三浦龍司選手
2021.05.09

第60回 『LOCKER ROOM』はみだしレポート 【陸上・長距離】三浦龍司選手/『LOCKER ROOM』はみだしレポート

Hanako本誌の人気連載「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタをご紹介。今回は1196号から、陸上・長距離の三浦龍司選手。
三浦龍司選手

今回、『LOCKER ROOM』に登場してくれたのは、専門種目の3000m障害で東京五輪内定を目指す、順天堂大学陸上競技部所属の三浦龍司選手。撮影時、陸上部のマネージャーさんから「いい笑顔じゃん!」と茶化されると、照れくさそうに顔をくしゃっとさせ、本誌スタッフが「かわいいです」と声をかけると、「まだ、19歳になったばかりなんで」とニッコリ。本誌の私物紹介では愛用のイヤホンを見せてくれたが、何を持参するか迷われたそうで、「やっぱり3000m障害用のスパイクにすればよかったなぁ。そのほうが伝わりやすいだろうし…」と本気で悔やむ姿も微笑ましい。

三浦選手は大学1年目の昨年度、鮮烈な活躍を見せ、19歳にして輝かしいキャリアを持つ将来有望なランナー。お話を伺っていると、三浦しをんの小説『風が強く吹いている』に登場するスーパールーキー・蔵原走と重なる。箱根駅伝を舞台にした本作は実写映画化、テレビアニメ化もされた人気作で、「僕も小説は読んだことがあります。普段、あまり本は読まないんですけど(笑)、自分が島根から上京してくるときに友達が渡してくれて。アニメ好きなので、アニメも見てみたい。陸上を題材にしたアニメって少ないので、貴重ですよね」とにこやかに話す。ちなみに、蔵原走はカッとなりやすく口下手で不器用なキャラクター。人柄は真逆だなーと、三浦選手のまぶしい笑顔を見ながら思った。

取材時、終始スマイル満開の三浦選手。サラサラの髪をなびかせて走る姿もさわやかでした。
取材時、終始スマイル満開の三浦選手。サラサラの髪をなびかせて走る姿もさわやかでした。

・Birthday…2002/2/11
・Blood type…AB
・Height…168cm
・Birthplace…SHIMANE

みうら・りゅうじ/昨年の全日本大学駅伝では1区を走り、区間新記録で区間賞を獲得。「ホクレンDC千歳大会」3000m障害では8分19秒37の日本歴代2位の記録で優勝。今年2月の「クロスカントリー日本選手権」(シニア10km)でも優勝を果たす。

(photo:Rie Odawara text & edit:Naoko Sekikawa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る