金子さん連載 第12回
2021.03.31

第12回 憧れは、バレリーナのような美しさ。 体幹&足首を強化するトレーニング〜後編〜【バレリーナ金子仁美のきれいなカラダのつくり方】

バレリーナ金子仁美さんが、ベールに包まれたバレリーナの生活と、日常でできる簡単ストレッチやトレーニングをご紹介します。第12回は前回に引き続き、自宅でできる体幹と足首を強化するトレーニングをレクチャーします。
金子さん連載 第12回
金子さん連載 第12回
金子さん連載 第12回
金子さん連載 第12回

みなさんこんにちは、金子仁美です。最近は桜を見て癒されている私です。この写真は、先月末に舞台『ジゼル』の公演で上野に行った際に撮りました。
さて、今回は前回に引き続き、自宅でできる体幹と足首を強化するためのトレーニングをお届けします!前回は自宅のシンクやイスを使ったトレーニングでしたが、今回は応用編ということで、あるアイテムを使ってみようと思います。

金子さん連載 第12回

じゃん。ヨガブロックです〜!(私の頭の中では『ドラえもん』の声とBGMが流れています)バレエショップや通販でさまざまな大きさ、種類が売っていますが、私は100円ショップのものを愛用しています。素材は少し柔らかめのもの(慣れないうちは固めの素材のほうが使いやすいと思います)。それではさっそくいってみましょう!

【ステップ1】かかとを上げてヨガブロックと水平の状態をキープ

金子さん連載 第12回
金子さん連載 第12回
金子さん連載 第12回
金子さん連載 第12回

1.まずは片足の前半分をヨガブロックにのせ、かかとを地面につけます。手はシンクやイスなど、腰より少し高めのところに軽くつかまってください。
2.かかとをゆっくりと上に引き上げ、足がヨガブロックと水平になるようキープします。このとき、もう片方の足は床を軽く押すイメージでまっすぐにしておくこと。足を曲げたり、つま先立ちにならないよう、しっかりと足の裏全体が床についていることを意識してください。1番大切なことはお腹の力を抜かないこと!背筋はまっすぐに、天井から引っ張られているイメージでまっすぐ伸ばしましょう。

何秒キープというよりも、2の状態になるまでゆっくりと時間をかけてもっていくことが大切。ちなみに私の場合、大体5秒くらいかけてこの状態にもっていきます。右、左と交互に続けていきますが、まずは各足3~5回ずつを目標にトライしてみましょう(地味ですが結構きついと思います)。

【ステップ2】つま先立ちに挑戦

金子さん連載 第12回
金子さん連載 第12回
金子さん連載 第12回
金子さん連載 第12回

次は難易度高め。先程のステップ1とスタートは同じです。この状態から勢いをつけずに、ゆっくりとヨガブロックの上でつま先立ちになります。上半身はステップ1と同じ状態をキープ。ヨガブロックが柔らかいとつま先で立つのが難しくなるため、先ほどもお伝えした通り、慣れないうちは固めのブロックがおすすめです。

ステップ1と同様、つま先立ちになるまでの過程に時間をかけましょう。まずは各足3回ずつを目標にしてみてください。お腹がちゃんと引き上がった状態でやらないと、足首ではなく、ふくらはぎに負担がかかってしまいますので要注意です。

【ステップ3】ラストは、プロの技に挑戦!

金子さん連載 第12回

最後は最高難度!ステップ1〜2を終えたら、シンクやイスにつかまっている手を離し、片足&つま先立ちに挑戦してみましょう。普段は平らな床でバランスをとっていますが、ヨガブロックの不安定な状態でバランスをとることで体幹が鍛えられます。

このときもつま先立ちになるまで、ゆっくりと数秒間時間をかけて行いましょう。私はバレエのポーズをとっていますが、必ずしも写真の通りにする必要はありません。上半身は背筋をまっすぐ、リラックスすることが大切です。両腕をだらりと下にたらした状態でもOK。

金子さん連載 第12回

久しぶりの!?おまけの1枚です。バーを離せたらカッコよかったなぁ~、と写真を撮ったあとに思いました(笑)

【日常のひとコマ】舞台『ジゼル』の公演が無事終了しました。

こちらは初日のペザントの集合写真。後列左から池本祥真さん、樋口祐輝くん、大塚卓くん、生方隆之介くん。前列左から涌田美紀ちゃん、私、足立真里亜ちゃん、中川美雪ちゃん。
こちらは初日のペザントの集合写真。後列左から池本祥真さん、樋口祐輝くん、大塚卓くん、生方隆之介くん。前列左から涌田美紀ちゃん、私、足立真里亜ちゃん、中川美雪ちゃん。
2日目のドゥ・ウィリを踊ったときの写真。私と中川美雪ちゃん(右)がドゥ・ウィリでした。真ん中にいる方は私たちが演じたウィリたちの女王、ミルタ役の政本絵美さんです。
2日目のドゥ・ウィリを踊ったときの写真。私と中川美雪ちゃん(右)がドゥ・ウィリでした。真ん中にいる方は私たちが演じたウィリたちの女王、ミルタ役の政本絵美さんです。
こちらは初日のペザントの集合写真。後列左から池本祥真さん、樋口祐輝くん、大塚卓くん、生方隆之介くん。前列左から涌田美紀ちゃん、私、足立真里亜ちゃん、中川美雪ちゃん。
2日目のドゥ・ウィリを踊ったときの写真。私と中川美雪ちゃん(右)がドゥ・ウィリでした。真ん中にいる方は私たちが演じたウィリたちの女王、ミルタ役の政本絵美さんです。

2月末に〈東京バレエ団〉としては6年ぶりの上演となる舞台『ジゼル』の公演があり、私は初日にペザント、2日目にドゥ・ウィリとソリストの役をいただきました。久しぶりの『ジゼル』では、入団以来ずっと憧れていた役を踊らせていただき、本当に幸せでした。女性ダンサーにとってものすごく負担のかかる作品ですが、リハーサルをするたびに、感情の出し方や表現について新しい発見があり、たくさん学ぶことができました。大好きな作品です。写真は終演後に撮ったものです。

金子さん連載 第12回

最近、私がはまって食べている朝食も紹介。〈ホテルニューオータニ〉グランシェフ監修の「サクサクはちみつフレークのグラノラハーフ」です。毎朝、ヨーグルトにこのグラノラとバナナをのせて食べています。私たちバレリーナはリハーサルで男性にリフトされることが多いので、あまりたくさん食べると動けません。なので、朝は少量でもしっかりとエネルギーが補給でき、栄養もある食事が欠かせません。そしてこのグラノラ、とってもおいしいんですよ!はちみつ好きの私にはたまりません。

以上、金子仁美でした!気がつけばこの連載もは早1年。お付き合いくださりありがとうございます。4月以降もどうぞよろしくお願いします!

金子 仁美
金子 仁美 / バレリーナ

「群馬県出身。6歳からバレエを始め、2011年に〈東京バレエ団〉入団。2012年、子どものためのバレエ『眠れる森の美女』で初舞台を踏む。現在、ソリストとして活躍中。」

金子 仁美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る