111
2018.09.08

第37回 1164号『LOCKER ROOM』はみだしレポート 【野球 山川穂高選手 埼玉西武ライオンズ】批判も受け入れるプロアスリートの覚悟。

Hanako本誌の人気連載「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタをご紹介。今回は1164号から、日本プロ野球界屈指のスラッガー、山川選手(埼玉西武ライオンズ)。

 

MG_3193

試合直後のお疲れのところ、本誌取材に応じてくれた埼玉西武ライオンズの山川穂高選手。写真撮影が始まると、「細く見えるようにお願いします!」とお茶目なリクエスト。厚い胸板やたくましい腕など、豪快なホームランを量産する大きな体に胸キュンの女性も多いと思うのだが、その旨を伝えると、「それは少数派だと思いますよ」と茶化して笑う。

取材をしていて感じた山川選手の印象は強い意志を持つクレバーな人。本誌でも紹介した「東京五輪にはできれば参加したくない」という発言然り、自身の野球道に対してブレない芯がある。でも、決して、日の丸を背負う重責から逃げているわけではない。「日本代表として出場して、大事な場面で三振したり、エラーなんかしたら一生叩かれる」と苦笑しながらも、「言われるのはプロだから仕方がない」と自分の立場を受け入れる。実はこの日、残念ながらチームは敗れ、山川選手の成績は5打数1安打。「今日は1本しか打てていないから、飲み屋とかでファンの人にめちゃくちゃ言われてると思いますよ。でも、言ってくれてけっこうです。お客さんはお金を払って試合を見に来ているわけだから。プロなんですから言われて当然」とキッパリ。プロスポーツ選手の覚悟の言葉が心に刺さっ
た。

MG_3417

Birthday 1991/11/23
Blood type A
Height 176cm
Birthplace OKINAWA

やまかわ・ほたか/富士大学時代には1年次の春から4番を務める。2013年のドラフト2位で埼玉西武ライオンズに入団。今季は開幕から4番に定着。ポジションは一塁手。背番号33。現在は日本代表にも選出される日本プロ野球界屈指のスラッガー。

photo:Yasunori Yamamoto(GIG)
text&edit:Naoko Sekikawa

前回のBMX・中村選手はこちら
連載トップはこちら

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る