アップリケや刺し子など、簡単な修繕でもぐっと個性的に。
2021.11.27

第135回 直して着る、を考える。 お気に入りの服を長く着て衣料ロスを救う!お直ししてくれるブランドもご紹介。

衣料ロスが深刻な問題となっている今、服は使い捨てず着回す時代に。ほつれや汚れを直したり、新たな気持ちで着られるようにリメイクしてみたり。大切に使い続けることが、未来の環境を守るための大切なアクションに。今回は、各ブランドの取り組みをご紹介します。

1.〈ReMUJI〉染色、洗い直し、加工を施して新たな価値を持つ服に。

ほつれがある服を繋ぎ合わせた「つながる服」各3,990円。「パッチワークによって新しい表情が生まれます」
ほつれがある服を繋ぎ合わせた「つながる服」各3,990円。「パッチワークによって新しい表情が生まれます」

回収した自社の衣類や布製品の中から「まだ着られる服」を厳選して染め直し、再生させるプロジェクト。この秋リニューアルした〈MUJI 新宿〉には、最大規模の「ReMUJI」スペースが登場。藍色や淡色、墨黒と染めの色数が増えたほか、今まで素材や色などの面から染められなかった衣類を洗い直し、古着として販売するように。さらに、ほつれがある衣服にパッチワークなどを施し再商品化するなど、プロダクトもデザインもさらに多彩に。

「ReMUJI」の商品は、〈MUJI 新宿〉を含め、国内13店舗で常設展開。東京都内の各店に衣料品回収ボックスを設置している。
「ReMUJI」の商品は、〈MUJI 新宿〉を含め、国内13店舗で常設展開。東京都内の各店に衣料品回収ボックスを設置している。
「洗いなおした服」各990円。
「洗いなおした服」各990円。
「ReMUJI」の商品は、〈MUJI 新宿〉を含め、国内13店舗で常設展開。東京都内の各店に衣料品回収ボックスを設置している。
「洗いなおした服」各990円。

〈ReMUJI〉
■東京都新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリーB1~2F
■03-5367-2710
■11:00~21:00 不定休

2.〈Mend It Mine(メンド イット マイン)〉手を加えることで愛着もひとしお。メンディングで私だけの一着を。

スタッフが5~6年愛用していたブラウス。縫い目に穴が開いたので、押し花柄の布を縫いつけたそう。「自分で直したら元の服よりもっと好きになれそう!」
スタッフが5~6年愛用していたブラウス。縫い目に穴が開いたので、押し花柄の布を縫いつけたそう。「自分で直したら元の服よりもっと好きになれそう!」

メンディングとは「修繕」のこと。「Mend It Mine」は、「一人ひとりが自分らしいファッションを楽しみつつ、お気に入りの服を長く着続けてほしい」という想いをもとに、ハッシュタグ「#MendItMine」を使って、SNSでメンディングのアイデアを共有するムーブメント。汚れたり、穴が開いてしまったりした服をすぐに捨てるのではなく、自由な発想でリメイク。ちょっとしたクリエイティビティで服を救い、廃棄を避けることで社会や環境保全に貢献。同時に、服に自分だけの新しい表情が生まれる喜びも。

インスタグラム(@menditmine)で作品を募集中。
インスタグラム(@menditmine)で作品を募集中。
アップリケや刺し子など、簡単な修繕でもぐっと個性的に。
アップリケや刺し子など、簡単な修繕でもぐっと個性的に。
インスタグラム(@menditmine)で作品を募集中。
アップリケや刺し子など、簡単な修繕でもぐっと個性的に。

選びたいのは、お直ししてくれるブランド。
1.〈ネストローブ〉お直しを加えることでさらに愛着を増す一枚に。

〈ネストローブ〉
〈ネストローブ〉
〈ネストローブ〉
〈ネストローブ〉

「スローメイド」をテーマに、環境に配慮した素材選びやものづくりを行う。経年変化が楽しめる商品が多く、「できるだけ長く着てほしい」との思いから、オリジナル商品の修理を実施。ときには10年来愛用している服の修理を依頼されることも。依頼は店頭で。修理期間、価格は内容によって異なる。

2.〈モンベル〉メーカーならではの手厚いサポートがうれしい!

BEFORE
BEFORE
AFTER
AFTER
BEFORE
AFTER

衣類のみならず登山靴やテント、傘などのアウトドア用品まで様々なアイテムの修理が可能。機能を損なうことなく、蘇らせてくれる。ダウンジャケットの破れ補修で約1,500円から(破損状況によって異なる)。店頭持ち込みまたはWebから修理受付表をダウンロードし、カスタマーセンターに送付を。

3.〈ミナ ペルホネン〉修理やリメイクを経て長く愛用できる一枚に。

〈ミナ ペルホネン〉
〈ミナ ペルホネン〉
〈ミナ ペルホネン〉
〈ミナ ペルホネン〉

photo:Hua Wang

ブランド設立当初より、服を作った余り布を大切に保管。様々な修理依頼に応えてきた〈minä perhonen〉。シンプルな修繕はもちろん、デニムにモチーフを施すなど、相談者からのリクエストにも柔軟に対応。修理は店頭またはWebの問い合わせより相談。修理期間、価格は内容によって異なる。

(Hanako1202号掲載/photo : Shu Yamamoto text : Azusa Shimokawa edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る