【体操 谷川航選手】昨年の世界選手権では 悔しさと手応えの両方を感じた。
2018.02.25

第24回 1151号『LOCKER ROOM』はみだしレポート 【体操 谷川航選手】昨年の世界選手権では 悔しさと手応えの両方を感じた。

Hanako本誌の人気連載「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタをご紹介。今回は1151号から、体操界の人気者・谷川航選手。前回のカーリング・両角公佑(もろずみこうすけ)選手はこちら。連載トップはこちら
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

 

MG_22951

順天堂大学体操競技部の体育館にオジャマすると、真剣な表情でつり輪に向かう谷川航選手を発見。ひとつの技を試したあとは器具から離れ、手を動かしながら頭の中で技をイメージしたり、周囲の選手に修正点を確認。そしてまた器具に向かい、繰り返し練習していく。部の全体練習が終わると、小走りで本誌スタッフの元へ。見ると、手足につける滑り止め用の白い粉で、Tシャツが真っ白に。「撮影前に着替えをされますか?」と尋ねると、「大丈夫です。いつもこんな感じなので」と言って、にこっと笑い、Tシャツについた粉をパンパンはたく。その飾らない感じも素敵です。

インタビューでは体操への思いからプライベートなお話まで、ざっくばらんに語ってくれた谷川選手。昨年、初出場した世界選手権について伺うと「悔しい思いもしたが、得るものも多かった」と、大会を振り返る。種目別のゆかの代表として選出されたが、つり輪と平行棒にも出場。「つり輪と平行棒は、自分の中ではいい演技ができ、しっかり評価されたので手応えを感じました。ゆかに関しては、ひとつ新しい技を入れたのですが、完成度があまり高くない状態で行ったのでミスが出てしまい…。攻めることは必要ですが、やっぱりバランスが大事だなと、改めて勉強になりました」

大舞台で得た経験を糧に、さらなる飛躍を誓う谷川選手。今年の世界選手権では個人総合の舞台で活躍する姿に期待!

MG_27871

Birthday 1996/7/23
Blood type B
Height 160cm
Birthplace CHIBA

たにがわ・わたる/得意種目は跳馬、ゆか。2016年、全日本種目別選手権の跳馬で優勝。17年、全日本個人総合で4位入賞。同年の全日本種目別ではゆかと跳馬で2位に。世界選手権の代表入りも果たし、ゆか、つり輪、平行棒の3種目に出場した。

photo:Yasunori Yamamoto(GIG)
text&edit:Naoko Sekikawa

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る