あつあつのビーフンスープは澄んだ香りがする。1杯たったの30元(約120円)!
2022.02.04

秘密の台湾【REPORT #14】 【台北】伝統市場で見つけた、この道46年の味。〈羅媽媽米粉湯(ルーママミーファンタン)〉

台湾の暮らしを見てみたいなら、伝統市場に行こう。台北の中心地にある東門市場内の〈羅媽媽米粉湯〉秘伝のビーフンスープは台北必食のメニューの一つだ。本誌連載『秘密の台湾』よりお届け。

今年90歳になる羅媽媽さん。お客さんの口にあうか味付けにも注意する日々。元気いっぱいだ。
今年90歳になる羅媽媽さん。お客さんの口にあうか味付けにも注意する日々。元気いっぱいだ。

味にうるさい台北人でも、台北でおいしいものは?との問いに「東門市場の〈羅媽媽〉のビーフンスープが台北のごちそう」と答える人は多いだろう。創業者である羅媽媽さんは今年90歳。経営は孫に任せているが、体が許す限り厨房に立つ。

あつあつのビーフンスープは澄んだ香りがする。1杯たったの30元(約120円)!
あつあつのビーフンスープは澄んだ香りがする。1杯たったの30元(約120円)!
モツ煮込みは台湾の伝統料理
モツ煮込みは台湾の伝統料理
あつあつのビーフンスープは澄んだ香りがする。1杯たったの30元(約120円)!
モツ煮込みは台湾の伝統料理

「シンプルなメニューだけではお客さんが飽きるのでは?」と心配で、豊富なメニューを用意する。一方、常連さんのお目当てはビーフンスープ。皆、ビーフンを食べて、羅さんとひとしきり世間話ができれば満足なのだ。彼女の出身は台湾でビーフンが有名な新竹県。漢方薬局を営む兄を訪ねて台北に行った時、隣の店が閉店していたことがきっかけとなり、「その店を改装してビーフンのお店を始めたの。あれからもう46年が経ったのね」と羅さん。

ビーフンスープ30元、茹で豚120元、油揚げ30元。お好みで醤油、ラー油、胡椒などをかける。
ビーフンスープ30元、茹で豚120元、油揚げ30元。お好みで醤油、ラー油、胡椒などをかける。
にぎわいのある店先。46年の歴史がある台湾料理店はいつでもやさしくお客さんを迎える。
にぎわいのある店先。46年の歴史がある台湾料理店はいつでもやさしくお客さんを迎える。
ビーフンスープ30元、茹で豚120元、油揚げ30元。お好みで醤油、ラー油、胡椒などをかける。
にぎわいのある店先。46年の歴史がある台湾料理店はいつでもやさしくお客さんを迎える。

ビーフンスープのほかに、豚の内臓、油揚げなどの小皿料理もある。「豚の内臓はとにかく下処理が大切。きれいに洗っておくことが重要です」。そんな彼女の説明を聞いているだけで、もうお腹が空いてくる。まずはクリアな豚のだしのあつあつスープにビーフンをくぐらせてお椀に盛る。次に刻んで油を絡ませた香ネギをぱっとかければ出来上がり。ふわっとした香ばしさと豊かなスープの香りが店に広がる。羅媽媽さんのスープは台北一のご馳走だ。

〈羅媽媽米粉湯(ルーママミーファンタン)〉/信義路

〈羅媽媽米粉湯(ルーママミーファンタン)〉/信義路

食品から日用雑貨まで、東門市場には台北の暮らしの必需品がそろっている。地下鉄の東門が最寄駅。
■台北市中正區信義路二段81號
■02-2351-3352
■7:00~15:00 無休
■40席

Navigator…Janet Yin(ジャネット・イン)

Hanako Taiwanの編集者。おいしいものに目がない。台北人だからこそ知るおすすめスポットをご案内。

(Hanako1205号掲載/photo : Jimmy Yang text : Janet Yincoordination : Chen Tsuiwen produce : Hanako.taiwan)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る