borujuku column03
2021.10.17

第3回 毎月テーマに合わせたスイーツを”推しコメ”と共に紹介! ぼる塾 田辺さんが大好きな大福たち。/ぼる塾・田辺智加のスイーツ”推しエントリー”

いま最も注⽬と信頼を集めるスイーツラヴァーであり芸人の、ぼる塾・⽥辺智加さん。そんな田辺さんに、スイーツトレンドを発信してきた『Hanako』が、毎月様々なテーマに合わせたおすすめスイーツを送付!それを田辺さんがすべて実食して、推しコメント(略して「推しコメ」)と共に紹介していく本連載。今回は10月18日に発売される田辺さんの著書「あんた、食べてみな! ぼる塾 田辺のスイーツ天国」から3タイプの大福をセレクト!

【推しコメ】昔ながらの手作り豆大福。 次々食べられます。/〈伊勢屋〉の豆大福

伊勢屋 豆大福

茅場町で営まれている、こぢんまりとした 和菓子屋さん。この場所で大正 年から続け られています。実はここは高校の同級生のご 実家。私は昔からSNSに食べ物ばかり載せ ていたんですが、高校の同級生から「うちの 和菓子もおいしいよ」ってメッセージがあっ て。高校時代はその子のお家が和菓子屋さん だとは知らなかったのですが、豆大福が大好 きな私にとって、このお店を知れたのは本当 にうれしいこと。赤えんどう豆がしっかりしていて、めちゃくちゃおいしい!

お取り寄せ:×
価格:110円
店舗情報:東京都中央区日本橋茅場町3-3-5
TEL:03-3666-6013

【推しコメ】食べてる時に、口の周りに 粉がつくのもまた幸せ。/〈竹隆庵岡埜〉のこごめ大福

竹隆庵岡埜 こごめ大福

もち米とうるち米を混ぜて作る“こごめ餅” に餡を入れたもの。江戸の時代に、本店のあ る根岸で作られたといいます。 酒寄さんから「とにかくおいしいから食べ てほしい」って勧められて、草餅と白餅を両 方買ったんです。そしたらどっちもおいしすぎて、買うときは絶対セットですね。大福に 粒感が残っているのがおいしいし、焼き目がまた良い。

お取り寄せ:×
価格:竹籠6個入2,650円
店舗情報:本店 東京都台東区根岸4-7-2
http://www.chikuryuan-okano.com/
TEL:03-3873-4617

【推しコメ】和と洋のコラボにびっくり。/〈 赤坂青野〉のらむれーずん大福

赤坂青野 らむれーずん大福

和と洋のコラボっていろいろあると思うんですが、ラムレーズンと大福って……。この組み合わせは今までになかったですね。一見豆大福のようですが、表面の求肥に混 ざっているのも、中の白餡に入っているのも、香り豊か なラムレーズン。秋冬にメインで売られるものだけど、私が訪れたのは夏。奇跡的に買えたんです。出会えてよかった!

お取り寄せ:×
価格:270円
店舗情報:赤坂本店 東京都港区赤坂7-11-9
https://akasaka-aono.com/
TEL:03-3585-0002

田辺さん初めての著書が10月18日に発売決定!


芸能界のスイーツ女王こと、ぼる塾・田辺さんがずっと秘密にしてきた”推し”の92品を大公開。ネットやSNSの評判を鵜呑みにせず、有名店、老舗からデパ地下、コンビニまで古今東西のスイーツに奔走し続ける田辺さんの初にして集大成のガイドブックが完成しました。
購入予約可能な書籍紹介ページはこちらから

★こちらもチェック!
「ぼる塾が行く! 福島の桃体験ツアー」の様子はこちらから

特別に少しだけ立ち読み!

田辺さん 1件ページ
田辺さん 2件ページ

photo:Keiko Nakajima text:Kahoko Nishimura

田辺 智加
田辺 智加 / ぼる塾

「千葉県出身。お笑いカルテット・ぼる塾のメンバー。」

田辺 智加さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る