_MG_6700のコピー
2019.12.16

第36回 なっとう娘の「ねばログ」第36回 納豆好きにはたまらない!納豆の聖地・茨城のアンテナショップ〈IBARAKI sense〉で納豆グルメを堪能。〜ねばっと、ゆるり「納豆旅」〜

鈴木真由子24歳。納豆が好きでライブ配信を趣味で始めたところから始まり、今の「なっとう娘」という活動を仕事にすることを決める。納豆のより幅広い楽しみ方を一人でも多くの方に届けたいという想いで始めたコラム、ぜひ覗いてみてください♪今回は納豆の聖地・茨城のアンテナショップ〈IBARAKI sense〉を訪れました。

毎月お世話になっている〈IBARAKI sense〉@有楽町へ。

今回の舞台は有楽町駅から歩いて10分。納豆の聖地、茨城県のアンテナショップ〈IBARAKI sense〉へ。茨城産の納豆の販売はもちろん、納豆グルメも堪能できる。

_MG_6811

店内奥に位置する〈IBARAKI sense〉は、茨城の雄大な自然を彷彿させるプロジェクションマッピングを壁一面に写した内装となっている。

_MG_6685

納豆料理を頼むべく、メニューを開くと「納豆御膳」の文字が目に飛び込んできた。納豆が一気に3種類も味わうことのできる定食にワクワクしつつ待つこと数分。

_MG_6677

店員さんが持ってきてくださったのは、すぐ隣の〈IBARAKI sense〉で販売している商品。待っている間も楽しめるなんて素敵である。

納豆好きのための「納豆定食」、いただきます!

_MG_6698

商品紹介の小皿をいただいているところに、ついに納豆定食がお目見え。彩り豊かな3種類の納豆に、納豆をより楽しむためのアレンジ食材、お米とお味噌汁そして唐揚げ。

MG_6700-768x512のコピー

まずは右端の黒豆納豆からいただく。一噛みすると、皮がしっかりしている食感で甘すぎない豆の味わいが濃厚だがさっぱりとしている印象。ゴマとのアクセントも◎。スイーツにも合いそうな一品。

MG_6701-768x512のコピー

真ん中の赤豆の納豆は、口の中でとろけるようななめらかでリッチな舌触り。口の中でふわっと甘味が広がり、可憐な香りが鼻を通っていく。

MG_6702-768x512のコピー

最後にひきわり納豆をいただく。一度、市販の「はこいり ひきわり娘」を食べたことがあったが、若干粘り気が少ないように感じ、店員さんに尋ねると市販のものとは仕様が若干異なるそう...!香りがそこまで強くないため、苦手な方でも料理に混ぜて食べるには使いやすい一品。

_MG_6744のコピー

薬味を入れてもう一度楽しめるため、お代わりで納豆をいただいた。

MG_6779-768x512のコピー

納豆好きの方に、これは声を大にしてお伝えしたいのだが、納豆ソフトをぜひ食べてみていただきたい。

MG_6797-768x512

ソフトクリームに納豆?!と思う方も多いと思うが、騙されたと思って一度試していただきたい。塩キャラメルや、みたらし団子のような甘じょっぱさと、もっちりとしたトルコアイスのような食感のアイスクリームである。醤油はセルフでかけるのだが、アイスの色が若干キャラメル色に変わったくらいまでがっつりかけるのが美味しく食べるポイント。

〈BARA dining〉

S__43204610のコピー

〈IBARAKI sense〉の店長さんとぱしゃり!なかなか他では食べることのできない、納豆ソフトだけでも食べる価値あり。有楽町に訪れた際にはぜひ足を伸ばしてみてほしい納豆スポットである。
■東京都中央区銀座1-2-1 IBARAKI sense内
■11:00~23:00(月~土, 祝日, 祝前日)11:00~21:00(日)年中無休

【今週の納豆】「奇跡の納豆 ミヤギシロメ大豆」/〈菊水食品〉

購入価格 : 433円(30g×2P)
購入価格 : 433円(30g×2P)

●ねばり 3.5/5.0
●納豆のかおり 3.6/5.0
●豆のかたさ 3.5/5.0

こちらは、菊水食品さんの「奇跡の納豆」。大きな大豆のもっちりとした食感が特徴的。噛めば噛むほど、口に広がる大豆の甘みがまさに奇跡が生んだ幸福感を運んできてくれる。個人的には、納豆そのものが奇跡の産物が生んだ食材だと思っている。あたりまえに食べられることに感謝。

☆前回の「旨味のオンパレード!人気の納豆スープパスタを求めて中目黒〈KURA〉へ。」はこちら
☆連載「なっとう娘の「ねばログ」」はこちら

鈴木真由子
鈴木真由子 / 納豆インフルエンサー

「『納豆をもっと自由に!』をモットーに”納豆を食べることが仕事”のフリーランス。納豆に関するコラム執筆や納豆会社のSNS運用、飲食店のメニュー開発、大学機関との商品共同開発を手がける。活動の詳細はこちら。」

鈴木真由子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る