人形町のカフェ〈ATELIER MATCHA〉へ。木村ミサ、抹茶のおいしさに気づく!
2022.10.25

木村ミサと本日のティータイム 人形町のカフェ〈ATELIER MATCHA〉へ。木村ミサ、抹茶のおいしさに気づく!

みなさまこんにちは。木村ミサです。ぐっと寒くなってきて、本格的にホットが飲みたい季節になってきました。私は「FRUITS ZIPPER」というアイドルグループをプロデュースしているのですが、脳内はもう来年の冬ツアーに向けてのことでいっぱい。そんな凝り固まった頭をホッとするような温かいお茶で癒やされたい気分です。言っている間に年末もすぐそこ。自分時間で癒やされたいあなたへ、今回は抹茶でひと息つきましょう。

人形町のカフェ〈ATELIER MATCHA〉へ。木村ミサ、抹茶のおいしさに気づく!
人形町のカフェ〈ATELIER MATCHA〉へ。木村ミサ、抹茶のおいしさに気づく!
人形町のカフェ〈ATELIER MATCHA〉へ。木村ミサ、抹茶のおいしさに気づく!
人形町のカフェ〈ATELIER MATCHA〉へ。木村ミサ、抹茶のおいしさに気づく!

〈ATELIER MATCHA〉は、京都宇治にある老舗製茶問屋〈山政小山園〉のこだわりの抹茶や茶葉を使ったドリンクやスイーツが楽しめるお店として2021年8月にオープン。元々、〈山政小山園〉のお茶が好きだったという店主が、普段お茶室などでしか出すことのない高級なお抹茶をカジュアルに楽しんでほしいという想いで始めたのだそう。思わず足を止めてしまうくらい気になってしまう、開放的な入り口と縁側が印象的です。

【本日の1杯目】「MATCHAラテ」

「MATCHAラテ」Mサイズ 690円
「MATCHAラテ」Mサイズ 690円

「茶園から臼挽きまで」と、お茶の栽培から抹茶の製茶まで一貫して行う製造卸のお茶屋さんで、手摘み一番茶を石臼で挽いた昔ながらの製法で作り上げている〈山政小山園〉の抹茶。そんな抹 茶の中から「小倉山」という薄茶の中ではセレモニアルグレードの贅沢な抹茶を使用。普段、一般ではいただく機会のないこのお抹茶を、シロップとミルクと共に抹茶ラテとしていただきます。

人形町のカフェ〈ATELIER MATCHA〉へ。木村ミサ、抹茶のおいしさに気づく!

「こちらでお抹茶をたてているんです」と、店主が電動茶筌を見せてくださいました。より一層濃密な泡になるため、ふわっふわの抹茶がミルクの上に浮かび、きれいな二層を保つそう。見ていて飽きないくらい美しいです。

人形町のカフェ〈ATELIER MATCHA〉へ。木村ミサ、抹茶のおいしさに気づく!

まずは、混ぜる前に一口。上の層のお抹茶がとても癒やされるいい香りですっと鼻を通ります。心地いいくらいの苦味で、旨味がしっかりとしているお抹茶の味わいだけをしっかり感じつつ、あとから追ってくる甘いミルクと口の中で落ち合う。どちらの良さも引き立てながら楽しめる飲み方をしたら、次はマドラーで混ぜちゃいましょう。

人形町のカフェ〈ATELIER MATCHA〉へ。木村ミサ、抹茶のおいしさに気づく!

混ざり合うことで、さらにお互いの良さを感じることができるのが抹茶ラテの好きなところ。しっかり旨味があるので、濃厚だけど飽きずにずっといただけます。こんなに飲みやすい抹茶ラテが手軽にいただけるなんてうれしい気分になっちゃう、そんな1杯。

kimura
木村ミサ / モデル

「お茶が好きで、きになるお茶を目にするとスッとレジに運んでしまう程のTEA党。世界の様々なお茶の効能や淹れ方、飲み方、文化などを勉強し毎日愛飲している。 身体の内側からキレイに健康になる食生活でモデルとして活動中。」

木村ミサさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る