黒糖の甘味とピーナツ粉の香ばしさが特徴。トッピングをシロップに混ぜると、しっとりとした食感に。
2021.10.11

第10回 秘密の台湾【REPORT #10】 【台北】一口食べたらハマる!素材にこだわった究極の豆花店〈白水豆花 台北永康〉へ。

秋でも暑さが続く台湾。そんな時には豆花がぴったり。台北で豆花を食べるなら、永康街へ向かってみよう。山の雪解け水を使った昔ながらの製法に出会えます。本誌連載『秘密の台湾』よりお届け。
麦芽糖、とうきょう豆花70元。桃の木の樹皮(とうきょう)を加えたシロップは植物性コラーゲンが豊富。
麦芽糖、とうきょう豆花70元。桃の木の樹皮(とうきょう)を加えたシロップは植物性コラーゲンが豊富。

〈鼎泰豊〉の本店があることで知られる永康街。小さな飲食店が立ち並ぶ通りはいつも散策する人でにぎわう。中でも注目は、緑に囲まれた店先の豆花屋さん。〈白水豆花〉の店名は、宜蘭の雪山から解け出した水と、台湾の海洋深層水を使った豆花にちなんだもの。白は雪山からの湧き水を表したものだそうだ。桶が並ぶ屋台の奥に客席が用意されていて、歩き疲れた旅行者が涼をとるにも最適だ。

器は簡単な紙やプラスティックが多い中、黒い陶器で一杯ずつサービスしてくれる丁寧さ。
器は簡単な紙やプラスティックが多い中、黒い陶器で一杯ずつサービスしてくれる丁寧さ。

緑豆や白いんげんといった数多くのトッピングを指定して、注文することが多い豆花。初心者にはちょっと複雑に思えてしまう注文方法も、ここではメニューは「麦芽糖とピーナツ粉」「麦芽糖ととうきょう」の2種だけ。その味に全てを注いでいるという印象だ。黒い器に豆花、シロップ、ピーナツ粉と味を重ねた一皿が運ばれてきた。まずは、豆花そのものの味を一口、そして、豆花にシロップをつけて味わって、最後にカリカリのピーナツ粉を試してみる。そんなふうに何通りもの味を楽しめる。

黒糖の甘味とピーナツ粉の香ばしさが特徴。トッピングをシロップに混ぜると、しっとりとした食感に。
黒糖の甘味とピーナツ粉の香ばしさが特徴。トッピングをシロップに混ぜると、しっとりとした食感に。
天然水を使い、自然の塩を入れて固める昔ながらの製法にこだわった豆花。シンプルだが印象的な味わい。
天然水を使い、自然の塩を入れて固める昔ながらの製法にこだわった豆花。シンプルだが印象的な味わい。
黒糖の甘味とピーナツ粉の香ばしさが特徴。トッピングをシロップに混ぜると、しっとりとした食感に。
天然水を使い、自然の塩を入れて固める昔ながらの製法にこだわった豆花。シンプルだが印象的な味わい。

雪山の水を使用するなど厳選した素材で作られ、一杯の中にいくつもの味が重ねられている、2種の豆花。シンプルな食べ物だけど、〈白水豆花〉は奥の深さを感じさせる。一口食べたら、この斬新的な豆花にハマる人が続出するのも納得だ。

〈白水豆花 台北永康(バイスイドウファ タイペイヨンカン)〉/永康街

478A8283

本店は宜蘭(イーラン)にあり、2019年に台北に進出するや人気店に。注文を受けてから皿に盛り付け。
■台北市大安區永康街31巷9號1樓
■02-2392-6707
■14:00~21:00 水木休
■8席

Navigator…chun wang(チュン・ワン)

Hanako Taiwanの編集部員。仕事以外でも台湾の屋台に繰り出したり、新しいことを求めて街に出かけている。

(Hanako1201号掲載/photo : Jimmy Yang text : Laney Chang coordination : Chen Tsuiwen translation & produce : Hanako.taiwan)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る