お茶好きさん必見!この夏は台湾発〈蜷尾家/NINAO〉の“スキアマ”なソフトクリームで決まり!
2019.07.23

第7回 木村ミサと本日のティータイム。 お茶好きさん必見!この夏は台湾発〈蜷尾家/NINAO〉の“スキアマ”なソフトクリームで決まり!

本格的な夏が近づいて来ましたね。そう、夏といえば!!アイス!!ソフトクリーム!!夏本番に向け、ひんやりスイーツ始めましょう。今回はお茶好きさん必見の、ちょっと変化球の台湾茶を使ったソフトクリーム屋さんのスキアマ(スッキリあまい)なお茶とスイーツをお届けします。それでは、本日の一杯お届けします。
木村ミサ
木村ミサ / モデル

「お茶が好きで、きになるお茶を目にするとスッとレジに運んでしまう程のTEA党。世界の様々なお茶の効能や淹れ方、飲み方、文化などを勉強し毎日愛飲している。 身体の内側からキレイに健康になる食生活でモデルとして活動中。」

木村ミサさんの記事一覧 →

台湾発のソフトクリーム店が日本上陸!

DSC_5365[1]

三軒茶屋駅から路地を入り商店街を少し歩くと、和モダンな建物が目に入る。ここだけどこか非日常のような、感覚的には京都に来たような気持ちにさせてくれます。〈蜷尾家/NINAO〉は台湾の台南にある有名なソフトクリーム屋さん。台湾の人も、ちょっと遠出しようかなという時に、台南に行ったら絶対寄りたい場所と言うくらい人気のスポット。台湾ではコンビニで発売したら即完!お店はいつも賑わっている。そんな遠出してでも行きたいソフトクリーム屋さんが東京の三軒茶屋で味わえるのです。

DSC_5408[1]

ソフトクリームは、本国台湾の約110種類のフレーバーの中から、人気のフレーバーや日本人の味覚に合うフレーバーを週替わりなメニューで提供しています。

7月24日(水)からは、なんと日替りでメニューが変わるそうです。

この週は、定番で人気な塩ミルクと東方美人茶といったラインナップ。ソフトクリームは毎日お店で専用の機械で一から手作りしたもの。茶葉もそのまま入れているので、お茶そのままの香りが楽しめるように日々こだわって作っています。

【本日の一杯】「金宣茶」と「鉄観音ミルクティー」

DSC_5391[1]
「金宣茶」

ソフトクリームの他にもティーゼリー入りのお茶やミルクティーも提供。「金宣茶」というワードに初めて触れたので、これをチョイス。薬膳ゼリーもプラスで。黄金の色合いが特徴で、最初のバニラのような甘みのある香りが印象的。これが茶葉の渋みと相まって、スッキリとした口当たりになる。これも”スキアマ”な一杯かもしれません。薬膳ゼリーも、ぷるんとストローから入ると全く違った印象に変えてくれるとっても面白い一杯で、その香りは幸せな気分にもさせてくれます。

DSC_5421-3[1]
「鉄観音ミルクティー」

続いて、「鉄観音ミルクティー」も。鉄観音は今いろんなタピオカミルクティー屋さんにメニューとしてあったりして、日本でも馴染み深く人気のある茶葉。こちらもどちらかというと甘みのあるお茶として有名で、鉄観音茶はフルーティーな甘い香りが特徴。こちらは「なつめゼリー」をともに。芳醇な香りと、甘みが濃厚ミルクとの相性がよく飲みやすい。こちらも金宣茶とはまた違った“スキアマ”な一杯。店員さんオススメの「なつめゼリー」との相性もバッチリです。

「塩ミルク」と「東方美人茶」のソフトクリーム

DSC_5328[1]
左「塩ミルク」右「東方美人茶」

見てください。ツンと天まで届くような、凛としたフォルム。アイスクリーム界のイケメンここにあり。藍色のカップとのコントラストも綺麗です。「塩ミルク」は台湾人気ナンバー1フレーバー。コクのあるミルクに天日塩の塩味がアクセントとなっています。食べ続けても飽きのこない、ずっと食べていられる味。甘いにしょっぱいがプラスされる味大好き界隈の人間なので、これは大好きでしかないに決まってる。

DSC_5357[1]
「東方美人茶」

そして今回の大本命。「東方美人茶」フレーバー。台湾へ行った際も、メニューでその文字を見つけると頼んでしまうくらい好きなお茶。台湾茶の中でも比較的発酵度が高くて、“爽やかな紅茶”のような味がたまらなく好き。そんな「東方美人茶」はグローバル1号店を記念し、日本限定の新フレーバー!ここでしか味わえないという特別感がさらに良い。茶葉をミルクベースと合わせて作っていて、口に入れた瞬間茶葉の香りが。見た目は濃厚なのかな?と思いきや、スッキリとした甘さが印象的。“スキアマ(スッキリあまい)”です。私の好きな「東方美人」の爽やかさもしっかり堪能できる、お茶好きにはたまらないソフトクリームかもしれません。

世代問わず地域の方々に愛されるお店。

DSC_5401[1]

そもそもなぜ三軒茶屋?なのかというと、元々日本に出店しようと思った時に、渋谷・原宿のような大きな街に出向くより、クリエーター達のようなお洒落な人が多く住んでいるところで地域密着型でやりたいというオーナーLeeさんの思いから三軒茶屋に決めたそう。“茶”というのが入っているのは後から知って驚いたのだとか。お店の中も畳スペースなどあったり、和の作りで入りやすい外観なので、赤ちゃん連れのママさんや学校帰りの学生など、世代問わず地域の方々に愛されているのが伝わる素敵なお店でした。

〈蜷尾家/NINAO〉

■東京都世田谷区三軒茶屋1-33-15
■03-3421-2170
■平日12時~23時/土日祝11時~23時
※ただし売り切れ次第終了

☆前回の「旅行に行ったら手に入れたい、おすすめ中国茶フレーバー3選!中国茶を自宅で気軽に楽しむ。」はこちらから。
☆『本日の至福、この一杯より。』連載ページはこちらから。

TOPに戻る