蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜
2022.10.09

娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

20歳の頃から唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入!酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは?第三十七夜は、伊藤家を飛び出し、お店へ訪問!日本酒好きな店主とともに、おいしいからあげに合う日本酒を探ります!

絶品〈鳥からあげ うえ山〉へ!とびきりの日本酒とともにお邪魔しました!

(左から)〈うえ山〉の娘・植山悟江さん、母・一江さんと一緒に。今は亡き父・正勝さんの跡を継ぎ、現在は母娘で切り盛り。シンプルでいて奥深い鳥の素揚げは誰もが唸るおいしさ!部位によって味わいもいろいろ。
(左から)〈うえ山〉の娘・植山悟江さん、母・一江さんと一緒に。今は亡き父・正勝さんの跡を継ぎ、現在は母娘で切り盛り。シンプルでいて奥深い鳥の素揚げは誰もが唸るおいしさ!部位によって味わいもいろいろ。

娘・ひいな(以下、ひいな)「なんと、今回は父の大好きな〈うえ山〉さんに、日本酒を持って遊びに来ちゃいました!」
父・徹也(以下、テツヤ)「うれしいよ!このたびは、ご快諾いただき、どうもありがとうございます。よろしくお願いします」
母・一江(以下、一江)「こちらこそ!」
娘・悟江(以下、悟江)「よろしくお願いします!」
テツヤ「お母さん、緊張しないでくださいね(笑)。いつも、この『伊藤家の晩酌』では、ひいなと一緒に自宅で飲みながらおしゃべりしてるんですけど、今日は家を飛び出して、ここ〈うえ山〉で、お母さんとさとちゃんと一緒に楽しめたらと思っています!」
一江「いい企画ですねぇ」
悟江「機会があったら、日本酒のこと、おふたりにお聞きしてみたいと思ってたんです」
ひいな「ありがとうございます。普段は自分で料理を作ってるんですけど、プロの料理と日本酒を合わせてみたらどうなるんだろうっていうのが知りたくて。だから今日はとてもうれしいです」
一江「こちらこそよろしくお願いします」
テツヤ「いままでは料理家さんのご自宅に行くことはあったんですけど、お店は初めてです!」
一江「そうなんですね。休みの日しか私たちもこうやって飲んでゆったりとできないですから、とても楽しみです」
テツヤ「今後は日本酒だけじゃなくて、父娘でもっと広くお酒を知っていく企画にしようと思っていて。いろいろなお酒のプロの方にお話を聞きに行ったりしようと思ってるんですよ。こちらでも日本酒って出してるんですか?」

蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

悟江「はい、4種類、お出ししています」
一江「お燗も出してますよ」
テツヤ「東北のお酒が多いいんですね。お母さんが好きなお酒なんですか?」
一江「そうなんです。飲んでも頭が痛くならないやつを選んで」
テツヤ「それ大事です(笑)。どういう味わいが好みなんですか?」
一江「昔ながらの日本酒が好きですね。素朴な、お酒って感じのもの。あとは、ずっと飲み続けるんだったら、軽いものがいいですね」
ひいな「そうですね。重めだと疲れちゃったりしますもんね。『雪の茅舎』
は以前、伊藤家でも紹介していて。おいしいですよね」
テツヤ「定番だけどおいしいよね」
ひいな「おいしいお酒ばっかり!」

蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

一江&悟江「うんうん」
テツヤ「『南部美人』も飲んだことあるし『浦霞』もあるかなぁ?」
悟江「これは少し違うかもしれないです」
一江「こちらは、新しい『浦霞』ですね」
テツヤ「今日はひいなが持ってきた日本酒2本と、〈うえ山〉さんおすすめの日本酒もいただいちゃうのもありなんじゃない?」
ひいな「ね!そうしよう!」
一江「『浦霞』は、すごくバランスの取れたいい日本酒ですよ」
テツヤ「ほら、やっぱりプロが選ぶ酒のほうが合ってました!ってことは大いにあるから」
ひいな「うん、それはそう(笑)」
一江「酒屋さんでいろいろ飲ませていただいて、いいのを選びました」
悟江「ちょうど出たばっかりだからどうですか?って言われて」
テツヤ「そうなんだね。実は〈うえ山〉さんに来るとワインばっかり飲んでて。日本酒は飲んだことないかもしれない」
一江「そうかもしれないですね」
テツヤ「コダマサワーではじまり…」
ひいな「ナチュールが飲めるもんね。では今日は日本酒と素揚げが合うってことをぜひ知ってもらいましょう!」

伊藤 ひいな
伊藤 ひいな / 唎酒師

「東京生まれの25歳。大学入学時から割烹料理店でアルバイトをはじめ、20歳のお酒の解禁とともに日本酒にハマる。唎酒師の資格も取得し、日本酒の知識を増やすべく日々邁進中。父はHanakoをはじめ多くの雑誌で引っ張りだこの人気フォトグラファー、伊藤徹也。酒好き気質は間違いなく父親譲り!」

伊藤 ひいなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る