UR
【PR】2021.10.30 — Page 2/3

第134回 多くの人の手によって、変わらない個性と新たな魅力を備えた東北で生き生きと働く、街を愛する人たちにフォーカスしました。 in TOHOKU〈UR都市機構〉が関わった10年。東北で活躍する人たち

変わらずにある気仙沼の魅力を
おいしさとデザインの力で発信。

UR

震災を経て新しいこと、やりたいことができる場に。

UR

水産加工品を製造販売する、1921年創業の〈斉吉商店〉。鼎かなえがうらヶ浦と呼ばれる気仙沼湾を望む丘の上に2018年にオープンした〈鼎・斉吉〉で、店長の斉藤啓志郎さんは魚の買い付けから板場まで任されている。
「10年前は学生だったのですが、東京で催事を手伝い、仙台に戻ってきたときに地震が起こりました」
〈斉吉商店〉は工場や店舗を失うものの、社長と専務を務める両親の言葉で、斉藤さんもすぐに前を向いた。
「良くも悪くも気仙沼の名前を多くの人に覚えてもらえたのだから、絶対に再開する。やってみたかったことを全部やろう、と言われました」
斉藤さんは調理以外に、メニューや広報用の写真撮影も担当。奥さんがデザイナーというのも頼もしい。
「ふわっとした物事を目に見える形にするのが、デザインの役割だと妻とよく話します。ずっとあった気仙沼の魅力を、少しずつ発信できるようになってきたのが嬉しいですね」

一日の始まりは魚市場から。魚の見立てはとにかく経験。

朝7時、気仙沼魚市場での仕入れの様子。水揚げされた魚を見てその日のメニューを考える、楽しくも緊張感のある時間。「季節が変わるにつれ魚が順番に『次は私です』とやって来てくれる。おいしいもののそばにいられるの
は幸せなこと。漁師さんと海に感謝です」
朝7時、気仙沼魚市場での仕入れの様子。水揚げされた魚を見てその日のメニューを考える、楽しくも緊張感のある時間。「季節が変わるにつれ魚が順番に『次は私です』とやって来てくれる。おいしいもののそばにいられるの は幸せなこと。漁師さんと海に感謝です」

気仙沼の新鮮な地魚を味わえる 〈 斉吉商店 〉直営の和食処。

3代前に建てた古民家を改装した〈鼎・斉吉〉
3代前に建てた古民家を改装した〈鼎・斉吉〉
斉吉ブランドの商品も店内で販売。
斉吉ブランドの商品も店内で販売。
斉吉の海鮮丼」2,400円。地魚を中心に日替わり
斉吉の海鮮丼」2,400円。地魚を中心に日替わり
今朝買い付けしたばかりの
ブリをさばく
今朝買い付けしたばかりの ブリをさばく
3代前に建てた古民家を改装した〈鼎・斉吉〉
斉吉ブランドの商品も店内で販売。
斉吉の海鮮丼」2,400円。地魚を中心に日替わり
今朝買い付けしたばかりの
ブリをさばく

■宮城県気仙沼市柏崎1-13
■0226-22-0572
■10:30~17:00(食事11:00~14:00、17:00~21:30 昼のコースと夜は要予約)
■火水休

気仙沼市でUR都市機構は、南気仙沼や鹿折(ししおり)地区の整備を進め、2019年に気仙沼大橋が開通。古い橋は見通しが悪く、震災時は橋を渡りきれなかった人もいたが、新しい橋はまっすぐで道幅が広がり、安全な避難が可能に。海沿いエリアへのアクセスも向上。
気仙沼市でUR都市機構は、南気仙沼や鹿折(ししおり)地区の整備を進め、2019年に気仙沼大橋が開通。古い橋は見通しが悪く、震災時は橋を渡りきれなかった人もいたが、新しい橋はまっすぐで道幅が広がり、安全な避難が可能に。海沿いエリアへのアクセスも向上。
Hanako SDGS
Hanako SDGS / Hanako編集部

「政府や企業のだけのものではなく、私たちが毎日を変えていくための課題でもSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)。Hanakoはみなさんと一緒にSDGsについて考えていくために、様々な情報を発信していきます」

Hanako SDGSさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る