モチモチなパンが大人気の台湾でも、ハード系を出す店もある。〈Boulangerie Ours〉は酸味を減らして台湾人の好みに寄り添っている。
2022.04.20

第16回 秘密の台湾【REPORT #16】 台北で注目のベーカリーといえば〈Boulangerie Ours〉。

ここ台湾でもパンブームが起きています。食パンも日本同様に大人気!行列ができる店も。おうち時間では、パンの温かみに癒されました。本誌連載『秘密の台湾』よりお届け。
60種類を並べるパンケースもインテリアの一部に。売り切れてしまうので、電話予約がおすすめ。
60種類を並べるパンケースもインテリアの一部に。売り切れてしまうので、電話予約がおすすめ。
シナモンロールクロワッサン、チョコレートクロワッサン各80元(約320円)。甘いパンも充実。
シナモンロールクロワッサン、チョコレートクロワッサン各80元(約320円)。甘いパンも充実。
60種類を並べるパンケースもインテリアの一部に。売り切れてしまうので、電話予約がおすすめ。
シナモンロールクロワッサン、チョコレートクロワッサン各80元(約320円)。甘いパンも充実。

〈Boulangerie Ours〉の木製のドアを開けると、ふんわりとパンの香りが出迎えてくれる。シンプルなデザインの店内に置かれた大きなパンのケースには、クロワッサン、デニッシュなど60種類のパンがディスプレイされていて存在感を放つ。思わず足を止めたくなる眺めで、どれを買おうか迷ってしまう。

モチモチなパンが大人気の台湾でも、ハード系を出す店もある。〈Boulangerie Ours〉は酸味を減らして台湾人の好みに寄り添っている。
モチモチなパンが大人気の台湾でも、ハード系を出す店もある。〈Boulangerie Ours〉は酸味を減らして台湾人の好みに寄り添っている。

〈Boulangerie Ours〉はフランスのル・コルドン・ブルーで学んだサニーさんとサンフランシスコでサワードゥブレッドを研究したベアさんの2人がオープンしたお店。海外で出会ったパンの味を台湾で再現している。ちょっぴり酸味のある赤いグアバを使った「レッドハート」パンや、ドライいちじくを入れた「サワードゥ」が人気商品だ。

甘い系、食事パンもヨーロッパ風にアレンジ
甘い系、食事パンもヨーロッパ風にアレンジ
きのことスクランブルエッグのチャパタ150元(約600円)。外はサクサクで中はしっとりの食感。
きのことスクランブルエッグのチャパタ150元(約600円)。外はサクサクで中はしっとりの食感。
甘い系、食事パンもヨーロッパ風にアレンジ
きのことスクランブルエッグのチャパタ150元(約600円)。外はサクサクで中はしっとりの食感。

台湾でも最近では田舎パンなどのハード系のパンが売られるようになっている。サワードゥは米国西海岸で広まった食事パン。サニーさんとベアさんは天然酵母の生地の酸味を減らす工夫をして、甘味を感じるようなパンを作っている。台湾人が大好きな「モチモチ」とした食感も忘れていない。時間があれば、イートインでオリジナルサンドイッチを楽しむのがおすすめ。しばらく海外に行けないけれど、パンが小さな旅に連れていってくれる。

〈Boulangerie Ours〉

〈Boulangerie Ours〉

台北の中心、四維南路にお店がある。温かいサンドイッチなどのテイクアウトも可能。
■台北市大安區四維路375-3號
■02-2707-5033
■11:00~18:00 水休
■10席

Navigator…Chunhui Wang(チュン・ワン)

Hanako Taiwanの編集部員。仕事以外でも台湾の屋台に繰り出したり、新しいことを求めて街に出かけている。

(Hanako1207号掲載/photo : Jimmy Yang text : Chunhui Wang coordination : Chen Tsuiwen produce : Hanako.taiwan)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る