“ヴィーガンビューティ”が進化中!美容師・中島潮里さんに聞く「環境とおしゃれの両立」
2020.11.16

第44回 未来のために身近にできること。#3 “ヴィーガンビューティ”が進化中!美容師・中島潮里さんに聞く「環境とおしゃれの両立」

自然由来の成分が材料のナチュラルコスメで環境に配慮する選択肢もあるけれど、ソフトな色合いのものだけ…。いいえ、そのイメージはひと昔前の話!今では商品のバリエーションが増え、色幅も質感もどんどん進化中。そこで「環境を考えることとおしゃれは両立できる」と話す美容師・中島潮里さんのヴィーガンビューティを拝見した。
Hanako SDGS
Hanako SDGS / Hanako編集部

「政府や企業のだけのものではなく、私たちが毎日を変えていくための課題でもSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)。Hanakoはみなさんと一緒にSDGsについて考えていくために、様々な情報を発信していきます」

Hanako SDGSさんの記事一覧 →

1.植物成分でブリーチし、〈ダヴィネス〉でヘアケア。

ヴィーガンビューティ

従来のカラー剤、ブリーチ剤は、鳥の羽根のケラチンや豚のコラーゲンが含まれているが、中島さんのサロンで使うのは植物由来の〈HUE〉の薬剤。動物実験も行われず、ツンとしたにおいもなし。「色持ちがよく、髪がしっとり。植物由来だから海水を汚染せず、排水の罪悪感がありません」。

ヴィーガンビューティ

ヘアケアは植物成分が豊富な〈ダヴィネス〉を。写真右から、カラー用など3種のタイプ別シャンプー、98%以上が植物由来の〈ダヴィネス〉のオーセンティックラインのオイルとバターを愛用。

2.動物愛護につながるヴィーガンコスメで華やぐ顔に。

ヴィーガンビューティ

「生き物が大好きなので、食事だけでなくメイクも、動物由来成分を使わず動物実験を行っていないヴィーガンコスメやナチュラルコスメでしています」。

ヴィーガンビューティ
〈オンリーミネラル〉のリップ
ヴィーガンビューティ

今日は、〈オンリーミネラル〉のリップと〈アウェイク〉のチーク&リップカラーをアイシャドウとして使い、〈トーン〉のマスカラで、オレンジ系のメイクに。ワントーンのカラーメイクは、発色の良さで印象が個性的に映るグリーン系もおすすめだとか。〈ベアミネラル〉のリップや〈トーン〉のアイシャドウもよく使うそう。

Navigator…中島潮里(なかじま・しおり)

ヴィーガンサロン〈whyte〉 トップスタイリスト。朝8時開店、ゴミ拾い活動などでも話題のサロン〈whyte〉で働く。インスタグラム(@whyte_shiori)では、ヴィーガンビューティやエコな暮らしを発信。

(Hanako1190号掲載/photo:Shinnosuke Yoshimori(model), Satoshi Kaneko, Masanori Kaneshita, Akiko Baba, Hiromi Kurokawa, Natsumi Kakuto styling:Nami Kagiyama(model)hair & make:Yumi Narai(model)model:Serena Motola foodstylng:Toshie Kikawada text:Kyoko Kashimura, Tomoko Yanagisawa, Aya Honma, Miho Arima edit:Nao Yoshida cooperation:UTUWA)

今月のスペシャル

【2020年版】おうちで楽しむクリスマス特集。限定スイーツから、ホテル発の注目オードブルまで盛り沢山!【2020年版】おうちで楽しむクリスマス特集。限定スイーツから、ホテル発の注目オードブルまで盛り沢山!
TOPに戻る