菅原さん連載 第12回
2021.02.25

第12回 Hanako女子のお悩みをズバッと解決! 「法律事務所ってどんな雰囲気?」番外編!そうこ先生の一口メモ。〜食いしん坊弁護士、そうこ先生のお悩み相談室〜

弁護士・菅原草子が、愛してやまない食の話とお役立ち法律情報、Hanako読者からきたお悩みを解決する連載。第12回は番外編!みなさんが気になる、法律相談所についての気になる疑問について紹介します。

半年に1回やってくる(ことにした)番外編。2回目は、よくみなさんからいただく「実際の法律事務所ってどんな雰囲気?」「気軽に相談は行けるものなの?」といった、聞きたいけど聞きにくい疑問に答えるべく、私の働いている事務所を紹介します。それでは、疑似法律相談ツアーをどうぞ!

【疑問1】困っていることがあるけど、相談していいのかわからない…。まず何から始めればいいの?

カチッと弁護士バージョン。その日の仕事内容に合わせて服装も考えます。
カチッと弁護士バージョン。その日の仕事内容に合わせて服装も考えます。

多くの法律事務所では、ホームページに電話もしくはメールの相談窓口が記載されています。どのような内容に強い事務所であるかも記載されていたりするので、ここだ!と思ったところに連絡をして相談内容を伝えてみましょう。私の事務所では、内容を踏まえて、マッチする弁護士との相談日程を設定します。飛び入りでピンポーンしてその場で相談することはなかなか難しいので、必ず事前予約を。来所いただくか、Zoomや電話などニーズに応じてお話します。最近はLINEやアプリなどを使って相談ができるケースもあるみたいです。

【疑問2】来所当日はどのような準備が必要なの?

事務所の入口です。ドラマや映画の監修も行うためポスターがたくさん。
事務所の入口です。ドラマや映画の監修も行うためポスターがたくさん。
会議室にご案内します。こちらにどうぞ。
会議室にご案内します。こちらにどうぞ。
最近はコロナ対策のためパーテーションを設置。
最近はコロナ対策のためパーテーションを設置。
大事なお話は対面しながら、しっかりメモも取ってお聞きします。
大事なお話は対面しながら、しっかりメモも取ってお聞きします。
企業の新事業の相談や雑談も含め、ざっくばらんにお話することも。
企業の新事業の相談や雑談も含め、ざっくばらんにお話することも。
事務所の入口です。ドラマや映画の監修も行うためポスターがたくさん。
会議室にご案内します。こちらにどうぞ。
最近はコロナ対策のためパーテーションを設置。
大事なお話は対面しながら、しっかりメモも取ってお聞きします。
企業の新事業の相談や雑談も含め、ざっくばらんにお話することも。

相談時間は1時間など決まっている場合が多いので、話したいことは整理してメモにまとめておくのがおすすめ。証拠となりそうなスクショなども持参すると◎。弁護士には守秘義務があるので、嘘や隠し事はなしで、なんでも相談してもらえたらうれしいです!心を開いてもらえた方がより的確なアドバイスができます。ちなみに、男性弁護士か女性弁護士で話しやすい方の希望があれば対応できることもあるため、予約時に伝えてみてくださいね。
当日の服装も気になるところですが、何でもOKだと思っています!私のところにも、スーツなどお仕事着の方もいれば、アイドルやバンドマンみたいな方、キラキラのマダム、スウェットにデニムの若者など、さまざまな方がご相談に来られます。ただ事務所によってはカチッとした雰囲気のところもあるので、仕事相手に会うような場面を考えてもらえれば無難かもしれません。

【疑問3】相談料はいくら?

これ、いちばん気になりますよね(笑)。結論としては、事務所や相談内容によって異なります。初回相談が無料のところもありますが、相場は1時間1万円ほど。スペシャルな事務所や有名弁護士の場合は、内容も専門的知識になったりするので、1時間3万円~のことも。個々のニーズにあわせて、費用を抑えるか、スペシャリストからのアドバイスを受けたいと思うか、選んでみてください。

【疑問4】相談に行ったら必ず契約しなければいけないの?

そんなことはありません!1回の相談で問題が解決したら、よかったよかった、ということで一件落着。個人的にはその場で悩みが解決したり、その後何をするべきか明確になることで、気持ちが楽になる方が1人でも多くなればいいなと思っています。

【おまけ】事務所の裏側ではどんな雰囲気で働いているの?私語厳禁?

マイデスクです。四六時中PCを使うので、ブルーライトカット眼鏡を常備。
マイデスクです。四六時中PCを使うので、ブルーライトカット眼鏡を常備。
結構激しめなバンドの音楽を聴きながら、書面を作っています(笑)。
結構激しめなバンドの音楽を聴きながら、書面を作っています(笑)。
マイデスクです。四六時中PCを使うので、ブルーライトカット眼鏡を常備。
結構激しめなバンドの音楽を聴きながら、書面を作っています(笑)。

初公開の執務スペース(個人情報があるのでボカしていますが)。これまた事務所によりますが、私の勤めている事務所では学校の給食のときみたいに、4人くらいずつで机をくっつけて向かい合っています。パーテーションで個人スペースが確保されている事務所も多いですが、うちは何の壁もなくて四六時中丸見え(笑)。最初は気になりましたが、誰とでもすぐに話しができるフランクな感じです。プライベートの話だったり、よく談笑しています。
私のデスクにはささやかな癒しグッズが。チョコと納豆は必須のお菓子です(デスクの引き出し最上段はお菓子専用スペースも)。あとはイヤホンといいにおいのハンドクリーム、AKI ISHIBASHIさんのイラストのカレンダー!

以上。見た目はゆるめ(根っこはかため)の弁護士もおりますので、お困りの際は、友人に愚痴を言う感覚で気軽に来てみてもらえたらうれしいです。

菅原 草子
菅原 草子 / 弁護士

「仙台で生まれ、都内に生息。町の何でも相談屋さんを目指している。農学部卒という異色の経歴から、食品商社の取締役という一面も。趣味はビール片手に美味しいごはんを食べること。海外旅行も好きで、20か国以上を旅する。Instagram:@sooco_s328

菅原 草子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る