを感じますよね。ギフトにもおすすめな300ml・2,970円の価格設定。
最後は、〈THE PUBLIC ORGANIC〉の「スーパーバウンシーボディソープ」。ビタミンDが形成されるなど、ポジティブなイメージのある日光ですが、実は当たりすぎると結構疲れちゃいますよね。夏はこの“陽に当たった疲れ”も陽の力が静まる夜に、自然とケアしたくなります。このボディソープは、なんと免疫力を上げる香りのブレンド。個人的には夏の疲れを感じた時に使いたくなる一品。香りをちゃんと嗅いでいると、じわじわと体の内側からエネルギーが湧いてくるような感覚に。テンションを上げすぎず、下げすぎないまま疲れを和らげてくれる感じです。爽やかさと華やかさが程よくミックスされ、男性にもおすすめ。

ボディソープ、って日常の中ではいつも使うものとして見落としがちなアイテムかも知れませんが、ちょっといいものを使うと結構毎日が楽しくなります。また、嗅覚をちゃんと使うことで体が元気を取り戻すというか、ちょっと自分の感覚に敏感になるマインドフルネス要素が個人的にはあるのでは?と感じています。コスメの香りに敏感になってくると、食事の時も「香り」や「匂い」に敏感になってごはんがおいしく感じられることもあるかも?身近な香りをぜひ見直してみてください。

福本 敦子
福本 敦子 / PR・美容コラムニスト

「Cosme Kitchen PR を経て2018年より、コスメ、ナチュラルフードなどのPR、雑 誌やWEBでの美容コラム執筆などマルチに活躍中。モデルやエディターからの支持も厚い。 Instagram:@uoza_26、YouTube:https://bit.ly/39StGsx、Podcast「福本敦子のきくこすめ」:https://apple.co/3inQPpC

福本 敦子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る