vol.19_top
2019.11.25

第19回 娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 『伊藤家の晩酌』~第五夜3本目/甘みが際立ち、凛とした「ゆり 純米大吟醸」~

弱冠22歳で唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入! 酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは? 第五夜の3本目は、母娘が慈しんで醸したというやさしいお酒にほろ酔い。
(photo:Tetsuya Ito illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita)

第五夜3本目は、女性杜氏が作り出す優しくも芯の強い「ゆり 純米大吟醸」

福島県会津若松市にある創業200年以上の歴史を持つ老舗の酒蔵。トランプ大統領も飲んだことがあるという「ゆり 純米大吟醸」は女性杜氏・林ゆりさんの名前から。720ml 2700円(税込・ひいな購入時価格)/鶴乃江酒造
福島県会津若松市にある創業200年以上の歴史を持つ老舗の酒蔵。トランプ大統領も飲んだことがあるという「ゆり 純米大吟醸」は女性杜氏・林ゆりさんの名前から。720ml 2700円(税込・ひいな購入時価格)/鶴乃江酒造

娘・ひいな(以下、ひいな)「次はその名も『ゆり』。素敵でしょ?
父・徹也(以下、テツヤ)「どんな味なのか気になるな〜」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひいな「このお酒は、九谷の美しい盃で飲みましょ」
テツヤ「いいね、いいね」
ひいな「冷酒マストで」

繊細な九谷の盃にあふれる日本酒! 父・テツヤはいつにも増してうれしそう。
繊細な九谷の盃にあふれる日本酒! 父・テツヤはいつにも増してうれしそう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テツヤ&ひいな「乾杯!」

一口でクイッと! すぐさまもう一杯!
一口でクイッと! すぐさまもう一杯!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テツヤ「うわぁ、これでとどめ刺された感じがする。グサッ!」
ひいな「刺されちゃった?」
テツヤ「意外と最後に強めのがきたね」
ひいな「ちょっと油断させとい、て、最後に…」
テツヤ「歩けなくなるやつだね、俺が(笑)。1本目、2本目の優しさからの、強さも感じるっていうか」
ひいな「でも、すっきりしてるでしょ?」
テツヤ「そうだね、凛とした強さっていうか。帰り際、さっと帰るみたいな。泥酔している俺を置いて(笑)」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひいな「わかる(笑)。これをなぜ選んだかというと、私がこの酒で口説かれた経験があって…」
テツヤ「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
ひいな「うそだよ! あらあら、背中むけちゃった(笑)。恵比寿にある〈鶏しま谷〉っていうお店に行った時に、『一杯目の日本酒は何がいいですか?』って聞いたら、必ず『ゆり』が出てくるの」
テツヤ「1本目に?」
ひいな「そう」
テツヤ「酔わせる気だな」
ひいな「その『ゆり』に心を掴まれて、いつも食事が始まるっていう経験をしていて」
テツヤ「『ゆり』に口説かれちゃったわけだ」
ひいな「うん、虜になっちゃった」

「ゆり 純米大吟醸」に合わせるおつまみは、なんと「レーズンバター」!?

作り方:まずバターを溶かして、ラム酒につけておいたレーズンを混ぜ合わせ、もう一度冷やし固めて、自家製レーズンバターのできあがり!
作り方:まずバターを溶かして、ラム酒につけておいたレーズンを混ぜ合わせ、もう一度冷やし固めて、自家製レーズンバターのできあがり!

