銀座〈METoA Ginza〉で“風”を見る!アトラクションを通して学ぶ“風の見える化”技術の可能性
【PR】2022.07.11 — Page 2/3

第73回 ハナコラボSDGsレポート 銀座〈METoA Ginza〉で“風”を見る!アトラクションを通して学ぶ“風の見える化”技術の可能性

風が見えるから、ぐんとリアルに!風と私たちの密接な関係

ミッションスタート!
ミッションスタート!
ドップラーライダーが起動し、風を読みます。
ドップラーライダーが起動し、風を読みます。
赤と黄色の矢印が風です。
赤と黄色の矢印が風です。
手を上げ下げして、種を撒いたり止めたり。
手を上げ下げして、種を撒いたり止めたり。
ミッションコンプリート!
ミッションコンプリート!
ミッションスタート!
ドップラーライダーが起動し、風を読みます。
赤と黄色の矢印が風です。
手を上げ下げして、種を撒いたり止めたり。
ミッションコンプリート!

まずは2Fの企画展示フロアへ。大迫力のビジョンが設置されたこのスペースでは、風を見ながらジェスチャーでミッションを達成するアトラクションを体験できます。私がチャレンジしたのは、「空飛ぶクルマで急患のもとへ向かう」「風に邪魔されないようドローンで畑に種を撒く」「風がやんでいる間にクレーンを引き上げ荷物を運ぶ」といったもの。「なるほど、風ってこんなシーンで影響してくるのか!」と勉強になります。

ちなみに、風を見るために欠かせないセンサーが“ドップラーライダー”です。
「信じられないかもしれませんが、レーザー光を用いて大気中のちりや微粒子を捉えることで、風向や風速をリアルタイムに計測するんですよ。すでに空港などで使われている装置です」と、ご担当者さん。たとえば空飛ぶクルマが開発されても、風向きや風速がわからなければ安心して運転することはできませんから、重要な装置です。今回、風をテーマにした展示にしたのも、ドップラーライダーはじめ“風の見える化”についての研究や技術に触れて欲しいという想いからだそう。

感想入力中。
感想入力中。
送信したコメントが表示される仕組み。
送信したコメントが表示される仕組み。
感想入力中。
送信したコメントが表示される仕組み。

本来見えないはずの風が見えるから、どこにどんな課題があるのか、どう生活と結びついているのかがぐんとリアルに体験できました。最後に感想を残し、次のコーナーへ向かいます。この感想は、技術者、開発者の方にシェアされるそう。

ビルの高さで風はどう変わる?

ビルを高くすると風向きが変わる。
ビルを高くすると風向きが変わる。
ビルを低くしたらどうなる?
ビルを低くしたらどうなる?
ビルを高くすると風向きが変わる。
ビルを低くしたらどうなる?

私が東京で暮らす中で驚くのが、ビル風の強さ!田舎で過ごしていたころには感じたことのない迫力です。ビルの高さでどのように風が変化するかを“視覚的に捉える”体験ができるスポットもあります。手をかざすことでビルの高さを上げ下げし、風速・風向センサーに向かってうちわで仰ぐと、風向きや強さがどう変わるのかが一目瞭然。
これまで体験してきたような風と共存する未来を叶えるために、これからの街の設計には、風を見るという視点も加わるかもしれない、そんなことを思いました。

未来がここに!空飛ぶクルマに乗車する特別体験

時速161km!速いけれども優雅な空の旅。
時速161km!速いけれども優雅な空の旅。
風が見えました!
風が見えました!
時速161km!速いけれども優雅な空の旅。
風が見えました!

続いて、映像に合わせて座席が動く「空飛ぶクルマ」のバーチャル乗車体験へ。音声ガイドが東京の上空を案内してくれるので、おなじみの建物をたくさん発見しました。ビル風が心配ですが、風を見ることができればきっと大丈夫。
ビュンビュンと速いのに、大きな揺れもなくあっという間に目的地に到着。これが実現したら、医療や災害など多くのシーンで役に立つことでしょう。SFの世界かと思っていた「空飛ぶクルマ」が、ぐんと身近なものになりました。

藤田 華子
藤田 華子 / ハナコラボ/SDGsレポーター

「〈RIDE MEDIA&DESIGN株式会社〉所属。編集者としてコンテンツを制作しながら、プロジェクト〈Act for Planet〉を推進。〈DRESS〉〈暦生活〉〈ランドリーボックス〉などでエッセイの執筆も担当する。」

藤田 華子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る