プチ贅沢な宅飲み納豆×おつまみ。〈信濃屋〉のパテに納豆カスタム!
2021.01.28

第92回 なっとう娘の「ねばログ」 プチ贅沢な宅飲み納豆×おつまみ。〈信濃屋〉のパテに納豆カスタム!

鈴木真由子25歳。納豆が好きでライブ配信を趣味で始めたところから始まり、今の「なっとう娘」という活動を仕事にすることを決める。納豆のより幅広い楽しみ方を一人でも多くの方に届けたいという想いで始めたコラム、ぜひ覗いてみてください♪ 今回は目黒にある〈信濃屋〉のメニューを〈Uber Eats〉でデリバリーしました。
鈴木真由子
鈴木真由子 / 納豆インフルエンサー

「『納豆をもっと自由に!』をモットーに”納豆を食べることが仕事”のフリーランス。納豆に関するコラム執筆や納豆会社のSNS運用、飲食店のメニュー開発、大学機関との商品共同開発を手がける。活動の詳細はこちら。」

鈴木真由子さんの記事一覧 →

ステイホーム中のプチご褒美に。〈信濃屋〉@目黒

目黒 信濃屋

「今日はがんばったぞ!」そんな気分の日こそ、いつもは横目に見つつ入らないお店に立ち寄ってみたくなる。ちょっと散歩がてら、〈信濃屋〉でパテを購入した。

目黒 信濃屋

一緒に買ったビールとも良く合う。ここに合わせる納豆を考えるのもこれまた一興。

目黒 信濃屋
目黒 信濃屋
目黒 信濃屋
目黒 信濃屋

今回選んだのはこちらの納豆。タレ・カラシなしのストレート納豆で、パテとともに楽しむ。納豆の純粋な香りとパテの濃厚な油の甘みが絡み合うと想定した上でのチョイスだ。極小粒サイズは料理のアレンジがしやすく、主張も強すぎないことが特徴である。チャーハンにはもちろん、パスタなどに使われる王道の粒サイズ。

目黒 信濃屋

勢いよくパテに乗せ、一口ずつ食べるときに納豆もすくう。この時点で納豆の香りが充満してくる。

目黒 信濃屋

パテの脂身部分と納豆の粘りが溶ろけ合い、濃厚な口どけへと変わる。タレ・カラシなしの納豆が、パテの塩気とハーブの織りなす深い味わいを引き出してくれる。お供のビールが蒸発するように、進んでいく1品。

※納豆アレンジは筆者が独自に考案したもので、お店がおすすめしているものではありません。味についても個人の感想です。

〈信濃屋〉

■03-3493-0143
■東京都品川区上大崎2丁目21-13
■11:00〜21:00 無休
 ※変更の可能性もございますので公式ページをご確認の上ご来店ください。

【なっとう娘から一言】
YouTubeで動画をアップしてます!納豆についていろいろな情報を発信してますので、よかったらぜひ観てみてください!詳しくはこちら

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る