〈ダンデライオン・チョコレート〉の「チョコレートプリン」
2021.03.02

第52回 ホワイトデーにも、自分へのご褒美にも。 〈ダンデライオン・チョコレート〉発!オンラインストア限定のチョコレートプリンをお取り寄せ。

カカオ豆からチョコレートバーになるまでの製造工程全てを行う「Bean to Bar チョコレート」を東京・蔵前から発信している、チョコレートの人気店〈ダンデライオン・チョコレート〉。今回は、チョコレート店ならではの新作プリンをお取り寄せ!チョコレート専門店が作るプリンってどんな味だろう・・・。オンラインストア限定販売のその味の魅力をレポート!

Bean to barチョコレート専門店だから作れるプリン。

08A90A11-0D44-4094-A904-272D92E6C1C8
「チョコレートプリン 5個セット」(3,780円)
「チョコレートプリン 5個セット」(3,780円)

冷蔵で配送されるオンライン限定商品のチョコレートプリンは、保存料などの添加物を一切使わず、蔵前のキッチンで焼いたその日に出荷しているという丁寧さが嬉しい。チョコレートプリンに使用したのは、〈ダンデライオン・チョコレート〉でも人気の高いチョコレートバー「ベンチェ,ベトナム 70%」。乳製品やバニラとの相性がよく、チェリーの甘酸っぱさ、まろやかなハニーキャラメル、ジンジャースナップクッキーのようなスパイス感があるカカオ豆なのだそう。

910CCCA2-E913-4773-802F-F345F18CD4C6

ひんやりした箱から取り出したガラス瓶は一つ80g、手のひらサイズで可愛らしい。保存料を使っていないため消費期限はお届け日を含めて3日と少し短め。注文したその日から、プリンのことを考えそわそわ。そんな時間も楽しみながら、受け取り日を設定しよう。

56CB453E-56AB-4F16-A91E-A136FA8B3BA2

蓋を小気味良くポンっと回し開けると、閉じ込められていた手作りの優しい甘さがふわりと香る。よく見ると、バニラビーンズの粒々がふんだんに散りばめられている。カカオの味わいをダイレクトに感じられるように、チョコレート以外の原材料は最小限に。牛乳、生クリーム、卵、きび砂糖、マダガスカル産バニラビーンズ。シンプルな素材の中で、Bean to Bar チョコレート専門店として出せる味わい作りにこだわったとのこと。

7215A7D2-6A93-4E58-8172-6E882975410F

適度に柔らかな生地は滑らかな舌触り。もっと全面にチョコレートかな?と思っていたけれど、マイルドなカカオは重すぎず、「プリン感」も残しながら存在感を放っていてとてもいいバランス。風味豊かでどこかエキゾチックなニュアンスも感じられるのは、ベトナム産カカオ豆が所以なのか、鼻腔に抜けるバニラとカカオの余韻がたまらない・・・!きび砂糖のおかげか甘ったるさもないので、甘さをリセットさせるような飲み物ではなく、ミルクティーやチャイティーなどと一緒に楽しむのがおすすめ。ああ、もう瓶の底が見えてきた・・・。

〈ダンデライオン・チョコレート〉の「チョコレートプリン」

日常のちょっとしたご褒美にも、ホワイトデーや大切な人への贈り物でも、さまざまなシーンで口福感を得ることのできる〈ダンデライオン・チョコレート〉のチョコレートプリン。公式サイトから購入できるので、気になった方はぜひチェックしてみて。

〈ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前〉
■ 東京都台東区蔵前4-14-6
■ 03-5833-7270
■ 11:00〜18:00
公式サイト

久保田 千晴
久保田 千晴 / ライター、カメラマン

「普段はIT企業の会社員。一日のほとんど、おいしいものと写真のことを考えています。趣味は、都内のホテルワーケーションと、プロジェクターで映画鑑賞。」

久保田 千晴さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る