銀座 ファンケル 銀座スクエア
2021.06.23

第110回 “みんなで楽しく取り組むSDGs”がテーマの期間限定イベント。 〈ファンケル 銀座スクエア〉でSDGsアイコンカラーに合わせた「17sドリンク」が登場。

「美」と「健康」の体験型複合施設〈ファンケル 銀座スクエア〉では、“みんなで楽しく取り組むSDGs”をテーマにしたイベント『ファンケル SDGs week』を7月19日(月)まで開催中です。期間中は、〈ファンケル〉の商品を使用し、SDGsの17のアイコンカラーに合わせて作られた「17sドリンク」や、食品ロス削減を叶えるヴィーガンメニューなどが登場。最近よく耳にする「SDGs」を、キレイと健康を手に入れながら学んでみませんか?

『ファンケル SDGs week』とは?

世界的に「SDGs」が掲げられる以前から、長年にわたり地球にとってより良い取り組みを続けてきた〈ファンケル〉グループ。7月19日(月)まで、そんな〈ファンケル〉と一緒に“地球の未来”を考えられるイベント『ファンケル SDGs week』が開催中です。会場は、銀座駅から徒歩1分の場所にある〈ファンケル 銀座スクエア〉。一体、どんなイベントなのでしょうか?

銀座 ファンケル 銀座スクエア

会場まで足を運んでみると、入り口の前に置いてある、カラフルなタグがたくさんかけられたツリーに目を引かれました。

「すべての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等を実現しよう」など、気になる目標を見つけてみて。
「すべての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等を実現しよう」など、気になる目標を見つけてみて。
あなたが目指すゴールをタグに書き、ツリーに飾りましょう!
あなたが目指すゴールをタグに書き、ツリーに飾りましょう!
「すべての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等を実現しよう」など、気になる目標を見つけてみて。
あなたが目指すゴールをタグに書き、ツリーに飾りましょう!

このツリーの名前は「My SDGs 宣言ツリー」。SDGsの「17の目標」が書かれた17色のカラーのタグから、自分が達成したいゴールを選び、それを枝につけることでツリーが彩られていきます。また、イベント終了後は参加数に応じた金額が、森林保全活動を行うNPO法人「森づくりフォーラム」に寄付されるそうです。

SDGsという言葉は知っていても、なかなか全部の目標は覚えていない人も多いのでは?かくいう私もその一人。ここで目標を再確認し、自分にできることを見つけてみるのもSDGsの第一歩です。難しく考えず、まずは気軽に参加してみましょう!

8階カフェでは「17sドリンク」の第一弾が登場!

ウッディな温かみを感じられる空間でほっと一息。
ウッディな温かみを感じられる空間でほっと一息。

銀座でカフェをしながらイベントに参加できるのが、8階〈ファンケル フォレストカフェ〉。こちらのカフェでは、SDGs17の目標のアイコンカラーに合わせた全17種類の「17sドリンク」を提供しています。

第一弾は、SDGs17の目標のうち、レッドオレンジの「5.ジェンダー平等を実現しよう」、マジェンタの「10.人や国の不平等をなくそう」、ライムグリーンの「15.陸の豊かさも守ろう」のアイコンカラーをイメージした3種類のドリンクです。

銀座 ファンケル 銀座スクエア

ちなみにカフェのランチョンマットでは、今まで〈ファンケル〉が取り組んできた「サステナブル活動」がイラストで紹介されています。「こんな活動をしていたんだな~」と、ひととき〈ファンケル〉の想いや地球の未来について想いを馳せることができました。

〈ファンケル〉の美容ドリンクが一瓶まるまる試せるのもうれしい!
〈ファンケル〉の美容ドリンクが一瓶まるまる試せるのもうれしい!

そうこうしているうちに、1種類目のドリンクが到着しました!こちらが「5.ジェンダー平等を実現しよう」をテーマにした「サニーレモネード」(400円)です。

はちみつ・レモンが入ったドリンクに、紫外線刺激から肌を保護するのを助ける機能を持つ、アスタキサンチンという成分が入った美容ドリンク「ホワイトフォース ドリンク」を混ぜて飲みます。紫外線が気になるこれからの季節にもぴったりですね。

「でも、オレンジ色じゃない?」と不思議に思っていたところ、スタッフさんが「ホワイトフォース ドリンクを混ぜてみてください!」と一言。言われた通り混ぜてみると…

ストローも、環境に配慮した紙ストローでした。
ストローも、環境に配慮した紙ストローでした。

一瞬で鮮やかなオレンジ色に変わりました!味わいは、元気が出るような程よい酸味、ほのかな甘みを感じるレモネード風味。暑い季節には、ごくごくと飲んでしまいたくなる爽やかさです。これで紫外線対策もできるなんて、一石二鳥ですね!

