児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」第3回:日比谷〈Peterバー〉の田中 大智さん
2020.01.27

第3回 BARをもっと、カジュアルに。 児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」第3回:日比谷〈Peterバー〉の田中 大智さん

お酒業界での広報歴11年!児島麻理子が、実力派の若手バーテンダーをご紹介します。第3回目の登場は、日比谷〈ザ・ペニンシュラ東京〉の最上階24階にある〈Peterバー〉の田中 大智さん。ホテルバーは敷居が高い?そんな不安を笑顔で吹き飛ばしてくれる田中さんのいる〈Peterバー〉でホテルバーデビューはいかがでしょう?
児島麻理子
児島麻理子 / ライター、PRコンサルタント

「東京在住。出版社を経て、2008年より洋酒メーカーで広報を担当。現在は独立し、飲食・ライフスタイルの分野でライター、PRコンサルタントとして活動。趣味はアートとバーを楽しむこと。これまでに世界7ヶ国以上の蒸留所やバーをめぐる。」

児島麻理子さんの記事一覧 →

本日のバーテンダーは…田中 大智さん

200110kt096

田中 大智
■バーテンダー歴:3年
■生年月日:1992年4月25日
■星座:牡牛座
■血液型:A型
■趣味:テニスと将棋。去年から近くのバーで将棋を習い始めました。

「分析ぐせがあるんです。テニスをやっていたときも“テニスノート”をつけて、プレイを振り返っていたので」と語るのは、インターハイに出場経験があるバーテンダーの田中 大智さん。
分析ぐせはカクテル作りにも活かされていて、バーテンダー経験3年にして、フランス産リキュール「コアントロー」のカクテルコンペで日本代表としてアジア大会に出場するなど、めきめきと頭角を現している注目の若手バーテンダーです。

体育会系を感じさせる爽やかな笑顔ながら、バーテンダーを目指したのは、意外なきっかけから。「元々コミュニケーションが得意ではなかったんです。でも、ちょうど友人がダイニングバーでバーテンダーとして働いていて、それがかっこいいなあと。人と接する仕事ですし、コミュニケーション能力が鍛えられるかなと思って始めました」

200110kt074

場所柄、外国人も多く、様々な人が来るホテルバーでは、十分にその能力も鍛えられた様子。「外国人と接するときは日本人の感覚を忘れて話しています」という言葉の通り、持ち前の明るさも武器にしながら、スムーズに接客をこなします。

「ここにはさまざまな方がいらっしゃいます。普段出会えないような方に会う機会も多いです。カクテルを飲むことだけでなく、バーテンダーとおしゃべりしにきたり、常連さんに会いに来たり、様々な理由で来ています。そんな場にいることが楽しいです」

200110kt028

鍛えられた腕とコミニケーション能力を活かし、出場したカクテルコンペでは「自分の成長を感じられた」と笑う。
「大会では3つカクテルを作ったのですが、1つ目が即興、2つ目は条件が70%公開されていて、3つ目はすべて公開されて準備できるというものだったんです。アジア大会までの時間がない中、練習や準備をしていたのですが、忙しすぎて逆に楽しかった。ランナーズハイみたいな感じですね。大会を通じていろんな国のバーテンダーと仲間として繋がれて、バーテンダーの仕事の楽しさをさらに感じました」

200110kt050

カクテルコンペ出場者が多いペニンシュラのカクテルメニューには、大会受賞カクテル「アワードカクテル」のページがありますが、そこには2月から田中さんの日本大会優勝カクテル「One And Only」(2,200円)も並びます。

200110kt061

そんな田中さんに最も好きなカクテルを尋ねると、意外にもビールという答え。「ビールはやっぱり疲れが飛ぶんですよね。いつかビールを超えるカクテルを作るのが夢です」

ホテルバーは敷居が高いかも、そう思う方でも田中さんのいるカウンターなら大丈夫。ビールにもとびきりの笑顔で応えてくれるはずです。

ハナコラボからの質問
Q.「一人で来る女性のことをどう思いますか?」

A.「かっこいいと思います!常連の方でお一人でいらっしゃるお若い女性の方なのですが、「今日は20分しかいられないので、上着は預かってもらわないでいいです」とか「今日はゆっくりいられるので、上着お願いします」というように過ごし方を決めていて、自分のスタイルがあっていいなあと思います。かっこいい女性が好きなんです」

このお店のこの一杯「ストロベリーナイト」

200110kt086
「ストロベリーナイト」2,200円

イチゴが旬の3月中旬までの期間限定カクテル。ストロベリーシロップにアーモンドシロップやミルク、レモンジュース、ヴェルモットを合わせながら、実はベースはテキーラとアブサンという大人のイチゴミルク。

お酒と楽しむ一皿「国産牛のPeterバーガー」

200110kt024
「国産牛のPeterバーガー」3,900円

ダイニングに併設されたバーならではの本格的なバーガー。パテに美しく塗られたアイリッシュポーターチーズ、ポテトに添えられた特製のバーベキューソースは絶品。黒ビールを使った手作りバンズに挟まれたバーガーは、ペニンシュラ特製ビールと味わいたい。「Peterビール」(ピルスナー、ペールエール、スタウト)各1,500円。

田中 大智さんのいるお店はここ。

200110kt098

金属の木々や枝で彩られた幻想的かつ近未来的なデザインのバー。毎日17:00〜20:00はスパークリングワインやスタンダードカクテルが1,000円で楽しめるハッピーアワーも。

◾︎東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 24階
◾︎03-6270-2888
◾︎12:00〜24:00(日〜木)、12:00〜25:00(金・土)
*上記金額は消費税・サービス料(15%)別。メニュー内容・料金は変更になる場合があります。

■第2回:代々木上原〈No.(number)〉の荻島 渉さんはこちらから。

TOPに戻る