IMG_2082
2017.05.24

第1回 スイーツ調査隊 その1 カカオへの愛が深まる、新感覚の食を!

ビーントゥバーの最新スタイルがここに!
IMG_2085

「Cacao Nibs Bowl」(カカオニブボウル)
スーパーフードのカカオニブを贅沢に使用。(1,300円)

ビーントゥバー専門店〈Salagadoola(サラガドゥーラ)〉のカフェが表参道にオープン。世界中の希少品種のカカオ豆を、自家焙煎して板チョコとカカオニブ製品に加工。ストライプのボディペインティングを撮影してパッケージにしたり、太陽光を集めてカカオ豆を焙煎する映像作品を発表したりと、アーティスティックな側面も注目の的に。今までネットと一部店舗でしか手に入らなかったタブレットなどが、ようやくここ〈SEZON ART GALLERY〉で直接購入できるようになった。
イートインでは2メニューを展開。抗酸化物質を多く含みスーパーフードとしても人気のカカオニブは、ココナッツオイルで作った自家製グラノーラとも相性抜群。ザクザクとしたナッツのような食感のカカオニブを噛み砕きながら飲むホットチョコレートも斬新。どこまでも実験的なラインナップは、まさに美術館の作品の一つのよう。恋愛気分を高めるカカオの成分に着目し、恋とチョコレートをテーマに開催されるワークショップもユニークだ。

IMG_2084

「Hot Chocolate For Eating Cacao Nibs」
カカオニブを「食べるホットチョコレート」
食べるという表現がぴったり。まさに新感覚。(600円)

IMG_2086

「Duca Of Cacao Nibs」(カカオニブのデュカ)
スパイスとカカオニブを合わせて料理にも。(各1,300円)

IMG_2083

「Cacao Nibs Granola」(カカオニブ グラノーラ)
てんさい糖やゲランドの塩など素材も厳選。(900円)

IMG_2088

〈サラガドゥーラ カカオニブボウル カフェ〉
Salagadoola #CacaoNibsBowl Café
ビーントゥバーチョコレートは、全部で5種類。カカオの風味たっぷり。2,000~3,000円。〈Café and Dining Bar 367°〉とコラボし、毎日時間限定で営業。
■東京都渋谷区神宮前3-6-7 SEZON ART GALLERY B1
■03-6438-9316
■15:00~18:00 無休 
■38席 禁煙

久冨 俊裕
久冨 俊裕 / Hanako編集部

「エディター。スイーツ担当。」

久冨 俊裕さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る