【日本酒】「山田錦」のルーツを深掘り!酒米別に飲み比べ3本~『伊藤家の晩酌』第三十五夜〜
2022.08.07

娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 【日本酒】「山田錦」のルーツを深掘り!酒米別に飲み比べ3本~『伊藤家の晩酌』第三十五夜〜

20歳の頃から唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入!酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは?第三十五夜は、もっとも有名な酒米「山田錦」のルーツをたどります!

「山田錦」のルーツとなる「山田穂」と「短稈渡船」を使った「日高見」3本!

(左から)「日高見 純米 山田穂」「日高見 純米 短稈渡船」「日高見 純米 山田錦」
(左から)「日高見 純米 山田穂」「日高見 純米 短稈渡船」「日高見 純米 山田錦」
宮城県石巻市にある「平孝酒造」の代表銘柄「日高見(ひたかみ)」。酒米「山田錦」の母親にあたる「山田穂」を使った純米酒。純米酒らしい米の甘さ、やわらかさが際立つ。「日高見 純米 山田穂」720ml 1,540円(ひいな購入時価格)/株式会社平孝酒造
宮城県石巻市にある「平孝酒造」の代表銘柄「日高見(ひたかみ)」。酒米「山田錦」の母親にあたる「山田穂」を使った純米酒。純米酒らしい米の甘さ、やわらかさが際立つ。「日高見 純米 山田穂」720ml 1,540円(ひいな購入時価格)/株式会社平孝酒造
こちらは「山田錦」の父親にあたる「短稈渡船(たんかんわたりぶね)」。栽培が難しいため、とても希少な酒米。フルーティな酸味と余韻がふわりと残るさわやかな飲み口が印象的。「日高見 純米 短稈渡船」720ml 1,540円(ひいな購入時価格)/株式会社平孝酒造
こちらは「山田錦」の父親にあたる「短稈渡船(たんかんわたりぶね)」。栽培が難しいため、とても希少な酒米。フルーティな酸味と余韻がふわりと残るさわやかな飲み口が印象的。「日高見 純米 短稈渡船」720ml 1,540円(ひいな購入時価格)/株式会社平孝酒造
港町・石巻の酒らしく「魚でやるなら日高見だっちゃ!」がキャッチフレーズの「日高見」。ラベルのイラスト通り、魚介と相性抜群。母と父のいいとこどりの味わいで、さすが「山田錦」な1本。「日高見 純米 山田錦」720ml 1,430円(ひいな購入時価格)/株式会社平孝酒造
港町・石巻の酒らしく「魚でやるなら日高見だっちゃ!」がキャッチフレーズの「日高見」。ラベルのイラスト通り、魚介と相性抜群。母と父のいいとこどりの味わいで、さすが「山田錦」な1本。「日高見 純米 山田錦」720ml 1,430円(ひいな購入時価格)/株式会社平孝酒造
(左から)「日高見 純米 山田穂」「日高見 純米 短稈渡船」「日高見 純米 山田錦」
宮城県石巻市にある「平孝酒造」の代表銘柄「日高見(ひたかみ)」。酒米「山田錦」の母親にあたる「山田穂」を使った純米酒。純米酒らしい米の甘さ、やわらかさが際立つ。「日高見 純米 山田穂」720ml 1,540円(ひいな購入時価格)/株式会社平孝酒造
こちらは「山田錦」の父親にあたる「短稈渡船(たんかんわたりぶね)」。栽培が難しいため、とても希少な酒米。フルーティな酸味と余韻がふわりと残るさわやかな飲み口が印象的。「日高見 純米 短稈渡船」720ml 1,540円(ひいな購入時価格)/株式会社平孝酒造
港町・石巻の酒らしく「魚でやるなら日高見だっちゃ!」がキャッチフレーズの「日高見」。ラベルのイラスト通り、魚介と相性抜群。母と父のいいとこどりの味わいで、さすが「山田錦」な1本。「日高見 純米 山田錦」720ml 1,430円(ひいな購入時価格)/株式会社平孝酒造

娘・ひいな(以下、ひいな)「今回はね、誰もが知る、あの有名な酒米を深掘りしてみようかと…」
父・徹也(以下、テツヤ)「『山田錦』?」
ひいな「正解!」
テツヤ「酒米といえば、『山田錦』だよな!生産量も一番多いんだよね?」
ひいな「そう。割と育てやすくて、麹もつくりやすいって言われてる。『山田錦』のふるさとは兵庫県。でね。『山田錦』にも、お父さんとお母さんがいるわけですよ」
テツヤ「あぁ、かけ合わせた品種ってことなんだな?あ、ラベルに父、母って入ってる!」
ひいな「今日は、それぞれの酒米で飲み比べしてみたいと思います」
テツヤ「なるほど。おもしろい企画だね!」
ひいな「でしょう?今回は、宮城県石巻の『日高見』っていう純米酒で、それぞれ酒米が違う3本をご用意しました」
テツヤ「父、母、子どもが『山田錦』ってわけだな?いままで酒米をそういうふうに系統でみたことなかったな」

【日本酒】「山田錦」のルーツを深掘り!酒米別に飲み比べ3本~『伊藤家の晩酌』第三十五夜〜

ひいな「そうだよね。『山田錦』の母親が『山田穂』で、父親が『短稈渡船(たんかんわたりぶね)』っていう酒米なんだけどね。そもそも、これらのお米を使ってお酒を造ってるところが少なくて、限られた蔵にしか出回らないお米なの」
テツヤ「へぇ。そんな珍しいお米なんだ」
ひいな「同じ蔵で、酒米違いで純米酒を出してる」
テツヤ「なるほど、全部、純米酒なんだね。米の違いが純粋に楽しめるわけだ」
ひいな「今日は、『山田錦』にまつわるお酒3本を飲み比べてみたいと思います!」
テツヤ「いいね、いいね」

伊藤 ひいな
伊藤 ひいな / 唎酒師

「東京生まれの25歳。大学入学時から割烹料理店でアルバイトをはじめ、20歳のお酒の解禁とともに日本酒にハマる。唎酒師の資格も取得し、日本酒の知識を増やすべく日々邁進中。父はHanakoをはじめ多くの雑誌で引っ張りだこの人気フォトグラファー、伊藤徹也。酒好き気質は間違いなく父親譲り!」

伊藤 ひいなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る