南青山 伍
2022.02.22

木村ミサと本日のティータイム 南青山の日本茶専門店〈伍〉へ。ゆったりとした空間で、都会の喧騒を忘れる

みなさまこんにちは。木村ミサです。とっても寒〜い日々。そんな時期は熱々のお茶が飲みたくなります。朝の寒さを吹き飛ばせそうなガツンとした苦味のお茶を飲み、仕事に向かうのが冬のマイルーティン。今回は、寒い雪が印象だった日に訪れた〈伍(いつ)〉を紹介します。癒やされる空間で、心の底から温まりました。

【本日の2杯目】「萎凋茶 本山の香り(蒼風)」

「萎凋茶 本山の香り(蒼風)」1,700円
「萎凋茶 本山の香り(蒼風)」1,700円
南青山 伍
「萎凋茶 本山の香り(蒼風)」1,700円
南青山 伍

〈伍〉は萎凋茶の種類が豊富で選ぶのが楽しい。「本山の香り」は、静岡県の「蒼風」という茶葉を使用しています。萎凋茶は香りが高く、華やかさが特徴的。茶葉だけでもぶどうの茎のような、甘い香りがしていて、飲む前からわくわく。

南青山 伍

旨味よりも先に、ぶどうの茎のような香りが口に運ぶと同時に、鼻腔まで広がる華やかさが先行するくらい、印象的な香りにうっとり。苦味の少ない清々しさやほんのり甘さも感じて、色々な角度を見せてくれるのがおもしろい。2、3煎と湯呑に残り続ける香りと、季節に合わせて選んだ湯呑も相まって、もはや芸術品としてこの湯呑ごと飾りたくなる。なんだか、ずっと幸せな気持ちでいられる1杯です。

「瑞雲」
「瑞雲」

日本茶と共に、季節の和菓子もついてきます。今回は「瑞雲(ずいうん)」という和菓子。ほろほろ、しっとりとした口当たり。「瑞雲」はいい兆しに現れる雲の事で、縁起のいい和菓子だそう。「瑞雲」とお茶の交差がとってもバランス力抜群なんです。次はどんな和菓子に出会えるのかも楽しみの1つ。

【本日の甘味】「抹茶〜あずき仕立て〜」

「抹茶〜あずき仕立て〜」1,700円
「抹茶〜あずき仕立て〜」1,700円

最後は、いまにも登りたくなるような風貌の〈伍〉的かき氷を。こちらは「香りのあるかき氷を」というコンセプトで作られたのだそう。季節の選抜したお抹茶を使用しています。 ゆっくりとあずきとお抹茶を一緒に、香りが飛ばないように少しずつ丁寧に混ぜて作ります。

南青山 伍

このフォルムを逃さないように、ついつい模様に沿って削ぐようにスプーンを入れたくなっちゃいます。お抹茶の鮮やかな緑と華やかな香り、味をしっかり続くようにしているのだとか。口の中で雪のようにさっと溶けて、抹茶の香りが広がっていく。さっぱりとしていて苦味も少ないのは、きっとあずきの甘みが働いているのでしょう。あずきのつぶつぶとした食感にもたまに出会ってうれしくなり、スプーンが止まりません。抹茶初心者の方にも、共有したいお抹茶スイーツです。

南青山 伍

普段はお茶好きから、お茶を普段飲まないような方まで老若男女問わず訪れて、そしてリピーターも多いことから、お店の鮮度を保てるように、季節に合わせた提案をし続けているのだそう。目の前で繰り広げられる店主ひとつひとつの所作に、私もうっとりして目をはなせませんでした。行くたびに「どんなお茶に出会えるのだろう」と考えながら足を運ぶのも素敵ですよね。私もまた行ってみたくなりました。それでは本日の一杯、召し上がれ!

〈伍〉

■東京都港区南青山3-14-4 2F
■12:00〜19:00頃
■不定休

※営業日時は随時インスタグラムで更新中

過去の連載はこちら

kimura
木村ミサ / モデル

「お茶が好きで、きになるお茶を目にするとスッとレジに運んでしまう程のTEA党。世界の様々なお茶の効能や淹れ方、飲み方、文化などを勉強し毎日愛飲している。 身体の内側からキレイに健康になる食生活でモデルとして活動中。」

木村ミサさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る