【競泳 瀬戸大也選手】“スイマーあるある”で大盛り上がり!?
2018.12.12

第39回 1166号『LOCKER ROOM』はみだしレポート 【競泳 瀬戸大也選手】“スイマーあるある”で大盛り上がり!?

Hanako本誌の人気連載「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタをご紹介。今回は1166号から、競泳・瀬戸選手。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
MG_1973

「よろしくお願いしまーす!」と、さわやかな笑顔と共に取材場所に現れた瀬戸大也選手。一瞬にして、その場の空気を明るくしてしまうスマイル同様、キャラクターも好感度満点。撮影時、写り込む位置に掛かっていた時計をカメラマンが外そうとすると、サッと手を伸ばして時計を外してくれる瀬戸選手。また、撮影が終わると、こちらが動くよりも早く、自ら時計を元の位置に戻す気配りまで。取材開始数分でガッチリ心を掴まれてしまいました。

取材終了後の雑談では“水泳選手あるある”トークに。レース時、選手はみな体にピタッとフィットしたスイムウェアを着用しているため、水着におなかの肉が軽く乗っていることもあるのだが、「あの乗っかった感じが好きで!」という本誌スタッフのマニアックな感想にも、決して引くことなく、「見てますねー(笑)」と笑顔で応じてくれる瀬戸選手。「なかには筋肉バキバキの人もいるけど、スイマーは体脂肪がそこそこあるので、ガリガリではないんですよね。僕もたまに乗ってます。『世界水泳カザン』の400m個人メドレーのときはめっちゃ乗ってました(笑)。あのときはけっこう食べちゃったんだよなー。それでも金メダルを取っているので」と、貴重なウラ話も教えてくれました。さらに、「そのときの写真あるかなぁ…」と、自身のスマートフォンをチェックしはじめて…。「どれだけサービス精神旺盛なのぉー!」と、心の中で叫ばずにはいられないスタッフ陣なのでした。

MG_2066

「あのときは乗ってましたね」と、3年前の世界水泳を振り返り、ニッコリ!

Birthday 1994/5/24
Blood type A
Height 174cm
Birthplace SAITAMA

せと・だいや/専門種目は個人メドレー、バタフライ。2013年、15年の世界水泳では2大会連続で400m個人メドレー優勝。16年、リオ五輪の400m個人メドレーでは銅メダル獲得。今年のアジア大会では200mバタフライ、400m個人メドレーで優勝。

(photo:Rie Odawara 、text&edit:Naoko Sekikawa)

前回のスケートボード・佐川選手はこちら
連載トップはこちら

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る