金子さん連載 第21回
2021.12.29

憧れは、バレリーナのような美しさ。 『くるみ割り人形』の舞台裏に潜入!オフショットもお届け。【バレリーナ金子仁美のきれいなカラダのつくり方】

バレリーナ金子仁美さんが、ベールに包まれたバレリーナの生活と、日常でできる簡単ストレッチやトレーニングをご紹介します。第21回は特別編!現在、公演中の舞台『くるみ割り人形』の裏側をリポートします。(記事トップ画像:©︎Kiyonori Hasegawa)

『くるみ割り人形』の舞台裏に潜入!

©︎JPD
©︎JPD

まずはこちら!主役の私の前に立ち塞がるネズミの王様です。出番前はこんな感じでしっかりと身支度を整えていました。

©︎JPD
©︎JPD

こちらは舞台袖から他のダンサーの出番を見守るフランス役の中川美雪ちゃん。私もこの役を踊っています。金髪のかつらをつけたり、結構準備が大変な役ですが、衣裳がとってもかわいいんです。

金子さん連載 第21回

弟のフリッツ役・鈴木理央ちゃんと私。今回は3組の主役がいるのですが、ペアごとにどんな姉弟なのか性格設定を細かく決めています。私たちの組は元気な姉(私)とわんぱくでいたずら好きの弟(理央ちゃん)という設定でした。

金子さん連載 第21回

クリスマスツリーの前にて、同期3名で集合写真。左から高浦由美子ちゃん、私、上田実歩ちゃんです。

金子さん連載 第21回

フランスを踊ったときの終演後の1枚。左から私、山下湧吾くん、足立真里亜ちゃん。湧吾くんは今回フランス役初挑戦!真里亜ちゃんは別の日にマーシャ役(主役)デビューでした!2人ともお疲れ様でした(もちろん私も笑)。

©︎JPD
©︎JPD

東京公演の舞台袖。同じくマーシャ役を踊った先輩の沖香菜子さんが舞台袖から見守ってくれて、色々とアドバイスをしてくれました。こうしてたくさんの方に助けていただけることに改めて感謝です。

11778357239643
金子 仁美 / バレリーナ

「群馬県出身。6歳からバレエを始め、2011年に〈東京バレエ団〉入団。2012年、子どものためのバレエ『眠れる森の美女』で初舞台を踏む。現在、ソリストとして活躍中。」

金子 仁美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る