ひいな「なんと、このお酒には、レーズンバターを合わせます!」
テツヤ「えぇ!? あぁ〜でも、意外だけど、わかる! この甘みに絶対合うよね」
ひいな「そうそう、ウイスキーと合わせるイメージで」
テツヤ「レーズンバターってさ、僕らの世代にはうれしいものなんだよね」
ひいな「おいしいよね」
テツヤ「止まらないよね」
ひいな「ね」
テツヤ「この器はね、大分県の運天達也さんっていう木工作家のもの」 
ひいな「え! 木でできてるんだ!」
テツヤ「しかもね、この運天さん、保育園を運営してて、どんな子どもでも受け入れるのと同じく、器もどんな素材でも、自分で加工して、器にするっていうポリシーの人。すごくいいでしょ?」
ひいな「この欠けさえも、愛しく思えるよね」
テツヤ「そう、すごくかっこいいんだよ」
ひいな「このレーズンバターは、レーズンをラム酒につけるところから自分で作ってみたよ。自家製レーズンバター」
テツヤ「この組み合わせ、日本酒でやったことないし、考えたこともなかったよ!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひいな「『ゆり』と合わせても、すっごくおいしいから」
テツヤ「確かに、うんまい! こんなおいしいレーズンバター、銀座のバーで頼んだらいくらするかわかんないよ。こんなに食べていいの? 健康に…」
ひいな「え(笑)? いまさら、それ気にするの?
テツヤ「バターをそのまま食べるっていう罪悪感がいいんだよな。ラムの味がしっかりしてて、うまいな〜。サーティーワンのラムレーズンの味がする!」

レーズンバターと「ゆり」で盃が止まらない!
レーズンバターと「ゆり」で盃が止まらない!

テツヤ「どうしてレーズンバターを合わせようと思ったの?」
ひいな「このお酒の甘いコクと、バターのコクが合うなと思ったのがきっかけかな。ラム酒と日本酒を合わせるって、ちょっと挑戦でもあって。でも合わせてみたらおいしいこと! 試作段階で一発で決まったの」
テツヤ「小さい頃さ、うちの親父の飲み会とかに遊びに行くと、さきいかとレーズンバターが必ずあって。ブランでーとかと合わせるのと同じ感覚だね」

女性杜氏の母娘が醸すやさしい日本酒は、伊藤父娘をやさしく酔わせる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひいな「仕込みは、杜氏の林ゆりさん、麹造りはお母さんの林恵子さんが担当していて、母娘2人でこのお酒を醸してるの」
テツヤ「お母さん、いくつなの?」
ひいな「知らないよ(笑)」
テツヤ「気になるな」

レーズンバターと「ゆり」で盃が止まらない!
レーズンバターと「ゆり」で盃が止まらない!

ひいな「(笑)。酒造技能士の母・恵子さんと、娘のゆりさんが大学で学んだ醸造学を生かして、女性ならではの優しい酒を醸してるんだって」
テツヤ「母娘が造った酒を、父娘で飲んでるわけだな」
ひいな「地元・福島の会津産の酒造好適米『五百万石』を使っていて、福島県産の『うつくしま夢酵母』を合わせているんだって。地元を愛してるんだね」
テツヤ「そういうお酒、好きだな」
ひいな「少し重めな感じもあるけど、甘めの味わいだから、食後酒にもいいかなと思って」
テツヤ「一口目は重めかなと思ったけど、だんだんと軽くなってフェードアウトしていく感じ、いいね。米の甘みが何より際立ってるし、優雅さもあって」
ひいな「〆の1本に、ふさわしいでしょう」
テツヤ「レーズンバターと合わせたら、もう、エンドレス!」
ひいな「こんなお酒を造る蔵にもいつか遊びに行ってみたいな」
テツヤ「『ゆり』を造る、母娘にお会いしてみたいね」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
伊藤 ひいな
伊藤 ひいな / 唎酒師

「東京生まれの24歳。大学入学時から割烹料理店でアルバイトをはじめ、20歳のお酒の解禁とともに日本酒にハマる。唎酒師の資格も取得し、日本酒の知識を増やすべく日々邁進中。父はHanakoをはじめ多くの雑誌で引っ張りだこの人気フォトグラファー、伊藤徹也。酒好き気質は間違いなく父親譲り!」

伊藤 ひいなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る