こちらの売上の一部は、「5.ジェンダー平等を実現しよう」の目標に沿い、LGBTなどの性的マイノリティとその家族などの権利を守る「認定NPO法人虹色ダイバーシティ」へと寄付されます。

肌にうれしい美容成分がたっぷり!
肌にうれしい美容成分がたっぷり!

次のドリンクは、「10.人や国の不平等をなくそう」をテーマにした「ベリービューティ&アイ」(400円)。ベリー・ザクロのドリンクに、吸収されやすいHTCフィッシュコラーゲン、美容成分イソクエルシトリンに、バラつぼみエキス、ビタミンCを組合わせた美容ドリンク「ディープチャージコラーゲンドリンク」を混ぜて飲みます。

美容成分をギュッと凝縮した夢のようなドリンクは、甘酸っぱいベリーの味わい。美容ドリンクを入れる前と後で、味わいの変化が楽しめるのも魅力です。こちらの売上の一部は、子育てについての社会問題解決を目指す「認定NPO法人フローレンス」に寄付されます。

見た目もかわいらしい2層のスムージー。
見た目もかわいらしい2層のスムージー。
つぶつぶのストロベリーの食感もたまらない!
つぶつぶのストロベリーの食感もたまらない!
見た目もかわいらしい2層のスムージー。
つぶつぶのストロベリーの食感もたまらない!

そして最後の1種類が、「15.陸の豊かさも守ろう」をテーマにした「フローズンケールスムージー」(400円)です。アップル・フローズンヨーグルト・ストロベリーのドリンクに、栄養豊富なケールなどから不足しがちな食物繊維5gと緑黄色野菜30gが補える「グリーンケールスムージー」をプラス。

さっぱりとした甘さのあるスムージーは、野菜ジュースなどが苦手な方でも飲みやすい味わいです。野菜不足を補ってくれるのはもちろん、おなかの調子も整えてくれるヘルシードリンクです。こちらの売上の一部は、「NPO法人森づくりフォーラム」へと寄付されるそう。

美味しいドリンクを飲みながら、自分もSDGsに参加できるのはうれしいですよね。夏ごろには、第2弾のドリンクも登場する予定とのことなので、お楽しみに!

地下1階の玄米イタリアンレストランにはヴィーガンメニューも。

銀座 ファンケル 銀座スクエア

イベント期間中に登場するメニューは、ドリンクだけではありません。地下1階にある玄米イタリアンレストラン〈ファンケル ブラウン ライス ミイルズ〉でも、「15.陸の豊かさも守ろう」の目標に深く関連する“ヴィーガン”のメニューを提供しています。

銀座 ファンケル 銀座スクエア

それが、こちらの「ヴィ―ガンプレートセット ソイミートハンバーグプレート~デミグラス風ソース~」(1,650円)。メインのハンバーグに動物性食品は使わず、いま話題の代替肉「大豆ミート」や、キノコなどを使用しています。

銀座 ファンケル 銀座スクエア

また、プレートに使われている野菜は、皮やヘタなど本来なら捨ててしまう部分もスープの出汁にするなど、まるごと使用。SDGs17の目標のひとつ「2.飢餓をゼロに」の達成につながる、“食品ロス”も意識されています。野菜をもりもり味わえるほか、〈ファンケル〉の「ケール青汁」を使用した青汁スムージーもついていて、栄養満点です!

銀座 ファンケル 銀座スクエア

また、セットで選べるライスまたはパンも、玄米を使用しています。私が選んだのはライス。胚芽が通常の玄米の約3倍もある特別な品種「発芽米 金のいぶき」は、もっちりとした食感と独特の香ばしさがクセになる味わいでした。ちなみに「発芽米 金のいぶき」は、〈ファンケル〉の商品の中でも特に大人気なんだそうですよ!

満足感のあるジューシーな味わい。
満足感のあるジューシーな味わい。
ハンバーグの中には、刻まれた野菜もゴロゴロ!
ハンバーグの中には、刻まれた野菜もゴロゴロ!
満足感のあるジューシーな味わい。
ハンバーグの中には、刻まれた野菜もゴロゴロ!

そして、メインのハンバーグは、本物のお肉のようなジューシーな食感が楽しめる大豆ミートと、刻んだ野菜を混ぜ込み、コクと旨味のある特製のデミグラスソースで仕上げています。本物のハンバーグを食べた気分になりながら、野菜不足を補えるなんてうれしい一皿です!

このように、『ファンケル SDGs week』では楽しみながらSDGsについて学べるコンテンツがたくさん。「SDGsは気になるけれど、何から行動すれば良いか分からない」という方、まずは〈ファンケル〉と一緒に楽しくSDGsに取り組んでみては?

〈ファンケル 銀座スクエア〉
■東京都中央区銀座5-8-16
■03-5537-0231(代表)
■11:00~20:00 (フロアにより異なります)
■無休(1月1日のみ休館)
公式サイト

稲垣恵美
稲垣恵美 / フリーライター

「北海道出身。食、お散歩、ゆるいもの、ライブなどが好きです」

稲垣恵美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る