山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回
2021.08.20

第2回 伝えたかった、言葉たち。 山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回

アイドルとしてはもちろん、ラジオパーソナリティとしても大活躍。乃木坂46の山崎怜奈さんが、心にあたためていた小さな気づきや、覚えておきたいこと、ラジオでは伝えきれなかったエピソードなどを、自由に綴ります。

(photo : Chihiro Tagata styling : Chie Hosonuma hair&make : Kiwa Inaba)
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回

「分からないを知ること」

「どうしてアイドルになったんですか?」

 15歳で今の仕事に就いてから、一番聞かれた質問だ。幼い頃の夢だったのか、芸能界を目指していたのか、誰かに憧れたのか。巷でよく聞く理由はこの三つだが、私は正直「成り行き」と「縁」に恵まれたと思っている。

 小学生の頃は、家に帰るやいなや速攻でニンテンドーDSを立ち上げるゲーム魔だった。中学では奨学金ほしさに学年トップに向かって猛勉強。高校に上がったら留学もしてみたかった。普通に恋愛をして、バイトをして、大学のサークル飲みにも行くようになるのかなあと、ぼんやり想像していた。
 夜に父がつけていたテレビはニュースかクイズ番組が多かったからか、アイドルなんてほとんど知らなかった。レッスンを受ける。ライブやテレビで笑顔を振りまく。握手会でファンと話す……? 漠然としたイメージしかなかったが、AKBファンのクラスメイトから推しの話を聞くだけで、すでに滅入ってしまいそうだった。すごいなあ、私には絶対向いてないや。心からそう思っていたし、あまりにも自分の生活とかけ離れすぎていた。中学3年生の冬、母が私に黙って乃木坂46のオーディションに応募するまでは。

 ソニー・ミュージックから身に覚えのない封書が私宛てで届き、初めて一次審査にエントリーされていると知った。一次審査を通過し、二次審査の指定日時は、2013年2月9日(土)9:00。午前中に授業の予定があった。そのまま無視してやり過ごせば受けなくて済んだのに、書かれていた事務所の電話番号に自ら連絡し、時間変更をお願いして受けに行った。きっと、何もやらずにただ諦めるのが嫌だったのだ。母はそれを見越していたのだろう。何でもやってみないと分かんないでしょ! 落ちたっていい経験になるじゃない! と諭されて最後まで受け続けたが、正直どこまで受かっても信じていなかった。あれから8年経った今でも、通知書は全て残してある。

 だからこそ、人生は成り行きとご縁でできていて、後から理由をつけているだけのような気がする。とりわけ幼少期までに多く尋ねられる「将来の夢」も、なんとなく雰囲気で返せばいい。だが、今は何でも形に残る時代だ。必要のない嘘はつきたくない。ケーキ屋さん、保育士さん、お花屋さんなどと職業名をあげなければ……と思い込んでいたし、何になりたいか聞かれると急に無口になった。何歳になっても、明確な夢なんて分からない。尊敬する人はたくさんいても、なりたい、とは少し違う。

 でも、ときに曖昧さは人生を豊かにする。偶然こうなったおかげで、昔よりも多くを学び、考えさせれられた。何より刺激的だったのは、「世の中はまだまだ分からないことだらけなんだ」という体感だった。世界が底なしだと気づくと、無限の可能性を見出せる。勉強の本質は、分かることよりも、分からないことを知ることだ。

ただ、答えのある勉強と違って、この業種はどんなに追求しても正解が存在しない。いくら頑張っても、時には何にも実らないことがある。折れてしまわないよう、自分で自分を騙してきたような気もする。やってみないと分からない。傷ついたって、失うばかりではなく、得られるものもたくさんある。そう思おうとしたとき、体のどこかで、張り詰めていた糸がプツプツと切れていく音がした。

山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第2回

ワンピース 35,200円、ストーンネックレス 72,600円、コインネックレス 27,500円(全てMARIHA◾︎03-6459-2829)/ベスト 17,600円(エース 代官山◾︎03-5728-2612)/バッグ 5,500円(space craft |UTS PR◾︎03-6427-1030)/その他スタイリスト私物

山崎 怜奈
山崎 怜奈 / 乃木坂46

「クイズ・歴史・ラジオが好き。下町育ちで、知的好奇心の塊。『山崎怜奈の誰かに話したかったこと』(TOKYO FM 月〜木曜13時〜)、『春菜ザキさんのタダの通販じゃねーよ!』(テレビ朝日 木曜深夜1時26分〜)などに出演中。著書『歴史のじかん』(幻冬舎)が現在発売中。公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/rena_yamazaki.official/

山崎 怜奈さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る