ナイガイ
【PR】2020.11.02

第32回 Hanako's Favorite ギフトにもおすすめ!老舗靴下メーカー〈ナイガイ〉が開発した「みんなのくつした」。

老舗靴下メーカー〈ナイガイ〉が新たな挑戦を始めている。その一つの商品が、「みんなのくつした」だ。誰でも履きやすくて、うれしくなる。〈ナイガイ〉の新商品「みんなのくつした」をご紹介します。(PR/ナイガイ)

ニーズを丁寧にリサーチし、進化し続ける靴下たち。

右「ゴムのないくつした」。左「ガーゼのようなやわらかフィット」各4色展開、各1,000円。
右「ゴムのないくつした」。左「ガーゼのようなやわらかフィット」各4色展開、各1,000円。

老舗靴下メーカー〈ナイガイ〉が新たな挑戦を始めている。その一つの商品が、「みんなのくつした」だ。みんなのくつしたは、ユニバーサルデザイン製品。締め感がなく、ずり下がりも防ぐ「ゴムのないくつした」ほか、全3種を展開している。

紙帯がワンハンドで取れ、すぐに履ける。ハサミなども不要。
紙帯がワンハンドで取れ、すぐに履ける。ハサミなども不要。
〈ミライロハウス TOKYO〉にて定期的に試着体験、座談会を行う。
〈ミライロハウス TOKYO〉にて定期的に試着体験、座談会を行う。
紙帯がワンハンドで取れ、すぐに履ける。ハサミなども不要。
〈ミライロハウス TOKYO〉にて定期的に試着体験、座談会を行う。

きっかけは、ユニバーサルデザインのコンサルタント〈ミライロ〉のコンセプト、「バリアバリュー(=障害を価値に変える)」に共感したこと。歩行が困難な人や妊婦さん、高齢者などにとってゴムの締めつけは想定以上に不快でつらい。視覚に難のある人でも触って分かるように、サイズの違いを編み込む...。両社協働の試着会で、利用者の声を丁寧にすくい上げている。老若男女問わないデザインと色展開も魅力。何より優しい肌触りや履き心地の良さは一度履いたらやみつきに。ギフトにもぴったりだ。

〈ナイガイ〉

今年創業100年を迎えた、靴下を中心とする衣料メーカー。「国内でも世界でも」という思いから、「ナイガイ」(=内外)という社名に。「素足以上に足どり軽くなるくつした」「一度履いたら脱ぐまで忘れるくつした」をテーマに、見た目はもちろん、触り心地、履き心地を追求したさまざまな靴下を展開する。

www.naigai.co.jp
オンラインショップはこちら
「くつしたと私。」サイトはこちら

(Hanako1190号掲載/photo : Aya Sunahara styling : Yui Otani)

Hanako SDGS
Hanako SDGS / Hanako編集部

「政府や企業のだけのものではなく、私たちが毎日を変えていくための課題でもSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)。Hanakoはみなさんと一緒にSDGsについて考えていくために、様々な情報を発信していきます」

Hanako SDGSさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る