汐留〈Bar The Society〉のバーテンダー・南木 浩史さん〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜
2022.02.14 — Page 1/3

第40回 BARをもっと、カジュアルに。 汐留〈Bar The Society〉のバーテンダー・南木 浩史さん〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜

お酒業界での広報歴12年!児島麻理子が、実力派のバーテンダーをご紹介します。第40回目の登場は、汐留〈Bar The Society〉の南木 浩史さん。ホテルバーは誰にでも開かれたものであるという想いのもと、ノンアルカクテルから海外の方に向けたカクテルまで、幅広く展開しています。

本日のバーテンダーは…南木 浩史さん

汐留〈Bar The Society〉のバーテンダー・南木 浩史さん〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜

南木 浩史
■バーテンダー歴:12年
■生年月日:1987年7月25日
■星座:獅子座
■血液型:A型
■趣味:読書。最近読んだ本は『視覚化する味覚』

「古臭い伊達男」「キュー(cue)」「ピカソの迎え酒」。これらはすべてカクテルのお名前。南木さんのカクテルはちょっと捻ったおもしろさがあります。
「エンターテイメント性は大事だと思っているんです。名前は入り口なので、何かな?と謎解きのように思ってもらえたらいいですよね。バーテンダーはサービスマンでありながらクリエーターなので、どのようにストーリーを作るか、どのように広めるかということを考えています」。

児島麻理子
児島麻理子 / ライター、PRコンサルタント

「東京在住。出版社を経て、2008年より洋酒メーカーで広報を担当。現在は独立し、飲食・ライフスタイルの分野でライター、PRコンサルタントとして活動。趣味はアートとバーを楽しむこと。これまでに世界7ヶ国以上の蒸留所やバーをめぐる。」

児島麻理子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る