TOP17_秘密の台湾_5U1A7033
2022.07.16

秘密の台湾【REPORT #17】 【台北】雑貨とパン、カフェが同居する〈穀嶼〉へ。

台湾で外国の雰囲気が漂う場所といえば天母。そこに誕生した、〈穀嶼〉(グーユー)は、わざわざ行きたいパン屋さんです。本誌連載『秘密の台湾』よりお届け。

17_秘密の台湾_5U1A7006

台北の郊外にある天母はアメリカ軍が 駐在した影響もあり、外国の香りがする街として親しまれているエリアだ。日本人にも知られる〈士林夜市〉もあるが、 観光スポットというよりも外国人の生活圏という印象がある。

映画『かもめ食堂』で登場したシナモンロールは、一度食べたかったと憧れる人が多い。160元。
映画『かもめ食堂』で登場したシナモンロールは、一度食べたかったと憧れる人が多い。160元。
カフェと雑貨店を併設。雑貨コーナーがあるパン屋さんはさすがにめずらしい。器などの生活雑貨が並ぶ。
カフェと雑貨店を併設。雑貨コーナーがあるパン屋さんはさすがにめずらしい。器などの生活雑貨が並ぶ。
映画『かもめ食堂』で登場したシナモンロールは、一度食べたかったと憧れる人が多い。160元。
カフェと雑貨店を併設。雑貨コーナーがあるパン屋さんはさすがにめずらしい。器などの生活雑貨が並ぶ。

その天母で雑貨店が併設されたパン屋さん〈穀嶼〉がオープンし、近くのお気 に入りの店で買い物を済ませがちな台湾人が、わざわざ地下鉄に乗って買いに来るほどだと話題だ。雑貨店で買い物を楽しんだり、カフェでお茶を飲んだり、のんびりと過ごせるように工夫されている店内。特に「文青」と呼ばれる、日本カルチャーが好きな人たちの間でSNSで の発信が相次いだことからも評判が広がった。今では子供連れのママの姿も多い。

人気商品のシナモンロール(上)、バターロール(左)、そしてあんぱん(右)。イートインも可能。
人気商品のシナモンロール(上)、バターロール(左)、そしてあんぱん(右)。イートインも可能。
あんぱん50元は日本のものより甘さが抑えめ。台湾紅茶80元との相性もぴったり。
あんぱん50元は日本のものより甘さが抑えめ。台湾紅茶80元との相性もぴったり。
人気商品のシナモンロール(上)、バターロール(左)、そしてあんぱん(右)。イートインも可能。
あんぱん50元は日本のものより甘さが抑えめ。台湾紅茶80元との相性もぴったり。

オーナーは翠文(スイウェン)さんと阿保(ホー)くんの二人。 二人はパンが大好きで、パン関係の本を読んで独学し、オープンにこぎつけた。「パンの素材は安全なものを使うように しました」と二人。一番人気の「塩パン」は低温発酵の製法によって、粉本来の甘味が増したパン。じっくりと発酵させたパン生地は、焼き上がりの味わいが濃くなる。一度食べるとそのおいしさに驚く人もいるほどだ。低温発酵は、台湾のパン業界でも注目の製法。仕込みに時間がかかるが、週3日と営業日を絞って、おいしいパン作りに打ち込む日々だ。

〈穀嶼─麵包・咖啡・雜貨〉/台北

17_秘密の台湾_5U1A6874

オーナーがセレクトした雑貨や日用品が並んでいる、新しいタイプのパン屋さん。
■台北市士林區中山北路六段157巷12號
■02-2838-2810
■11:00〜17:00 不定休(Facebookにて告知)
■店内2席、テラス2席

Navigator…chunhui Wang(チュン・ワン)

Hanako Taiwan の編集部員。ユーチューバーとしても活躍。昨年は台湾で「台湾YouTube新人賞」を受賞。

※1元は約4円(2022年4月現在)

(Hanako1208号掲載/photo:Jimmy Yang text:Chunhui Wang coordination:ChenTsuiwen produce:Hanako.taiwan)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る