IMG_5121
2018.06.06

第24回 老舗の新展開を銀座で楽しむ。 スイーツ調査隊その25 〈空也〉のDNAを継ぐ〈空いろ〉に銀座本店が登場!

Hanako本誌で毎号紹介しているスイーツのページから、最新ニュースをお届けしています。ニューオープンやリニューアル、ウワサのアイテムなど、甘いお菓子の情報をお楽しみに!今回は銀座の〈空いろ〉本店。
DSC25441

Anbon Chocolat
あんボン ショコラ
銀座本店のオリジナル。新しいあんこの世界へ。2個1,296円。

銀座にあるもなかで大人気の老舗〈空也〉。そのDNAを継ぐ店として2011年にオープンし、あんこの可能性を広げてきた〈空いろ〉が、満を持しての銀座本店を構えた。〈空也〉からも歩いてすぐともあり、「両方のお菓子をおみやげにしたいという声にも、やっと応えられるようになりました」と語るのは〈空也〉五代目の山口彦之さん。あんこは豆のジャムであるという考えに基づき作られた瓶詰「ほし」のほか、あんこをクッキーでサンドした「つき」など定番の人気商品が並ぶ。さらに以前からバレンタインシーズンに人気だった「チョコレートあんこ」の最新作として、「ショコラトリーのボンボンショコラのような、あんことチョコレートのお菓子」が登場。
 
なにより特筆すべきは、銀座の老舗に必ずある顧客との親密な距離感。店内の小上がりで、サービスのお茶をいただきながら購入したお菓子の味見をしつつ箱詰めの選定ができたり、ゆったり過ごせる。予約必須の〈空也〉と共に、銀座の手土産アドレスに加えたい新店が、また一つ増えた。

DSC2563

Taiyo
たいよう
小麦粉と米粉を使用。皮ごとつぶした「○あん」など3種類が。8個1,232円。

DSC2612

Tsuki
つき
つぶあんをクッキーでサンド。ほのかな塩味があんこを引き立てる。8個2,100円。

DSC2556

Hoshi
ほし
皮ごとつぶした「○(まる)あん」、定番の「つぶあん」を様々な豆で。各584円。

DSC2593

Soyokaze
そよかぜ
夏場に大人気の水菓子は、ピオーネ、いよかん、あずきなど4種類が。各281円。

DSC2578

Shizuku
しずく
〈トリバコーヒー〉とコラボしたオリジナルブレンド。5袋540円(全て税込)。

DSC2526

〈空いろ 銀座金春通り本店〉
〈銀座久兵衛 銀座本店〉に向かってすぐ左隣。外国人観光客からも早くも大人気。
■東京都中央区銀座8-7-6 平つかビル1F 
■03-3571-7550 
■11:00~19:00(土~17:00) 
■日祝休

前回の〈ワイヤード ボンボン パフェ アンド ベイク〉はこちら
連載トップはこちら

久冨 俊裕
久冨 俊裕 / Hanako編集部

「エディター。スイーツ担当。」

久冨 俊裕さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る